株式会社河合楽器製作所 に関する公開一覧

株式会社河合楽器製作所」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社河合楽器製作所」の詳細情報や、「株式会社河合楽器製作所」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社河合楽器製作所」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】突揚棒による全てのダンパーレバーの所定動作を確保しながら、鍵盤楽器の奥行き寸法を短くでき、全体としてコンパクトに構成することができるアップライト型鍵盤楽器を提供する。【解決手段】各々が上下方向に延びかつ長さ方向の中央付近において回動自在に支持され、複数のアクション3の後方に互いに左右方向に並んだ状態で配置された複数のダンパーレバー21と、左右方向に延びるダンパ...

    アップライト型鍵盤楽器

  2. 【課題】コイルばねを用い、その付勢力を変化させながら、鍵のタッチ重さを容易にかつ適切に調整することができる鍵盤装置のタッチ重さ調整機構を提供する。【解決手段】複数の鍵4を備えた鍵盤装置1において、複数の鍵4のタッチ重さを調整するための鍵盤装置のタッチ重さ調整機構30であって、コイルばねから成り、その引張り力を鍵4に作用させることにより、鍵4のタッチ重さを増大するための...

    鍵盤装置のタッチ重さ調整機構

  3. 【課題】円弧軌跡で回動するハンマーにより押圧される鍵スイッチのスイッチ本体内の複数のスイッチの可動接点がそれぞれ固定接点に接触するときの接触状態を良好にし、電気的タッチ・センシング動作を安定にすること。【解決手段】ハンマー2の押圧面2bと鍵スイッチ3の被押圧面3bは、ハンマー2の長手方向において、相対的に凹形状を有する。ハンマー2によりスイッチ本体3aが押圧されたとき...

    電子鍵盤楽器の鍵盤装置

  4. 【課題】楽譜の歌詞に対して、歌唱用の発音文字列設定時に、楽譜内の同種の歌詞について自動的に変更を行う歌唱発音文字列自動補正プログラムを得る。【解決手段】楽譜全体の歌詞について補正対象とするか否かの判断を行う発音文字列自動編集プログラムであって、ユーザが楽譜内の歌詞に対して歌唱用発音を設定した場合に、前記歌唱用発音を設定した歌詞の歌詞情報を分析し、分析結果が類似する楽譜...

    歌唱発音文字列自動補正プログラム及び歌唱発音文字列自動補正装置

  5. 【課題】表示画面に一時的に特定小節のみにグリッド線を表示することで、画面を見易く、編集対象の小節を分かり易くする音楽データ表示装置を得る。【解決手段】少なくとも音程と発音開始時間を有する音楽データをカーソル位置のクリック(入力操作)で入力する入力部と、入力する音楽データのグリッド間隔を指定するグリッド指定部と、前記カーソル位置がどの小節にあるかを検出するカーソル位置検...

    音楽データ表示プログラム及び音楽データ表示装置

  6. 【課題】表示画面に音符や休符の音楽データを入力する場合に、音価の指定やマウスによるドラッグ操作を行うことなく自動的に音価を決定して表示する音楽データ表示装置を得る。【解決手段】ピアノロール1に音符(ノートバー)を入力するに際して、音価指定部4において音価フリーMが指定されている場合に、当該音楽データを入力する小節上に当該音楽データ以降の音楽データが存在しない時は、当該...

    音楽データ表示プログラム及び音楽データ表示装置

  7. 【課題】簡単な構造で強度を確保して脚柱のデザインの自由度を広げることが可能な脚柱取付構造を得る。【解決手段】棚板1上に複数の鍵2を配列した鍵盤部3を両側から支持する脚柱本体5を備えた鍵盤楽器の脚柱取付構造であって、前記脚柱本体5の上面に装着されるプレート6を有し、前記プレート6の下面に形成した棒状部61が前記脚柱本体5に設けた孔部51に挿入することで前記プレート6と前...

    鍵盤楽器の脚柱及び脚柱取付構造

  8. 【課題】鍵の長さをグランドピアノのそれに比べて短く構成しながら、グランドピアノの鍵盤と同様の鍵動作を長期間にわたり安定して得ることができるとともに、奥行き寸法をコンパクトに構成でき、さらにタッチ重さを十分に得ることができる鍵盤装置を提供する。【解決手段】ベース2上に対応する鍵3をそれぞれ下方から支持するように設けられ、鍵3の前端部が押し下げられたときに、鍵3の後端部の...

    リンク機構を有する鍵盤装置

  9. 【課題】鍵盤部と音源部との分離及び連結(再組立)を容易に行うことができるアップライト型ピアノ玩具を提供する。【解決手段】鍵盤部3に配置された鍵30が操作されることによってハンマー40が回動し、音源部5に固定された発音体50を叩いて音を発するアップライト型ピアノ玩具であって、鍵盤部3は、複数の鍵30と、対応する発音体50に前端部41が衝突することにより当該発音体から音を...

    アップライト型ピアノ玩具

  10. 【課題】持ち運ぶ際に安定した姿勢でコンパクトにまとめることができ、また、分離されている複数の鍵盤ユニット同士を容易に連結できるとともに、使用時に安定した状態に保持することができる鍵盤装置を提供する。【解決手段】各々が前後方向に延びかつ左右方向に並んだ状態に配置された複数の鍵4を有するとともに、複数の鍵4を押下げ可能に支持し、互いに分離可能に構成された複数の鍵盤ユニット...

    分離機能を有する鍵盤装置

  11. 【課題】筬前成形品同士を、長期間にわたって強固に連結することができ、それにより、鍵盤における鍵同士の隙間のばらつきを防止することができる鍵盤楽器の筬前を提供する。【解決手段】合成樹脂から成りかつ左右方向に延びる複数の筬前成形品21、21の端部同士を互いに連結することにより、左右方向に延びるように構成され、複数の鍵の前端部にそれぞれ係合する複数のフロントピン14を、左右...

    鍵盤楽器の筬前

  12. 【課題】押鍵時にハンマーから鍵に作用する荷重が増加するのを抑制でき、それにより、弱打を行う場合であっても、演奏者にとって鍵が重く感じることがなく、良好な演奏性を得ることができる電子鍵盤楽器の鍵盤装置を提供する。【解決手段】前後方向に延びるとともにバランスピン13を中心として揺動自在の鍵2と、前後方向に延び、ハンマー支点軸63を中心として上下方向に回動自在に支持されると...

    電子鍵盤楽器の鍵盤装置

  13. 【課題】押鍵後にハンマーが押鍵前の元の位置に戻る際の弾みを抑制でき、その結果、鍵が押鍵前の元の位置に早期に戻ることで、良好な演奏性を得ることができる電子鍵盤楽器の鍵盤装置を提供する。【解決手段】前後方向に延びるとともにバランスピン13を中心として揺動自在の鍵2と、前後方向に延び、鍵2の後端付近に設けられたハンマー支点軸63を中心として、初期位置と回動位置との間で上下方...

    電子鍵盤楽器の鍵盤装置

  14. 【課題】演奏する楽曲の演奏情報や楽譜情報を画面に表示するに際して、奏法上の注意箇所を喚起させるアドバイスアイコンを自動生成して表示する。【解決手段】楽曲の演奏データに基づき楽譜表示が行われる楽器演奏練習装置において、前記楽譜表示を行うための楽譜情報が記憶された楽音・指番号情報記憶部11と、前記楽譜情報から特殊奏法の有無を検出し、前記特殊奏法が有りの場合に演奏のためのア...

    楽器演奏練習装置及び楽器演奏練習用プログラム

  15. 【課題】広い周波数帯域の音を良好に拡散させることができ、それにより、室内の音響特性を向上させることができる音響用拡散パネルを提供する。【解決手段】室内の壁面に設けられ、室内において発生しかつ壁面側に到達した音を拡散するための音響用拡散パネル1であって、壁面に沿って上下方向に所定長さ延びるとともに、前面が室内の内方に突出する円弧面状に形成され、横断面における左右方向の幅...

    音響用拡散パネル