マツダ株式会社 に関する公開一覧

マツダ株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「マツダ株式会社」の詳細情報や、「マツダ株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「マツダ株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】作業性を向上しつつ衝突安全性を確保することができるエンジンの燃料供給装置を提供する。【解決手段】気筒配列方向が車体前後方向に設定されたエンジン1の左側壁部の後側部分に燃料ポンプ33を備え、前後に延びると共に一端部が燃料ポンプ33の吸入側に接続され且つ他端部が所定の外部負圧源に接続可能な吸引配管60であって、他端部がキャップ63によって閉塞可能な吸引配管60と、...

    エンジンの燃料供給装置

  2. 【課題】加速時などにおいて、還元剤のスリップ抑制及びNOx浄化率の改善を適切に実現する。【解決手段】エンジンの排気浄化装置は、尿素を排気通路41内に噴射する尿素インジェクタ51と、尿素を用いてNOxを還元するSCR触媒47と、SCR温度に基づき目標アンモニア吸着量を設定して、この目標アンモニア吸着量に基づき尿素インジェクタ51を制御するコントローラと、を有する。特に、...

    エンジンの排気浄化装置

  3. 技術 車両構造

    【課題】後流渦に起因する走行抵抗を低減可能な車体構造を提供する。【解決手段】車両Vは、リアランプ3、側面部13及び後面部12を含む。リアランプ3は、車両Vの後端且つ側端であって下側面部13Bの後端且つ上端に配置され、車両Vの前後方向に延びるランプ本体部33を含む。側面部13は、リアランプ3と重複する高さ位置の前方において、当該リアランプ3よりも車幅方向外側に膨出した下...

    車両構造

  4. 【課題】車両衝突時における燃料系部品の衝突安全性を改善することができるエンジンの側部構造を提供する。【解決手段】気筒配列方向が前後方向に設定されたエンジン本体2の左側壁部の前側部分に配置されたオルタネータ11と、左側壁部の後側部分に配置された燃料ポンプ62と、オルタネータ11と燃料ポンプ62との間に配設されたインタクーラ34と、インタクーラ34と燃料ポンプ62との間に...

    エンジンの側部構造

  5. 【課題】車両衝突時におけるインバータなどの高電圧機器121,122の倒壊を防止する。【解決手段】車両前部のコンパートメント5に当該車両に駆動力を与える駆動系装置8が設けられ、駆動系装置8の上に下側高電圧機器121が支持され、該下側高電圧機器121の上に上側高電圧機器122が支持されている。駆動系装置8及び上側高電圧機器122の車両前方側に、駆動系装置8と上側高電圧機器...

    車両の電気機器支持構造

  6. 【課題】点火時期をフィードバック制御するエンジンにおいて、筒内圧センサが異常値を出力している場合に、フィードバック制御を継続する。【解決手段】エンジンの制御装置は、点火部(点火プラグ25)と、シリンダ毎に、シリンダの中の圧力に対応する計測信号を出力する複数の筒内圧センサ(SW5)と、エンジンの運転状態に応じて目標点火時期を定めると共に、複数の点火部へ順次、点火信号を出...

    エンジンの制御装置

  7. 【課題】点火時期をフィードバック制御するエンジンにおいて、エンジンの運転状態の変化に対する応答性を高める。【解決手段】エンジンの制御装置は、シリンダ(11)毎にエンジン(1)に取り付けられた点火部(点火プラグ25)と、シリンダ毎に、シリンダの中の圧力に対応する計測信号を出力する複数の筒内圧センサ(SW5)と、エンジンの運転状態に応じて目標点火時期を定めると共に、複数の...

    エンジンの制御装置

  8. 【課題】溶接対象物及び溶接電極の冷却と溶接対象物の清浄とを、コストアップを招くことなく容易に行うことを可能にする。【解決手段】抵抗溶接装置1は、溶接電極が溶接対象物に当接する前に、該溶接電極における該溶接対象物への当接部、及び、該溶接対象物における該溶接電極が当接する電極当接部のうち、少なくとも該電極当接部を、流体の供給により清浄する清浄装置30と、上記溶接電極による...

    抵抗溶接装置及び抵抗溶接方法

  9. 【課題】互いに重ね合わされた複数の被溶接部材の溶接を安定して行えるようにして、複数の被溶接部材の接合強度を安定させる抵抗溶接装置を提供する。【解決手段】内側加圧力及び外側加圧力のうちいずれか一方の加圧力を他方の加圧力よりも大きくしながら、第1内側電極11及び第2外側電極22の間、第1外側電極12及び第2内側電極21の間、又は、第1外側電極12及び第2外側電極22の間で...

    抵抗溶接装置及び抵抗溶接方法

  10. 【課題】互いに重ね合わされて溶接により接合された複数の被溶接部材に、接合を剥がす荷重が作用したときの接合部での破断を安定的にかつ容易に抑制する抵抗溶接方法を提供する。【解決手段】抵抗溶接方法は、互いに重ね合わされた複数の被溶接部材51,52を、電極11(又は電極11,21)を介した通電により互いに本溶接する本溶接工程と、上記本溶接工程中又は本溶接工程の前若しくは後にお...

    抵抗溶接方法及び抵抗溶接装置

  11. 【課題】リチウムイオン二次電池の引火点向上と冷間出力の耐久性向上の両立を図る。【解決手段】リチウムイオン二次電池は、正極集電体11の表面に正極活物質層12を有する正極8と、負極集電体14の表面に負極活物質層15を有する負極8と、非水電解液17とが電池ケース4に収容されている。非水電解液17は非水溶媒の主成分としてγ−ブチロラクトンを含有する。正極活物質層12の表面には...

    リチウムイオン二次電池及びその製造方法

  12. 【課題】クロスメンバからシート取付ブラケットを介してフロアトンネルに伝達される側突荷重によるフロアトンネルの変形を防止することができる車両の車体構造を提供する。【解決手段】フロアトンネル3の上面と側面に対向してフロアトンネル3に固定された車両前後方向に延びる左右一対のバックボーンフレーム35が設けられている。フロアトンネル3の下面に当接する前側凸部101、中間凸部10...

    車両の車体構造

  13. 【課題】側突荷重を車幅方向に有効に分散伝達することができる車両の車体構造を提供する。【解決手段】クロスメンバ6は、フロアパネル4に対向するクロスメンバ上面部64と、該クロスメンバ上面部64の前後方向両端部からフロアパネル4に延びるクロスメンバ前面部及びクロスメンバ後面部66とを備えている。クロスメンバ6のクロスメンバ上面部64のサイドシル側端部に補強部材60が設けられ...

    車両の車体構造

  14. 【課題】段下げフロアを有する車両において側突荷重を車幅方向に有効に分散伝達することができる車両の車体構造を提供する。【解決手段】フロアアッパフレーム50とサイドシル2との間の第2フロアパネル42はフロアアッパフレーム50とフロアトンネル3との間の第1フロアパネル41より低い位置に形成されている。クロスメンバ6のクロスメンバ上面部64に、クロスメンバ前面下部及びクロスメ...

    車両の車体構造

  15. 【課題】段下げフロアを有する車両において側突荷重を車幅方向に有効に分散伝達することができる車両の車体構造を提供する。【解決手段】フロアアッパフレーム50とサイドシル2との間の第2フロアパネル42はフロアアッパフレーム50とフロアトンネル3との間の第1フロアパネル41より低い位置に形成されている。フロアアッパフレーム50のフレーム上面部50aはサイドシル2の上側稜線部2...

    車両の車体構造

  16. 【課題】燃費性能を比較的良好に維持しつつ、アフター噴射により噴射された燃料の空気利用率を高めて煤の発生を抑制する。【解決手段】ディーゼルエンジンは、冠面にキャビティが形成されたピストンを有する。キャビティは、底部と、径方向外側に凸となるように窪んだ外周部と、外周部の上側において断面視で径方向内側に凸となるように突出したリップ部とを有する。噴射制御部は、所定の運転領域で...

    ディーゼルエンジンの制御装置

  17. 【課題】燃費性能を比較的良好に維持しつつ、アフター噴射により噴射された燃料の空気利用率を高めて煤の発生を抑制する。【解決手段】ディーゼルエンジンは、冠面にキャビティが形成されたピストンを有する。キャビティは、底部と、径方向外側に凸となるように窪んだ外周部と、外周部の上側において断面視で径方向内側に凸となるように突出したリップ部とを有する。噴射制御部は、所定の運転領域で...

    ディーゼルエンジンの制御装置

  18. 【課題】燃費性能を比較的良好に維持しつつ、アフター噴射により噴射された燃料の空気利用率を高めて煤の発生を抑制する。【解決手段】ディーゼルエンジンは、冠面にキャビティが形成されたピストンを有する。キャビティは、底部と、径方向外側に凸となるように窪んだ外周部と、外周部の上側において断面視で径方向内側に凸となるように突出したリップ部とを有する。噴射制御部は、所定の運転領域で...

    ディーゼルエンジンの制御装置

  19. 【課題】燃費性能を比較的良好に維持しつつ、アフター噴射により噴射された燃料の空気利用率を高めて煤の発生を抑制する。【解決手段】ディーゼルエンジンは、冠面にキャビティが形成されたピストンを有する。キャビティは、底部と、径方向外側に凸となるように窪んだ外周部と、外周部の上側において断面視で径方向内側に凸となるように突出したリップ部とを有する。噴射制御部は、所定の運転領域で...

    ディーゼルエンジンの制御装置

  20. 【課題】燃費性能を比較的良好に維持しつつ、アフター噴射により噴射された燃料の空気利用率を高めて煤の発生を抑制する。【解決手段】ディーゼルエンジンは、冠面にキャビティが形成されたピストンを有する。キャビティは、底部と、径方向外側に凸となるように窪む外周部と、外周部の上側において径方向内側に凸となるように突出するリップ部とを有する。噴射制御部は、リップ部に向けて燃料を噴射...

    ディーゼルエンジンの制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9