株式会社コロナ に関する公開一覧

株式会社コロナ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「株式会社コロナ」の詳細情報や、「株式会社コロナ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「株式会社コロナ」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】午前中の予定外の使用で湯水不足が生じる見込みとなったとき、高価な商用電源からの電力で沸上が行われるのを防止する。【解決手段】12:00の時点で、貯湯タンク10内の貯湯量が23:00までに想定される湯水使用量に対して足りているかが判定される。足りていない場合、ポップアップ画面PUにおいて、太陽光利用沸上運転の実行を推奨する前記メッセージMの表示が行われる。これに...

    貯湯式給湯機

  2. 【課題】太陽光利用沸上運転が実行される運転日が近づいたとき、当該太陽光利用沸上運転が実行される設定となっていることを何らかの形で確認する。【解決手段】太陽光利用沸上運転が実行される設定になっているとき、その実行される運転日の前の日の17:00以降23:00より前、かつ、ユーザによってリモコン装置50の「ふろ自動」スイッチ71の押下操作がなされたタイミングにおいて、画面...

    貯湯式給湯機

  3. 【課題】 長期間にわたり電極から金属イオンを溶出可能なイオン溶出ユニットを提供する。【解決手段】 ケース80内の通水経路88はエルボ状に形成されており、通水経路88の曲げ部88aに電極90を配置した。よって、曲げ部88aにおける流速の影響で、通水方向の内側に位置する電極90の消耗が通水方向の外側よりも早いため、通水方向の中心部に位置する電極90の消耗がその他の箇所...

    イオン溶出ユニット

  4. 【課題】入浴における高齢者への介助の負担を軽減する【解決手段】浴槽内7における人の有無を検出する入出浴センサ48と、浴室6以外の箇所に設置された浴室外表示手段101と、入出浴センサの検出結果に基づいて、人の入浴と出浴を判定する入出浴判定手段と、入出浴判定手段が、人が入浴後の出浴を判定した場合、カウントを開始するタイマと、このタイマのカウントによる出浴後の経過時間を、浴...

    風呂給湯装置

  5. 【課題】暖房回路に接続した圧力計の短寿命化を防止増加できるボイラー装置を提供する。【解決手段】 放熱端末と缶体4とを暖房往き管と暖房戻り管とで接続して暖房回路を形成したボイラー装置に於いて、一端を前記暖房回路に接続し、他端を圧力計19に接続した接続管20を設け、該接続管20に立ち上げ部22と立ち下げ部24とを形成したので、接続管20内に暖房回路内の熱媒体が流れても、...

    ボイラー装置

  6. 【課題】 電極と端子との接続部が折れるのを防止可能なイオン溶出ユニットを提供する。【解決手段】 ケース80内にある電極90の上端90a付近と端子91の全体とが水の侵入を阻止した空気室89へ配置されるよう、通水経路88と電極挿入口83との間に仕切壁87を設置する。よって、仕切壁87を設置することで端子91が通水経路88の水に曝されないので、銀で構成された電極90より...

    イオン溶出ユニット

  7. 【課題】脱衣室から浴室内への入室時、及び、入浴中から出浴して洗い場に移動した時の急激な温度変化で起きるヒートショックによる危険等、水位センサの入出浴検知では防ぎ切れない危険を防止する風呂給湯装置を提供する。【解決手段】制御装置28には、人感センサ33の検出結果に基づいて、人が浴室内に入室したか浴室内から退室したかを判定する入退室判定手段34と、入退室判定手段34で人が...

    風呂給湯装置

  8. 【課題】手動によるフイルタ清掃をスムーズに行えるようにする【解決手段】室内制御部55は、リモコン56の操作によってフィルタ清掃手段52・53を任意に駆動してフィルタ31の自動清掃を行う手動清掃モードを備え、空気調和機の運転停止中に、リモコンの操作によってフィルタの手動清掃が行われたときに、室温を検出し、室温が所定温度A以上のときには、フィルタ清掃手段を駆動してフィルタ...

    空気調和機

  9. 【課題】輻射暖房のための輻射熱量を増加できる暖房装置を提供する。【解決手段】 下皿2と、背面及び左右の側面を覆う側板3と、前面下部の前板4と、上面の天板5とによって形成された枠体1と、該枠体1内部を上下に分ける覆板15と、該覆板の上部に載置される燃焼筒と、該燃焼筒6の周りを囲うように設けられ、前記覆板と一体化された輻射板14とを備えた石油ストーブに於いて、前記輻...

    石油ストーブ

  10. 【課題】空調運転中に強制フイルタ清掃を実施したときでも、早く空調運転に復帰できるようにする【解決手段】室内熱交換器23の温度を検出する熱交センサ59と室温センサ58とフィルタ31の清掃を行うフィルタ清掃手段52・53と室内ファン22と室内制御部50とを有する室内機10を備え、圧縮機60と膨張弁61と室外制御部55とを有する室外機を備え、室内制御部は、積算時間が所定時間...

    空気調和機

  11. 【課題】連続した複数日にわたって太陽光利用沸上運転を実行しようとする場合の、実行・不実行の設定や運転開始時刻の設定の煩雑さを解消する。【解決手段】リモコン装置50の設定画面60B′〜60I′では、太陽光利用沸上運転の実行・不実行の選択及びその開始時刻の設定を、連続する7日間にわたって、かつ、各期日共通に一括して行うことができる。これにより、ユーザは、例えば太陽光利用沸...

    貯湯式給湯機

  12. 技術 燃焼装置

    【課題】ダンパを駆動させるダンパモータの寿命を確保することができる燃焼装置を提供することを課題とする。【解決手段】燃焼装置1は、バーナ部2と、バーナ部2に空気を供給する給気装置3と、給気装置3とバーナ部2とに連通する送風路33と、送風路33に設けられたダンパ機構4と、を備えている。ダンパ機構4は、送風路33を開閉するダンパ42と、ダンパ42を駆動させるダンパモータ43...

    燃焼装置

  13. 【課題】連続した複数日にわたって太陽光利用沸上運転を実行しようとする場合の、実行・不実行の設定や運転開始時刻の設定の煩雑さを解消する。【解決手段】リモコン装置50の設定画面60B〜60Mでは、太陽光利用沸上運転の実行・不実行の選択及びその開始時刻の設定を、連続する2日間にわたって、かつ、各期日ごとに個別に行うことができる。これにより、ユーザは、例えば太陽光利用沸上運転...

    貯湯式給湯機

  14. 【課題】日射熱による制御基板付近の温度上昇を抑制することができるボイラー装置を提供することを課題とする。【解決手段】ボイラー装置100は、屋外に設置される外枠1と、外枠1内に設置されて燃料を燃焼させるバーナ部2と、外枠1内に設置されてバーナ部2の燃焼によって内方の熱媒体が加熱される缶体3と、外枠1内に設置された制御基板4と、を有する。外枠1は、前面に配置された前扉14...

    ボイラー装置

  15. 【課題】試運転動作を極めて容易に行えるヒートポンプ式給湯機に関するものである。【解決手段】試運転動作は、手動による加熱循環回路19のエア抜き処置の後に、循環ポンプ20を駆動する加熱循環回路19のエア抜き運転と、このエア抜き運転後の沸き上げ試運転とを行うもので、制御装置25は、エア抜き処置を行ったことを示すエア抜き処置フラグと、エア抜き運転を行ったことを示すエア抜き運転...

    ヒートポンプ式給湯機

  16. 【課題】 ドア開閉時に設定温度までの復帰時間が長時間化するのを抑制するサウナ装置を提供する。【解決手段】 サウナ浴が実施可能な安定モード中において弱モードが設定された場合、室温センサ46で検知される室温が設定温度に達するまで、貯水温度センサ44で検知される貯水温度と設定温度とに基づく加熱ヒータ9のON/OFFの切り替え温度を標準モード設定時と比較してそれぞれ高くし...

    サウナ装置

  17. 【課題】給湯再開時の給湯温度のアンダーシュートを抑制した1缶多回路式給湯装置を提供する。【解決手段】加熱手段2により加熱される暖房用の熱媒体を貯留する暖房用熱交缶体1と、暖房用熱交缶体1内に配置された給湯回路Bの給湯用熱交換器4と、暖房用熱交缶体1内の熱媒体の温度を検出する缶体温度検出手段14と、暖房用熱交缶体1内の熱媒体の温度が所定の缶体目標温度になるよう加熱手段2...

    1缶多回路式給湯装置

  18. 【課題】 衣類や布団の乾燥運転における高温温風の送風時間を減少させた乾燥機能付き除湿機を提供する。【解決手段】 熱交温度センサ41での検知温度の上昇に伴いダンパー44の開度を変更し、冷風経路37からバイパス経路45を通過し凝縮器6を介して温風経路38へ流入する冷風量を増加させるので、除湿機の乾燥運転での熱交温度センサ41の検知温度による凝縮器6の温度上昇が緩やかに...

    乾燥機能付き除湿機

  19. 技術 加湿装置

    【課題】貯水室8への細菌やカビ繁殖を防止した加湿装置を提供する。【解決手段】貯水室に接続された配管途中に銀イオンを溶出するイオン溶出手段50と、ミストを発生させるミスト発生手段と、発生したミストを含む加湿空気を送風ファンにより送風口から送風するミスト運転を制御すると共に、イオン溶出手段を制御する制御部とを備え、イオン溶出手段は給水時に直流電圧を印加することで陽極側の電...

    加湿装置

  20. 【課題】リード線の劣化を防止する。【解決手段】外枠と、外枠内に配置されており、燃料を燃焼させるバーナ部2と、外枠内の略中央に配置されており、バーナ部2の燃焼によって内方の熱媒体が加熱される熱交換器3と、熱交換器3と外枠の一方の側板111との間に配置された配管に接続する弁装置56・57およびセンサ54・58と、熱交換器3と他方の側板112との間に配置された制御基板4と、...

    ボイラー装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3