日野自動車株式会社 に関する公開一覧

日野自動車株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「日野自動車株式会社」の詳細情報や、「日野自動車株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「日野自動車株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 技術 制御装置

    【課題】補機の消費電力を個別に監視することなく、車両の電力管理を行う制御装置を提供する。【解決手段】車両V1に搭載される制御装置10は、バッテリ16と、モータ12と、バッテリからの電力によって動作する補機18と、モータへの供給電力を制御するインバータ14とを備える。この制御装置は、バッテリの放電可能電力をモータ使用可能電力として設定する設定部と、放電可能電力とバッテリ...

    制御装置

  2. 【課題】勾配路等における車両のずれ下がりの発生を抑制すること。【解決手段】ハイブリッド車両用制御装置1は、インバータ30の温度及び該温度の上昇に関連して変化する予兆情報を取得する取得部21と、モータ走行中において、取得部21によって取得された予兆情報が、インバータ30の温度の上昇に係る第1条件を満たすか否かを判定する第1判定部22と、第1判定部22によって予兆情報が第...

    ハイブリッド車両用制御装置

  3. 【課題】掃気処理しても生成水が凍結する可能性がある場合に、その旨をユーザに通知できること。【解決手段】掃気判定手段が掃気手段による燃料電池の掃気処理が可能であると判定し、かつ、凍結判定手段が第1判定閾値に基づいて燃料電池の生成水が凍結すると判定した場合に、掃気手段は掃気処理を行い、かつ、通知手段は凍結の判定結果をユーザに通知する。掃気判定手段が掃気手段による燃料電池の...

    燃料電池システム

  4. 【課題】排気ガスセンサの取り外し判定を高精度に行うこと。【解決手段】エンジンECU31は、排気通路11aの所定の位置において排気中の特定の排気成分を検出するPMセンサ45の取り外し判定装置であって、排気通路11aにおいて検出された排気温度を取得する排気温度取得部31aと、PMセンサ45において検出されたセンサ温度を取得するセンサ温度取得部31bと、センサ温度に基づき、...

    排気ガスセンサの取り外し判定装置

  5. 【課題】エンジンの廃熱を利用してエンジンの暖機を促進させることのできる廃熱回収装置を提供する。【解決手段】廃熱回収装置20は、作動媒体が流れる第1流通路21に、上流側から順に、第1圧送機22、前段蒸発器23、後段蒸発器24、第1膨張機25、第2膨張機26、および、凝縮器27を有している。また、廃熱回収装置20は、第1流通路21における第1膨張機25と第2膨張機26との...

    廃熱回収装置

  6. 【課題】自動運転の自動車による並走状態が交通流に与える影響を小さくする自動運転制御装置を提供する。【解決手段】自動運転制御装置は、並走車を検出すると(ステップS101)、ランダム時間を設定し(ステップS102)、並走車との並走状態がランダム時間だけ継続すると(ステップS103:NO)減速制御を開始する。また、自動運転制御装置は、自車と並走車との優先度を判定し(ステップ...

    自動運転制御装置

  7. 【課題】自動停車制御の誤作動を抑制しつつドライバーの異常を早期に検知することのできる自動停車システムを提供する。【解決手段】自動停車制御を実行するシステム制御装置20は、取得部35と制御部37とを有している。取得部35は、ドライバーの運転姿勢に関する情報である姿勢情報と車両の走行状況に基づくドライバーの運転操作に関する情報である運転操作情報とを取得する。制御部37は、...

    自動停車システム