マツダ株式会社 に関する公開一覧

マツダ株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「マツダ株式会社」の詳細情報や、「マツダ株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「マツダ株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】ピストンを締結方向に付勢するスプリングを有するブレーキを備えた自動変速機において、スプリングが周方向に捩れることを抑制してピストンを精度良く所定位置に移動させる。【解決手段】自動変速機10は、変速機ケース11に結合されるハブ部材20と所定の回転部材R3に結合されるドラム部材60との間に配置される複数の摩擦板70と、ピストン80を締結方向に付勢するスプリング10...

    自動変速機

  2. 【課題】ハブ部材とドラム部材との間に複数の摩擦板が配置され、複数の摩擦板の径方向内側に締結用油圧室及び解放用油圧室が配置されたブレーキを備えた自動変速機において、ピストンを解放位置に精度良く配置する。【解決手段】自動変速機10は、変速機ケース11に結合されるハブ部材20と所定の回転部材R3に結合されるドラム部材60との間に複数の摩擦板70が配置され、複数の摩擦板70の...

    自動変速機

  3. 【課題】摩擦板がスプライン係合されるハブ部材の回り止めを行うと共にバルブボディから摩擦板に潤滑用の作動油を効率良く供給する。【解決手段】自動変速機10は、ハブ部材20とドラム部材60との間に摩擦板70が配置されたブレーキBR2を備える。ハブ部材20は、摩擦板70がスプライン係合されるスプライン部25を備えた円筒部23を有して変速機ケース11にスプライン係合される第1ハ...

    自動変速機

  4. 【課題】コンパクトに構成しつつ、摩擦板がスプライン係合されるハブ部材の回り止めを行うと共にバルブボディから摩擦板に潤滑用の作動油を効率良く供給することができる自動変速機を提供する。【解決手段】自動変速機10は、ハブ部材20とドラム部材60との間に摩擦板70が配置されたブレーキBR2を備え、付勢部材101と締結用油圧室91と解放用油圧室92とは、摩擦板70の径方向内側で...

    自動変速機

  5. 【課題】筒内圧センサの信頼性を判断する。【解決手段】エンジンの燃焼制御装置は、少なくとも一つの燃料噴射部(インジェクタ6)と、燃焼室17内の圧力変化に対応する計測信号を出力する筒内圧センサSW6と、少なくとも筒内圧センサの計測信号に基づいて、燃料噴射部に制御信号を出力する制御部(ECU10)と、を備える。制御部は、筒内圧センサの計測信号に基づいて、燃焼室内における燃焼...

    エンジンの燃焼制御装置

  6. 【課題】エンジンの運転を安定的に行う。【解決手段】筒内圧センサの異常診断装置100は、筒内圧センサSW6と、制御部(ECU10)と、を備える。制御部は、自動車の走行中にエンジン1への燃料の供給を停止している状態から、エンジンへ燃料の供給を開始した後に、筒内圧センサの信号を用いてエンジンを運転することを制限する制限期間を設ける。

    筒内圧センサの異常診断装置

  7. 【課題】筒内圧センサの信号を用いてエンジンを安定的に運転する。【解決手段】筒内圧センサの異常診断装置100は、筒内圧センサSW6と、制御部(ECU10)と、を備える。制御部は、少なくとも圧縮上死点よりも遅角側の筒内圧センサの信号に基づいて、燃焼波形に関係する指標を算出すると共に、圧縮上死点付近の筒内圧センサの信号に基づいて燃焼騒音に関係する指標を算出する。圧縮上死点よ...

    筒内圧センサの異常診断装置

  8. 【課題】筒内圧センサの故障診断の正確性を高める。【解決手段】筒内圧センサの異常診断装置100は、筒内圧センサSW6と、制御部(ECU10)と、を備える。制御部は、少なくとも圧縮上死点よりも遅角側の筒内圧センサの信号に基づいて、筒内圧センサに関係する異常条件が成立するか否かを判断する。制御部は、エンジン1への燃料の供給を停止している時に、異常条件が成立した場合は、筒内圧...

    筒内圧センサの異常診断装置

  9. 【課題】所定低負荷域のうち高回転域において、低回転域に比して目標冷却水温度が低く設定された場合でも、圧縮着火を確実に行えるようにする。【解決手段】エンジン1の吸気通路10が、過給機30が配設された主吸気通路11と、過給機30をバイパスすると共に制御弁32が配設されたバイパス通路12とを有する。所定低負荷域となる領域A1、A2での燃焼モードが、圧縮着火の燃焼モードとされ...

    過給機付圧縮着火式エンジン

  10. 【課題】上下2段構造のキャビティを有するピストン冠面で燃焼室の一部が区画されるエンジンにおいて、燃料噴射時期を変更しても、上下キャビティに燃料噴霧が分配されるようにする。【解決手段】ピストンの冠面50に備えられるキャビティ5Cは、径方向中心領域に配置された第1キャビティ部51と、その外周側に配置された第2キャビティ部52と、第1、第2キャビティ部51、52を繋ぐリップ...

    圧縮着火エンジン

  11. 【課題】燃焼環境要因の変動が生じたときに、プレ噴射の態様を主導的に補正することで燃焼騒音を抑制する。【解決手段】第1ピークHApおよび第2ピークHBpを含む熱発生特性が得られるようにプレ噴射P1およびメイン噴射P3を実行するとともに、第1ピークHApと第2ピークHBpとの間隔Zを、プレ噴射P1およびメイン噴射P3の各燃料の燃焼により生じる圧力波が互いに打ち消し合うよう...

    圧縮着火式エンジンの制御装置

  12. 【課題】燃焼環境要因の変動が生じたときに、プレ噴射の態様を主導的に補正することで燃焼騒音を抑制する。【解決手段】第1ピークHApおよび第2ピークHBpを含む熱発生特性が得られるようにプレ噴射P1およびメイン噴射P3を実行するとともに、第1ピークHApと第2ピークHBpとの間隔Zを、プレ噴射P1およびメイン噴射P3の各燃料の燃焼により生じる圧力波が互いに打ち消し合うよう...

    圧縮着火式エンジンの制御装置

  13. 【課題】燃焼環境要因の変動が生じたときに、プレ噴射の態様を主導的に補正することで燃焼騒音を抑制する。【解決手段】第1ピークHApおよび第2ピークHBpを含む熱発生特性が得られるようにプレ噴射P1およびメイン噴射P3を実行するとともに、第1ピークHApと第2ピークHBpとの間隔Zを、プレ噴射P1およびメイン噴射P3の各燃料の燃焼により生じる圧力波が互いに打ち消し合うよう...

    圧縮着火式エンジンの制御装置

  14. 【課題】燃焼環境要因の変動が生じたときに、プレ噴射の態様を主導的に補正することで燃焼騒音を抑制する。【解決手段】第1ピークHApおよび第2ピークHBpを含む熱発生特性が得られるようにプレ噴射P1およびメイン噴射P3を実行するとともに、第1ピークHApと第2ピークHBpとの間隔Zを、プレ噴射P1およびメイン噴射P3の各燃料の燃焼により生じる圧力波が互いに打ち消し合うよう...

    圧縮着火式エンジンの制御装置

  15. 【課題】燃焼環境要因の変動が生じたときに、プレ噴射の態様を主導的に補正することで燃焼騒音を抑制する。【解決手段】第1ピークHApおよび第2ピークHBpを含む熱発生特性が得られるようにプレ噴射P1およびメイン噴射P3を実行するとともに、第1ピークHApと第2ピークHBpとの間隔を、プレ噴射P1およびメイン噴射P3の各燃料の燃焼により生じる圧力波が互いに打ち消し合うような...

    圧縮着火式エンジンの制御装置

  16. 【課題】燃焼環境要因の変動が生じたときに、プレ噴射の態様を主導的に補正することで燃焼騒音を抑制する。【解決手段】第1ピークHApおよび第2ピークHBpを含む熱発生特性が得られるようにプレ噴射P1およびメイン噴射P3を実行するとともに、第1ピークHApと第2ピークHBpとの間隔Zを、プレ噴射P1およびメイン噴射P3の各燃料の燃焼により生じる圧力波が互いに打ち消し合うよう...

    圧縮着火式エンジンの制御装置

  17. 【課題】燃焼室内に燃料の多段噴射を行う圧着着火エンジンに備えられるエンジンの制御装置において、環境パラメータが変化した場合でも、燃焼特性や熱効率を良好に保ちつつ、燃焼騒音を抑制し得るエンジンの制御装置を提供する。【解決手段】燃料のプレ噴射P1とメイン噴射P2が実行される圧着着火エンジンに備えられる制御装置において、EGR弁45の開度が小さくなった場合には、メイン噴射P...

    エンジンの制御装置

  18. 【課題】 燃焼室内に燃料の多段噴射を行う圧着着火エンジンに備えられるエンジンの制御装置において、環境パラメータが変化した場合でも、燃焼特性や熱効率を良好に保ちつつ、燃焼騒音を抑制し得るエンジンの制御装置を提供する。【解決手段】燃料のプレ噴射P1とメイン噴射P2が実行される圧着着火エンジンに備えられる制御装置において、エンジン回転数が増大した場合には、メイン噴射P2の...

    エンジンの制御装置

  19. 【課題】プリイグが安定して抑制できるようにする。【解決手段】自動車に搭載されるエンジン1の燃焼制御装置である。エンジン1が第1高負荷領域(A)で運転しているときに、空燃比がリッチとなるように制御するとともに、排気ガスが還流しないように制御し、かつ、エンジン1が第2高負荷領域(B)で運転しているときに、空燃比がリーンとなるように制御するとともに、排気ガスが還流するように...

    エンジンの燃焼制御装置

  20. 【課題】デポジットの除去性能を高めることにより、プリイグを効果的に抑制できるようにする。【解決手段】自動車に搭載されているエンジン1の燃焼制御装置である。点火プラグ25、吸気通路40、排気通路50、EGR通路52、EGR弁54、およびECU10を備える。ECU10は、燃焼室17の中に堆積するデポジットを抑制するデポジット抑制部100を有している。デポジット抑制部100...

    エンジンの燃焼制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 19