株式会社朝日ラバー に関する公開一覧

株式会社朝日ラバー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社朝日ラバー」の詳細情報や、「株式会社朝日ラバー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社朝日ラバー」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】光が直接見つめられる発光表示用のバックライト光源の被験者へ与える疲労感の影響を評価するための、バックライト光源評価方法及びバックライト光源評価装置を提供する。【解決手段】バックライト光源1からの発光が被験者の眼に与える疲労感を評価するためのバックライト光源評価方法であって、遮光性の背景部及び文字,図形,記号,またはそれらの組み合わせを表示する透光性の表示部を設...

    バックライト光源評価方法及びバックライト光源評価装置

  2. 【課題】簡易な手段で光拡散性が調整できるLED発光装置を提供することを目的とする。【解決手段】発光面を有するLED発光装置5と、発光面の少なくとも一部を覆う領域に配置された光拡散膜9bとを備える光拡散膜付LED発光装置10を用いる。また、そのような光拡散膜付LED発光装置を製造するために、樹脂シート9と、樹脂シートに形成された光拡散膜9bとを備えるLED発光装置用光拡...

    光拡散膜付LED発光装置、光拡散膜形成用インク及びLED発光装置用光拡散シート

  3. 【課題】暗所において明るく感じさせて高い視認性を与え、かつ疲労感を与えにくい光を発する光源、LED装置及び発光表示構造を提供する。【解決手段】CIE1931の色度図の座標において、無彩色を示す座標W(0.33,0.33)とスペクトル軌跡上の480nmの座標B(0.091,0.133)と、560nmの座標G(0.373,0.624)とを結ぶ線分WB及び線分WGとスペクト...

    光源、LED装置及び発光表示構造

  4. 【課題】着用者にとって快適な環境を効率よく提供する。【解決手段】衣服9は、少なくとも裏地1と、複数の流路2とを有する。流路2はいずれも、内側に設けられた内布と、外側に設けられた外布を有し、内布と外布とを重ねて、いずれかの縁部を接着することにより形成される。流路2aは、着用者の腰に配置された吸入口20aから空気を取り込み、その空気を着用者の首の近くに配置され、着用者の胴...

    機能服、衣服、及び送出装置

  5. 技術 照明装置

    【課題】光学系の光軸方向に対して反対側への配光を確保できるとともに、光り方の演出効果を得ることができる照明装置を提供する。【解決手段】照明装置10は、発光源28、光学系13、光拡散部15およびグローブ17を有する。光学系13は、発光源28が発する光を光軸方向aに集光する。光拡散部15は、光学系13の光軸方向aに対向する位置に配置され、光学系13で集光される発光源28か...

    照明装置