日特エンジニアリング株式会社 に関する公開一覧

日特エンジニアリング株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「日特エンジニアリング株式会社」の詳細情報や、「日特エンジニアリング株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「日特エンジニアリング株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】比較的多くの線材を巻回するコイルであっても巻乱れを生じさせない。【解決手段】巻線装置は、フライヤ30先端から繰り出された線材6を引き込んで蓄線としておく蓄線手段40と、蓄線手段40から供給される線材6を巻芯12a,23の回りに巻き付ける巻線手段15と、軸芯方向に沿って分割可能に構成され合体状態で引き出された線材6の端部を保持可能なノズル47と、ノズル47におけ...

    巻線装置及び巻線方法

  2. 【課題】巻数が比較的多い大型のコイルを製造するとともに、比較的多くの線材を巻回するコイルであっても迅速に製造する。【解決手段】巻線装置10は、線材11が巻回される巻芯12と、巻芯12を軸方向から挟むように配置された一対のフライヤ31と、一対のフライヤのいずれか一方又は双方を巻芯の軸を回転中心として同期して又は別々に回転させるフライヤ回転手段51と、一対のフライヤにそれ...

    巻線装置及びそれを用いた巻線方法