独立行政法人中小企業基盤整備機構 に関する公開一覧

独立行政法人中小企業基盤整備機構」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「独立行政法人中小企業基盤整備機構」の詳細情報や、「独立行政法人中小企業基盤整備機構」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「独立行政法人中小企業基盤整備機構」の法人詳細ページはこちら

検索結果:1~17件を表示(17件中) 1/1ページ目

  1. 【目的】高周波放電灯点灯装置の保護回路などの制御部に電力を供給する保護電源の消費電力を抑えることを目的とする。【構成】整流平滑部、発振部、出力部及び制御部を備え、出力部にFETを使用し、周波数偏移とLC共振回路の併用で始動用高電圧を得る方式の高周波放電灯点灯装置において、電源投入時に整流平滑部の電力を発振部のみに供給し、発振部が起動した後に、出力部の出力の一部から補助...

    放電灯点灯装置の補助電源

  2. 【目的】高圧放電灯を高周波点灯させると、音響的共鳴現象により放電灯がちらついたりするので、周波数変調方式による音響的共鳴現象防止方法を提案する。【構成】2種の周波数を発振できる発振部と、該発振部の発振周波数を常時定期的に切替える手段を有した周波数切替部を備え、周波数切替部により前記発振部の発振周波数を切替えるよう構成したインバータ式高圧放電灯用点灯装置。

    高圧放電灯用点灯装置

  3. 【目的】始動時に高圧パルスを必要とするメタルハライドランプ等の高圧放電灯点灯装置で、放電灯が点灯しないとき比較的簡単な方法で、電源投入後、約30分程度で高圧パルスを停止させることを目的とする。【構成】補助電源、所定回数が設定された計数部、点灯検知部及び波形処理部を備え、始動部から出力される始動パルスの一部を、波形処理部及び計数部の入力に適した性状に処理した後計数部に与...

    高圧放電灯用始動装置

  4. 【目的】電源の一時断などの異常発生時に、電源再投入による制御部の誤動作を防止し、装置全体を保護することを目的とする。【構成】主電源、補助電源、制御部、主装置及び補助電源の両極間に接続された自己保持型スイッチ手段を備え、主電源及び補助電源から各部に電力を供給し、制御部の制御に従って主装置を動作させるインバータにおいて、自己保持型スイッチ手段と直列に、スイッチ手段を接続す...

    インバータの保護装置

  5. 【課題】淡い階調或いは色の場合でも、ぶつぶつでない外観の風合の捺染が得られるインクジェット式捺染方法を開発する。【解決手段】所要の原色のインクを予め所要量混合したものを捺染インクに充当し、インクジェット記録技法と同様にして、該インクを液滴粒子として噴射し且つその液滴粒子を飛行させて、印捺パターンを布に描く。

    捺染方法及び捺染機

  6. 【課題】広範囲の固相率の半凝固金属を安定して鋳造可能な半凝固金属の連続鋳造装置を提供する。【解決手段】冷却円筒の外周面を所定の範囲覆う断熱部材を、冷却円筒の外周面に着脱自在に設けた半凝固金属の連続鋳造装置である。

    半凝固金属の連続鋳造装置

  7. 【課題】本発明は、後方押出成形において、成形不良を抑制して、製品の精度を向上し、歩留りを向上できる後方押出成形を実現することを目的とする。【解決手段】ダイス3中の被加工材15をパンチ10で加圧し、ダイス3とパンチ10の隙間部から被加工材15の一部をパンチ10の加圧方向に対して後方へ流出させ、被加工材15を鍛造成形する後方押出成形法であって、隙間部の後方へ流出する被加工...

    後方押出成形法及び後方押出成形装置及びダイセット

  8. 【課題】保持金具への伝熱を抑制して測温対象物のエネルギロスを抑制するとともに、外部負荷が作用したとき、外側保護管の基端側の変位を抑制し、外側保護管の基端側の取付性の低下を抑制するのに有利な熱電対装置を提供する。【解決手段】熱電対装置は、先端が閉鎖部10で閉鎖された挿入孔2を備え耐熱性をもつ材料で形成された外側保護管1と、外側保護管1の挿入孔2に挿入された電気絶縁性をも...

    熱電対装置

  9. 【課題】測温応答性および測温精度を改善するのに有利な熱電対装置を提供すること。【解決手段】熱電対装置は、先端が閉鎖部10で閉鎖された挿入孔2を備え耐熱性をもつ材料で形成された外側保護管1と、外側保護管1の挿入孔2に挿入され熱電対挿入孔60を備え電気絶縁性をもつ材料で形成され絶縁管6と、絶縁管6の熱電対挿入孔60に挿入され絶縁管6の先端6k側に測温接点を備えた熱電対71...

    熱電対装置

  10. 【課題】測温応答性を改善するのに有利な熱電対装置を提供すること。【解決手段】熱電対装置は、先端が閉鎖された挿入孔2を備え耐熱性をもつ材料で形成された外側保護管1と、外側保護管1の挿入孔2に挿入され熱電対挿入孔60を備え電気絶縁性をもつ材料で形成され絶縁管6と、熱電対挿入孔60に挿入され先端側に測温接点73を備えた熱電対71,72とをもつ。外側保護管1の挿入孔2の内壁面...

    熱電対装置

  11. 【課題】測温応答性を改善するのに有利な熱電対装置を提供すること。【解決手段】本発明に係る熱電対装置は、先端が閉鎖された挿入孔2を備え耐熱性をもつ材料で形成された外側保護管1と、外側保護管1の挿入孔2に挿入され電気絶縁性をもつ材料で形成され絶縁管6と、絶縁管6の熱電対挿入孔60に挿入され先端側に測温接点73を備えた熱電対71,72とをもつ熱電対装置である。外側保護管1の...

    熱電対装置

  12. 【課題】高周波誘導炉における溶湯の過昇温を防止する。【解決手段】溶湯と接触させてその温度を測定する測温センサ1の外側をMo−ZrO2 材からなる保護管6で被覆し、耐溶損性や耐熱衝撃性を高めることにより、1500℃を超える鋳鉄溶湯の連続的な測温を可能にするとともに、保護管を設けたことによる測温センサ1の応答性の遅れについては、基礎実験により測温センサ1の測温値からその時...

    誘導炉の過昇温防止方法・装置及び測温センサ

  13. 【課題】コンクリート等の固体内に強固に埋設することのできるシート状電気発熱体及びその製造方法を提供する。【解決手段】少なくとも一方の面に発熱用導電回路を有するシート状発熱体のその少なくとも発熱用導電回路を有する面に、耐水性被覆を形成したものであって、表面と裏面との間に貫通孔を有することを特徴とする埋設用シート状電気発熱体。(i)絶縁シートの少なくとも一方の面に導電回路...

    埋設用シ—ト状電気発熱体及びその製造方法

  14. 【課題】高固相率の半凝固金属スラリーを連続的に鋳造することができる、冷却・攪拌槽にねじ溝を施さない、半凝固金属の連続鋳造装置を提供する。【解決手段】内壁面にねじ溝を施さない冷却円筒および水冷ジャケットからなる冷却・攪拌槽と、前記冷却・攪拌槽の外周に配置された電磁誘導コイルと、駆動手段に連結された、外表面にネジ溝を有する中子と、前記冷却・攪拌槽の排出部に注入ノズルを介し...

    半凝固金属の連続鋳造装置

  15. 【課題】ハンドリング時に変形したり、注湯時に溶湯の圧力で変形することのない薄肉鋳型を得る。【解決手段】薄肉鋳型Mを、自硬性鋳物砂による薄肉鋳型本体22と、薄肉鋳型本体22の外周の見切面付近に下面を見切面とほぼ同じレベルにして装着され高さが見切面の最大寸法の1/20以上で薄肉鋳型本体22の高さの1/2以下である鋳枠21と、で構成する。

    薄肉鋳型およびその造型方法

  16. 【課題】安全一行程または一行程運転での二度落ちを起こし、他の安全装置が作動しなかった時に、ダイハイトを拡大させてスライドによる作業者への障害を防止できるプレス機械を提供する。【解決手段】スライド制動装置20と,急速ダイハイト拡大手段として機能する油圧シリンダ装置(35)等とを設け、プレス稼動中にスライド13が設定停止点をオーバーランした場合に検出されたオーバーラン検出...

    プレス機械

  17. 【課題】蒸気洗浄と溶剤再生を簡単な構造で効率良く行う。【解決手段】洗浄溶剤を加熱・蒸発させる蒸留釜2と、蒸留釜に第1連通管15を介して連通接続された洗浄槽4と、使用済み洗浄溶剤を蒸留釜に供給する供給手段と、洗浄槽に第2連通管27を介して連通接続されたエゼクタ23と、溶剤蒸気を凝縮液化する凝縮液化装置13,20,22,21とを備え、エゼクタにより洗浄槽内を減圧するととも...

    部品洗浄装置