学校法人東京薬科大学 に関する公開一覧

学校法人東京薬科大学」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「学校法人東京薬科大学」の詳細情報や、「学校法人東京薬科大学」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「学校法人東京薬科大学」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】シリコーン骨格の形状や連続気孔の細孔径および比表面積を容易に制御できる、連続気孔を持つシリコーン多孔質体の製造方法を提供する。【解決手段】1分子中にアルケニル基を2個以上有するオルガノポリシロキサンと、アルケニル基と反応が可能な官能基を1分子中に2個以上有するオルガノポリシロキサンと、触媒と、水溶性ポリマーとを含むエマルションを加熱硬化させて、シリコーンの硬化...

    連続気孔を持つシリコーン多孔質体の製造方法

  2. 【課題】サンプルの分析途中で検量用元素溶液に切り替える必要がない分析方法、該分析方法に用いるための分析用デバイス、分析用デバイスのサンプル捕捉領域にサンプルを捕捉するためのサンプル捕捉用キットを提供する。【解決手段】サンプル中の元素の質量分析方法であって、サンプルを分析用デバイス1に捕捉するサンプル捕捉工程と、分析用デバイスに予め設けられており、所定量の元素が含まれる...

    サンプル中の元素の質量分析方法、該質量分析方法に用いる分析用デバイス、および、サンプル捕捉用キット

  3. 【課題】鎖長が短く、かつ高いマイオスタチン阻害活性を有するペプチドの提供。【解決手段】以下の式(1)で表されるアミノ酸配列を含み、アミノ酸残基数が16以下である、ペプチド、もしくはその薬学的に許容される塩、またはそれらのプロドラッグ。

    ペプチドもしくはその薬学的に許容される塩、またはそれらのプロドラッグ

  4. 【課題】再生医療のツールとなる胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、未分化状態を維持しながら効率よく培養でき、安定に供給でき、製造コストがかからない低分子化された幹細胞培養基質の提供。【解決手段】ヒトラミニンー511E8に由来する特定のアミノ酸配列又は該アミノ酸配列において1又は数個のアミノ酸が欠失、置換、挿入、又は付加されたアミノ酸配列を含む、ジ...

    幹細胞接着性ペプチド及びその利用