独立行政法人日本原子力研究開発機構 に関する公開一覧

独立行政法人日本原子力研究開発機構」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「独立行政法人日本原子力研究開発機構」の詳細情報や、「独立行政法人日本原子力研究開発機構」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「独立行政法人日本原子力研究開発機構」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】pHが弱酸性から中性の範囲に制御され、強度を保持し、建築材料等の用途で好適に使用しうるジオポリマーを提供すること。【解決手段】メタカオリナイト、活性アルミナ、水酸化アルミニウム、廃棄物焼却灰及び下水汚泥焼却灰などのジオポリマー原料粉末と、高濃度リン酸水溶液、及びアルカリ金属もしくはアンモニウムのリン酸塩又はアルカリ金属もしくはアンモニウムの水酸化物などのpH調...

  2. 【課題】酸溶液中から目的の金属のみを分離回収し、利用する逆抽出の溶液をなくすことで作業を簡略化し、有機相中の金属イオンをより高純度の金属として回収する方法を開発すること。【解決手段】一例として、パラジウムを有機溶媒中(アセトフェノン、ジクロロエタン、オクタノール)に抽出剤としてMIDOAを用いて有機相に抽出後、支持電解質を溶解し、過電圧-2.5Vで電解し、電極表面に金...

    有機溶媒中の金属イオンの電解還元回収法

  3. 【課題】試料に対する加工を必要とせず、かつ高精度で容易に陽電子消滅特性を測定する。【解決手段】陽電子源Xを具備するヘッド部40により、試料Sに入射しなかった陽電子が検出される。計数部70は、コインシデンス回路20による同時性の判定結果、及びアンチコインシデンス回路50による非同時性(同時性)の判定結果に基づいて、時間差に対応した計数を行うが、ここでは上記の判定結果に応...

    陽電子消滅特性測定装置

  4. 【課題】地上の起伏とか樹木の有無のような測定場所の状況に影響されず、地上付近の空間線量を高精度に測定できる方法及びそのための装置を提供すること。【解決手段】測定ポイントデータと、計算ポイントデータを取得し、上空からの放射線測定用に導き出した、空気による減衰、土壌散乱による減衰、森林による減衰のパラメータを考慮して、それぞれの測定ポイントと計算ポイント毎に検出確率を計算...

    飛行体を用いた空間線量算出方法

  5. 【課題・解決手段】従来よりも軽量で設置の制約が小さく、高エネルギー領域の放射線に対しても優れた遮蔽率を有する放射線遮蔽材を提供する。本発明の放射線遮蔽材は、繊維状ナノカーボン材料と、第1の放射線遮蔽粒子と、バインダーを含む複合体を備える放射線遮蔽材において、記繊維状ナノカーボン材料及び前記第1の放射線遮蔽粒子が前記バインダーに分散されてなる。

    放射線遮蔽材

  6. 【課題】電極への衝突を回避しつつ荷電粒子ビームを適切に操作可能な荷電粒子ビーム操作装置を提供する。【解決手段】荷電粒子ビーム操作装置は、荷電粒子ビームの進行方向に直交する第1方向において荷電粒子ビームを挟んで反対側に配置され、進行方向及び第1方向に直交する第2方向に延設された一対の第1電極12,13と、第2方向において荷電粒子ビームを挟んで反対側に配置され、各々が一対...

    荷電粒子ビーム操作装置、荷電粒子ビーム加速装置、及び荷電粒子ビーム操作方法

  7. 【課題】炭酸アパタイトの効率的な製造方法の提供。【解決手段】動物の骨を焼成する第1工程、および第1工程で得られた骨焼成物を塩基性炭酸化合物と反応させる第2工程、を含む、炭酸アパタイトの製造方法。第1工程の焼成が、大気圧〜3気圧の圧力下、100〜200℃の温度で行われる、炭酸アパタイトの製造方法。第2工程において、塩基性炭酸化合物は骨焼成物の重量に対して1〜50wt%の...

    炭酸アパタイトの製造方法

  8. 【課題】重金属吸着能に優れた炭酸基高含有炭酸アパタイトを提供すること。【解決手段】15.6重量%以上の炭酸基を含み、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、ストロンチウム(Sr)、マグネシウム(Mg)、カリウム(K)、鉄(Fe)、ナトリウム(Na)のうち少なくとも一つを含み、好ましくはCa/Pのモル比が1.5以上である、炭酸アパタイト。

    炭酸基高含有炭酸アパタイト

  9. 【課題】高温状態の試料の比熱とエンタルピー変化を、試料の物理的・化学的特性によらず、短時間で正確に測定することを可能にする比熱とエンタルピー変化の測定方法および測定装置を提供する。【解決手段】本発明の比熱とエンタルピー変化の測定方法は、通電加熱により、試料の温度を昇温させる昇温段階と、前記試料の温度を保温する保温段階と、を交互に複数回繰り返して行い、全ての前記保温段階...

    比熱とエンタルピー変化の測定方法および測定装置

  10. 【課題】測定対象元素の特性X線に対応するピークと干渉元素の特性X線に対応するピークとが干渉する場合に、測定対象元素の組成を高精度で算出する。【解決手段】解析部は、Zr(干渉元素)の発する特性X線のうち、Bに起因する測定対象ピークと干渉しないものに対応する波長(参照用波長)を設定し、上記の測定点におけるこの参照用波長での強度(補正用強度)も測定する。測定対象ピーク(Bの...

    元素分析方法、元素分析装置

  11. 【課題】金属を主成分とする材料中のO、Bの組成や材料の硬度を非接触で精密に算出できる。【解決手段】図5の関係より、上記の方法で算出された(B/O)/M値のみからビッカース硬度を推定することは一般的には困難である。しかしながら、試料が図5におけるZを挟んだどちらの領域にあるかを判定することができれば、(B/O)/M値からビッカース硬度を推定することができる。前記の通り、...

    組成分析方法及び組成分析装置、硬度算出方法及び硬度算出装置

  12. 【課題】 アルミニウム切粉に付着した切削油および水分を除去または分解するためのキルンを設けることなく、したがってキルンに投入するエネルギーを不要にしたうえで、高純度のアルミニウムをリサイクルできる処理装置を提供する。【解決手段】 アルミニウム溶解炉と、前記アルミニウム溶解炉の上部に設けられた、筒状のサイクロン本体と、前記サイクロン本体内に切削油および水分が付着した...

    アルミニウム切粉の処理装置および処理方法

  13. 【課題】原子力用部材として好適な、高温環境下での微細粒組織安定性を有し、かつ溶存酸素変化の影響を受けづらく、引張環境下で優れた強度延性バランスを有する材料を開発することを課題とする。【解決手段】C量0.15wt%以下、Si量1.00wt %以下、Mn量2.0wt%以下、Ni量6.0〜14.0wt%、Cr量16.0〜22.0wt%及びMo量3.0wt%以下を含み、残部が...

    オーステナイト系微細粒ステンレス鋼の製造方法

  14. 【課題】小型の装置を用いて核物質を高精度で検知する。【解決手段】中性子線源10と試料Sの位置関係は、円板20の回転の位相(角度)で定まる。円板20の回転軸20Aは、モーターで駆動され、この回転はコンピューター40で制御される。コンピューター40には、中性子検出器30の出力も入力する。コンピューター40は、円板20の回転に伴うカウント数の変遷を認識することができる。円板...

    核物質検知装置

  15. 【課題】地表の広い範囲における放射性物質の位置を高精度で検出して3次元表示可能とする。【解決手段】3次元位置を検出可能な移動体(ドローン10)に搭載された放射線検出器(コンプトンカメラ20)を用いて放射線を測定し、前記移動体(10)の移動に伴って得られる複数位置での前記放射線検出器(20)による測定結果と前記移動体(10)の3次元位置情報とを用いることによって、放射線...

    放射線分布の3次元表示方法及び装置

  16. 【課題】汚染雰囲気に曝される物を最小限に抑えて、汚染雰囲気に対して物品を安全に搬出入可能な物品搬出入システムを提供する。【解決手段】物品搬出入システムは、汚染雰囲気を囲って非汚染雰囲気から隔離すると共に、汚染雰囲気及び非汚染雰囲気を連通させる開口が形成されたポートを有する建屋と、物品が載置される載置部、及び把持可能な把持部を有する載置台と、可撓性を有する材料で構成され...

    物品搬出入システム及び物品搬出入方法