丸善製薬株式会社 に関する公開一覧

丸善製薬株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「丸善製薬株式会社」の詳細情報や、「丸善製薬株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「丸善製薬株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】優れた抗老化作用を有する抗老化剤、皮膚化粧料および経口組成物を提供する。【解決手段】本発明の抗老化剤の有効成分として、チコリ抽出物および/またはチコリ酸を用いる。また、本発明の皮膚化粧料および経口組成物に、チコリ抽出物および/またはチコリ酸を配合する。

  2. 【課題】3−(4−ヒドロキシ−3−メトキシフェニル)プロピオン酸(HMPA)を効率よく製造することのできる製造方法を提供する。【解決手段】特定のアミノ酸配列に対して90%以上の配列同一性を有し、かつ、NADH依存性FMN還元酵素ファミリーに属するタンパク質のアミノ酸配列を備えるタンパク質の存在下で、特定のアミノ酸配列に対して90%以上の配列同一性を有し、かつ、4−ヒド...

    3−(4−ヒドロキシ−3−メトキシフェニル)プロピオン酸の製造方法

  3. 【課題】アクチンの重合を十分に制御(促進)することが可能なアクチン重合促進剤を提供する。【解決手段】 本発明に係るアクチン重合促進剤は、アラントイン類を含むことを特徴とする。また、本発明に係るアクチン重合促進剤は、前記アラントイン類は、アラントイン及び/又はアラントインクロルヒドロキシアルミニウムであることが好ましい。また、本発明に係るアクチン重合促進剤は、ニンジン...

  4. 【課題】天然物に由来する成分の中から、優れたセマフォリン3A mRNA発現促進作用を有するものを見出し、それを有効成分とするセマフォリン3A mRNA発現促進剤を提供する。【解決手段】本発明のセマフォリン3A mRNA発現促進剤の有効成分として、緑茶抽出物および/または抹茶抽出物を用いる。

  5. 【課題】(A)ブラックジンジャー抽出物と、(B)アミノ酸、ミネラル、及びビタミンからなる群から選択される少なくとも1種とを容易に摂取することが可能な経口用組成物の提供。【解決手段】(A)ブラックジンジャー抽出物と、(B)アミノ酸、ミネラル、及びビタミンからなる群から選択される少なくとも1種とを含有する経口用組成物である。前記アミノ酸が、イソロイシン、ロイシン、リジン、...

  6. 【課題】表皮角化細胞増殖促進作用、フィラグリンmRNA発現促進作用、SPT mRNA発現促進作用、インボルクリンmRNA発現促進作用またはATP産生促進作用において優れた作用を有する物質を見出し、それを有効成分とする表皮角化細胞増殖促進剤、フィラグリンmRNA発現促進剤、セリンパルミトイルトランスフェラーゼmRNA発現促進剤、インボルクリンmRNA発現促進剤またはAT...

  7. 【課題】作用効果に優れたHAS3 mRNA発現促進剤を提供する。【解決手段】本発明により、コメのサッカロミセス・ヴェローナ(Saccharomyces veronae)による発酵物を有効成分とするHAS3 mRNA発現促進剤が提供される。

  8. 【課題】作用効果に優れたヒアルロン酸合成酵素3(HAS3)mRNA発現促進剤、セリンパルミトイルトランスフェラーゼ(SPT)mRNA発現促進剤、アクアポリン3(AQP3)mRNA発現促進剤、クローディン−1 mRNA発現促進剤、クローディン−4 mRNA発現促進剤およびオクルディン mRNA発現促進剤を提供する。【解決手段】本発明により、シトシン、トリメチルグリシン、...

  9. 【課題・解決手段】(A)グリチルレチン酸誘導体、(B)炭素数14〜18の脂肪族アルコール及び脂肪酸から選ばれる1種以上、(C)アニオン性界面活性剤、カチオン性界面活性剤、ノニオン性界面活性剤及び両性界面活性剤から選ばれる1種以上、(D)ジプロピレングリコール、及び(E)水を構成成分として有するαゲルとすることで、水が高配合される剤型へのグリチルレチン酸誘導体の配合を可...

    グリチルレチン酸誘導体を構成成分とするαゲル、αゲルを含む組成物、αゲルの製造方法、αゲルを含む化粧料

  10. 【課題】優れたTie2活性化作用、血管新生抑制作用、血管の成熟化作用、血管の正常化作用、及び血管の安定化作用を有する安全性の高いTie2活性化剤、血管新生抑制剤、血管の成熟化剤、血管の正常化剤、及び血管の安定化剤、並びに飲食品の提供。【解決手段】ブッチャーブルームの根茎部の水抽出物、親水性溶媒抽出物、及び水と親水性溶媒との混合溶媒抽出物の少なくともいずれかを有効成分と...

  11. 【課題】安全性の高い天然物の中から一酸化窒素産生抑制作用を有するものを見出し、それを有効成分とする一酸化窒素産生抑制剤を提供する。【解決手段】ペパーミントの抽出物、オニイチゴの抽出物、及びコメヌカの抽出物から選ばれる1種または2種以上を有効成分として含有する一酸化窒素産生抑制剤とする。

  12. 【課題】天然物由来の成分の中から細胞接着因子の発現を抑制する作用を有するものを見出し、それを有効成分とする細胞接着因子発現抑制剤、および当該成分を配合した細胞接着因子発現抑制用飲食品を提供する。【解決手段】本発明に係る細胞接着因子発現抑制剤の有効成分として、ジガラクトシルジアシルグリセロールを含有させる。また、本発明に係る細胞接着因子発現抑制用飲食品に、ジガラクトシル...

    細胞接着因子発現抑制剤

  13. 【課題】水又は酸性溶媒に対する優れた分散性及び可溶性を有し、長期間に亘って沈殿の生成を防止することができるイチョウ葉抽出物組成物、及び前記イチョウ葉抽出物組成物を含有する経口用組成物の提供。【解決手段】(A)イチョウ葉抽出物、(B)酵素分解レシチン、(C)サポニン、(D)グリセリン、及び(E)脂肪酸エステルを含有するイチョウ葉抽出物組成物である。

    イチョウ葉抽出物組成物及び経口用組成物

  14. 【課題】安全性の高い天然物由来成分の中から、環境汚染物質によるダメージ抑制作用を有するものを見出し、それを有効成分とする、環境汚染物質によるダメージ抑制剤、当該天然物由来成分を配合した環境汚染物質によるダメージ抑制用化粧料及び環境汚染物質によるダメージ抑制用飲食品を提供する。【解決手段】本発明に係る、環境汚染物質によるダメージ抑制剤の有効成分として、スターフルーツ果実...

  15. 【課題】水又は酸性溶媒に対する優れた分散性及び可溶性を有し、長期間に亘って沈殿の生成を防止することができ、起泡を抑制することができるイチョウ葉抽出物組成物、及び前記イチョウ葉抽出物組成物を含有する経口用組成物の提供。【解決手段】(A)イチョウ葉抽出物、(B)リゾホスファチジルコリン(LPC)及びリゾホスファチジン酸(LPA)を含有する酵素分解レシチン、(C)サポニン、...

  16. 【課題】抗菌剤及び抗菌用皮膚化粧料を提供する。【解決手段】本発明の抗菌剤に、有効成分として6−プレニル−3’−O−メチルエリオジクチオールを用いる。また、本発明の抗菌用皮膚化粧料に6−プレニル−3’−O−メチルエリオジクチオールを配合する。

  17. 【課題】安全で効果の高いAGEs形成抑制剤を提供する。【解決手段】ハトムギの加圧酵素分解物を含有するAGEs形成抑制剤。

  18. 【課題】新たなメラニン産生抑制剤を提供すること。【解決手段】N−アセチルセリンを有効成分として含有するメラニン産生抑制剤。

  19. 【課題】新規なメラニン産生抑制剤を提供すること。【解決手段】 スペルミジン、スペルミン、アセチルスペルミジン、ジアセチルスペルミジン、アセチルスペルミンから選択される1以上を有効成分として含有するメラニン産生抑制剤。

  20. 【課題】新たなグルタチオン産生促進剤を提供することを課題とする。【解決手段】プトレシン、スペルミジン、スペルミン、アセチルスペルミジン、ジアセチルスペルミジン、アセチルスペルミンから選択される1以上を有効成分として含有するグルタチオン産生促進剤。

  1. 1
  2. 2