東芝エレベータ株式会社 に関する公開一覧

東芝エレベータ株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「東芝エレベータ株式会社」の詳細情報や、「東芝エレベータ株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「東芝エレベータ株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】カメラによって撮影される画像からエレベータ近辺にいる利用者を精度良く検知可能なエレベータの利用者検知システムを提供すること。【解決手段】一実施形態によれば、エレベータの利用者検知システムは、乗りかごのドア近辺に設置され、乗りかご内および乗場を含む画像を撮影する撮影手段と、画像上に人または物を検知するための複数の検知エリアを設定する設定手段と、複数の検知エリアを...

    エレベータの利用者検知システム

  2. 【課題】調整作業を必要とせず、また、カメラの取付け位置がずれても、ドアの戸袋付近に検知エリアを正確に設定して利用者または物を検知する。【解決手段】一実施形態に係るエレベータの利用者検知システムは、撮像手段と、設定対象検出手段と、検知エリア設定手段と、検知処理手段とを備える。上記撮像手段は、乗りかご内からドアが開閉する出入口付近を含む所定の範囲を撮影する。上記設定対象検...

    エレベータの利用者検知システム

  3. 【課題】カメラによって撮影される画像からエレベータ近辺にいる利用者を精度良く検知可能なエレベータの利用者検知システムを提供すること。【解決手段】一実施形態によれば、エレベータの利用者検知システムは、乗りかごのドア近辺に設置され、乗りかご内および乗場15を含む画像を撮影する撮影手段と、撮影された画像上に人または物を検知するための検知エリアを設定し、設定された検知エリアに...

    エレベータの利用者検知システム

  4. 【課題】利用者にかごが乗場に到着するまでの待ち時間を分かり易く表示して、利用者のイライラ感を低減できるエレベータシステムを提供する。【解決手段】エレベータの利用者による乗場呼びを入力して、かごを割当てる呼び登録割当部と、割当てられたかごが、前記乗場呼びが入力された階床に到着するまでの到着予定時間を演算する時間情報演算部と、乗場に設置され、エレベータの利用者に対して、乗...

    エレベータシステム

  5. 【課題】乗籠の間口サイズ等が異なる場合でも、同じ検査装置でカメラの良否を検査できるエレベータ用カメラの検査装置を提供する。【解決手段】乗籠の幕板に設置されるエレベータ用カメラを検査する検査装置であって、天板43a、底板43b及び、天板43aと底板43bとの間を遮光した検査ボックス43と、検査制御部45とを有し、検査ボックス43は、天板43aにカメラ7が載置されるカメラ...

    エレベータ用カメラの検査装置

  6. 【課題】照明条件が変化しても、ドア付近に存在する利用者を正しく検知する。【解決手段】一実施形態に係るエレベータの利用者検知システムは、撮像手段と、検知エリア設定手段と、境界検知手段と、動き検知手段と、判定手段とを備える。上記撮像手段は、乗りかごから乗場に向けてドアを含む所定の範囲内を撮影する。上記検知エリア設定手段は、撮影画像上で上記ドアの移動経路に設けられたシルに検...

    エレベータの利用者検知システム

  7. 【課題】超広角レンズを有するカメラで撮影された画像を用いて利用者を正しく検知する。【解決手段】一実施形態に係るエレベータの利用者検知システムは、撮像手段と、検知手段と、感度変更手段とを備える。上記撮像手段は、超広角レンズを有し、乗りかご内および乗場を広範囲に撮影する。上記検知手段は、上記撮像手段によって撮影された画像を用いて上記乗りかご内または上記乗場に存在する利用者...

    エレベータの利用者検知システム

  8. 【課題】かご内スペースを圧迫することなく、かつ、トランク室のスペースを有効利用することができるエレベータを提供する。【解決手段】エレベータのかご室の背面側に設けられ、常時は閉扉されたトランク扉によってかご室と画成され、使用時にはトランク扉を開扉させることで、長尺物の搬入を可能とするトランク室と、トランク室内に設置された収納箱(緊急ボックス)と、トランク室の側面に設置さ...

    エレベータ

  9. 【課題】異なる撮像条件を要求する複数の検知エリアを含む画像から利用者や物を低コストかつ高精度で検知することができるエレベータの利用者検知システムを提供する。【解決手段】実施形態によれば、エレベータの利用者検知システムは、撮像手段と、検知手段とを具備する。撮像手段は、乗りかご内および乗場を含む画像を撮像する。検知手段は、撮像手段によって撮像された画像を用いて予め設定され...

    エレベータの利用者検知システム

  10. 【課題】カメラによって撮影される画像からエレベータ近辺にいる利用者を精度良く検知可能なエレベータの利用者検知システムを提供すること。【解決手段】一実施形態によれば、エレベータの利用者検知システムは、乗りかごのドア近辺に設置され、乗りかご内および乗場を含む画像を撮影する撮影手段と、撮影された画像上に人または物を検知するための検知エリアを複数設定し、設定された複数の検知エ...

    エレベータの利用者検知システム

  11. 【課題】乗りかごの内部を換気するファンを遠隔操作で動作させた場合に、ファンが正常に動作しているか否かを遠隔で確認できるようにするエレベータ制御システムを提供する。【解決手段】実施形態のエレベータ制御システムは、エレベータの乗りかごの内部を換気するファンと、前記ファンの回転数または風量を検出するセンサと、遠隔監視センタに設けられたセンタ装置から、前記ファンを動作させる動...

    エレベータ制御システム

  12. 【課題】エレベータのかごの振動に関する対応にかかる手間や時間を軽減する。【解決手段】実施形態のエレベータの振動計測システムは、エレベータのかごに設置され、前記かごの振動を検出し、振動検出信号を出力する振動センサと、前記かごに設置され、前記振動センサから取得した前記振動検出信号を無線通信経由で情報処理装置に送信する通信装置と、を備える。

    エレベータの振動計測システム

  13. 【課題】インターネットを経由する必要なく、スマートフォンなどの端末を読取装置にかざすだけで、エレベータの保守点検作業の開始および終了の登録を行うことができるようにする。【解決手段】本発明の一実施形態に係るエレベータの保守点検作業登録システムは、エレベータの制御盤10に取り付けられ、管轄下にある複数のエレベータの運転状況を集中的に監視する情報センター14に通信回線を介し...

    エレベータの保守点検作業登録システム

  14. 【課題】乗客コンベアのスカートガードパネルに対する潤滑剤の塗布作業にかかる手間を低減する。【解決手段】実施形態の潤滑剤塗布具は、塗布部材と、支持部材と、を備える。塗布部材は、乗客コンベアのスカートガードパネルに接触してスカートガードパネルに潤滑剤を塗布する。支持部材は、乗客コンベアの踏段に設けられ、鉛直方向の上方からの塗布部材の装着が可能であり、塗布部材がスカートガー...

    潤滑剤塗布具および潤滑剤塗布方法

  15. 【課題】特別な装置を必要とせずに、利用者が検知されていることを通知する。【解決手段】一実施形態に係るエレベータの利用者検知システムは、撮像手段と、検知手段と、戸開閉制御手段と、通知手段とを備える。上記撮像手段は、乗りかごから乗場に向けてドアを含む所定の範囲内を撮影する。上記検知手段は、上記撮像手段によって撮影された画像を用いて利用者または物を検知する。上記戸開閉制御手...

    エレベータの利用者検知システム

  16. 【課題】点検作業員に無理な姿勢を強いることなく、楽にしかも安全に係合ローラと係合ベーンの間の隙間巾を正確に測定することができるようにする。【解決手段】本発明の一実施形態に係るエレベータのドア係合装置の隙間測定具は、乗りかごのかごドア側に設けられた係合ベーン17、18に乗場の乗場ドア側に設けられた係合ローラ24、26を係合させるドア係合装置において、乗りかごが着床したと...

    エレベータのドア係合装置の隙間測定方法および隙間測定具

  17. 【課題】本発明が解決しようとする課題は、ICタグが付されていない商品の代金やサービスの代金等の決済に関する処理をかご内で行うことができるエレベータ制御方法を提供することである。【解決手段】実施形態のエレベータ制御方法は、複数の階床を移動可能な乗りかごと前記乗りかごの移動を制御する制御部とを備えたエレベータシステムで実行されるもので、利用者が携帯可能な記憶媒体から当該利...

    エレベータ制御方法

  18. 【課題】周囲の環境に左右されることなく、携帯端末を利用して、利用者の要求を登録可能なエレベータシステムを提供すること。【解決手段】一実施形態によれば、エレベータシステムは、乗りかごと、乗りかごの動作を制御するエレベータ制御装置と、乗りかごに乗車する利用者が所持する端末であって、エレベータ制御装置と通信可能に接続される携帯端末と、を備え、携帯端末は、利用者による携帯端末...

    エレベータシステム

  19. 技術 揚重装置

    【課題】設置容易な揚重装置を提供する。【解決手段】一つの実施形態に係る揚重装置は、二つの支持部材と、二つの保持部材と、梁と、二つの固定部材とを備える。前記支持部材は、第1の方向に向く支持面をそれぞれが有し、前記第1の方向と交差する第2の方向に互いに離間する。前記保持部材は、前記二つの支持部材のうち一方に取り付けられ、間隔を介して前記支持面と向かい合う保持面をそれぞれが...

    揚重装置

  20. 【課題】エレベータシステムの効率的な運行を実現することが可能なエレベータ制御装置を提供することにある。【解決手段】実施形態によれば、利用者の行先階を登録するために乗りかご外に設置されている行先階登録装置と接続されるエレベータ制御装置が提供される。エレベータ制御装置は、行先階登録装置において登録された行先階を示す呼び情報を受信する受信手段と、呼び情報が受信された場合に、...

    エレベータ制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3