東日本旅客鉄道株式会社 に関する公開一覧

東日本旅客鉄道株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「東日本旅客鉄道株式会社」の詳細情報や、「東日本旅客鉄道株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「東日本旅客鉄道株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題】鋼管同士を施工性よく強固に接合できる鋼管接合構造を実現する。【解決手段】接合対象の鋼管10の端部を対向させて配置し、対向する鋼管10の端部(フランジ部11)を内部に収容するように収容体20を設置し、その収容体20の内部空間Sに充填材30を充填することで鋼管接合構造100を施工性よく構築でき、鋼管10同士を施工性よく接合することができる。特に、この鋼管接合構造1...

    鋼管接合構造

  2. 【課題】移動体無線通信システムにおいて通信条件が劣化した状況下での通信におけるデータ伝送誤り率の増加を抑制しつつ通信条件が良好な状況では高いデータ伝送速度で通信を行えるようにする。【解決手段】複数の通信モードと複数の変調方式との組み合わせからなる複数の通信方式のいずれかでデータを送受信可能に構成された地上側装置と、軌道又は道路を走行する車両に搭載された車上側装置とを備...

    移動体無線通信システム

  3. 【課題】旧方式の無線基地局が設置されているエリアと新方式の無線基地局が設置されているエリアに跨っている路線を、旧方式の無線移動局を搭載した列車と新方式の無線移動局を搭載した列車が混在して走行する場合にも、同一の周波数帯を使用して旧方式の通信と新方式の通信を行うことができる移動体無線通信システムを実現する。【解決手段】旧基地局(12)の通信ゾーン内を旧移動局(13B)ま...

    移動体無線通信システム

  4. 【課題】地震動などに起因するラーメン高架橋の振動変位を抑制することができるラーメン高架橋の振動変位抑制構造を実現する。【解決手段】ラーメン高架橋の振動変位抑制構造100は、例えば、地震動による揺れがラーメン高架橋Rの柱4に作用した場合、ラーメン高架橋Rの柱4に接合されている地中梁3に添う配置に設けられた剛性体20による振動伝達によって、隣り合う柱4の振動の振幅差や位相...

    ラーメン高架橋の振動変位抑制構造

  5. 【課題】地震動などに起因する複数の構造物の振動変位を抑制することができる構造物群の振動変位抑制構造を実現する。【解決手段】構造物群の振動変位抑制構造100は、例えば、地震動による揺れが橋脚1に作用した場合、橋脚1のフーチング1bに接合され、隣り合う橋脚1を連結している一対の地中壁10による振動伝達によって、隣り合う橋脚1の振動の振幅差や位相差が縮められるなどして、橋脚...

    構造物群の振動変位抑制構造

  6. 【課題】地震動などに起因する複数の構造物の振動変位を抑制することができる構造物群の振動変位抑制構造を実現する。【解決手段】構造物群の振動変位抑制構造100は、例えば、地震動による揺れが橋脚1に作用した場合、隣り合う橋脚1を連結している剛性体10による振動伝達によって、隣り合う橋脚1の振動の振幅差や位相差が縮められるなどして、橋脚1の振動は増幅されることなく減衰されるの...

    構造物群の振動変位抑制構造

  7. 【課題】地震動などに起因する構造物の振動変位を抑制することができる構造物の振動変位抑制構造を実現する。【解決手段】構造物の振動変位抑制構造100は、例えば、地震動による揺れが橋脚1に作用した場合、橋脚1を支持している減衰材料体30によって橋脚1の振動は増幅されることなく減衰されるので、その橋脚1の振動変位を抑制することができる。特に、橋脚1の変位が大きい場合には、橋脚...

    構造物の振動変位抑制構造

  8. 【課題】地震動などに起因する構造物の振動変位を抑制することができる構造物の振動変位抑制構造を実現する。【解決手段】構造物の振動変位抑制構造100は、例えば、地震動によって橋桁2の延在方向と交差する方向の揺れが橋脚1に作用した場合、橋脚1と変位抑制体10との間に摺接体20による摩擦力が作用することで、橋脚1の振動は増幅されることなく減衰されるので、その橋脚1の振動変位を...

    構造物の振動変位抑制構造

  9. 【課題】薬液の使用量を著しく減らすことができる地盤の液状化対策工法とする。【解決手段】地盤Gに注入管10を建て込み、当該注入管10を通して地盤Gに薬液を注入する薬液注入作業を行う地盤Gの液状化対策工法であって、薬液の注入を、割裂注入で行い、この割裂注入を、注入圧力を周期的に変動させる動的注入で行うことで、注入圧力が下がった際に注入した薬液のゲル化が進み、その後、注入圧...

    地盤の液状化対策工法

  10. 【課題】比較的太い枝を切断することができるとともに軽量で操作性に優れた高太枝伐採装置を実現する。【解決手段】伸縮可能な操作棹11と、円板状をなす回転刃24および固定刃と回転刃24の回転機構部とを有し操作棹11の先端に切断部12とを備え、回転機構部を人力で動作させることにより回転刃24を回転させて枝を切断する高太枝伐採装置10において、回転刃24は、外周に形成されたギヤ...

    高太枝伐採装置

  11. 【課題】分離時に躯体部材が軸方向に直交する方向へずれることを抑制することができる躯体部材の分離再接続工法を提供する。【解決手段】建物の躯体部材としての柱38を分離して第1躯体部材42と第2躯体部材44とに分離した後、第1躯体部材42と第2躯体部材44とを再接続する躯体部材の分離再接続工法であって、分離後の第1躯体部材42及び第2躯体部材44の軸方向の移動を許容し、軸方...

    躯体部材の分離再接続工法

  12. 【課題】少ないボルト数でも強力に接合できる高力ボルト摩擦接合構造を実現する。【解決手段】高力ボルト摩擦接合構造100では、一対の鋼材10の端部11を突き合わせ、対を成して対向する接合面20と板状端部12を互いに摺接させたことで、少なくとも3つの摺接面21が形成されており、高力ボルト40による圧接によって摺接面21が摩擦面とされて、少なくとも3つの摩擦面が形成されるよう...

    高力ボルト摩擦接合構造

  13. 【課題】少ないボルト数でも強力に接合できる高力ボルト摩擦接合構造を実現する。【解決手段】高力ボルト摩擦接合構造100は、対を成して対向する配置にある第1接合面21にその両面を摺接させて挿入された第1添接板31と、表面に露出した配置にある第2接合面22にその片面を接して配された第2添接板31とを備えており、高力ボルト40による圧接によって、少なくとも3つの摩擦面を有する...

    高力ボルト摩擦接合構造

  14. 【課題】通信ケーブルが絶縁不良に至る前に絶縁抵抗の低下を検知して警告することができるケーブル絶縁監視装置を提供する。【解決手段】2本のパイロット線を有するケーブルの絶縁抵抗を監視するためのケーブル絶縁監視装置において、測定のために接続され各パイロット線へ所定の電圧を印加して電流値を測定する電流測定手段(11)と、気温と湿度と気圧を検出可能な気象計測手段と、測定された電...

    ケーブル絶縁監視装置

  15. 【課題】ダブルイヤーによる連結箇所においてもトロリ線へ凍結防止剤を均一に塗布することができるトロリ線用塗布装置を提供する。【解決手段】支持架台によって上下方向搖動自在かつ水平方向回動自在に支承された支持杆(14)と、前記支持杆の上端に取り付けられた塗布ユニット(15)とを備え、レール上方を移動しながら空中に張架されたトロリ線に塗布剤を塗布可能なトロリ線用塗油装置車にお...

    トロリ線用塗布装置

  16. 【課題】好適に階段を昇降することができる車椅子用階段昇降機を実現する。【解決手段】車椅子用階段昇降機100は、一対の測距センサ30がそれぞれ測定した階段Sの蹴込板Pまでの距離の差分に基づき、階段Sの昇降方向に対する車椅子用階段昇降機100の走行方向の傾きの程度を判断することができるので、車椅子用階段昇降機100の走行方向の傾きが所定角度以上であるとの判断に基づき、その...

    車椅子用階段昇降機

  17. 【課題】運転整理提案機能を備える列車運行管理システムと運用整理提案機能を備える乗務員運用整理システムとを連携させることで使い勝手を向上できるようにした列車用訓練システムおよびその制御方法を提供すること。【解決手段】列車用訓練システム1は、乗務員の運用を変更する機能と乗務員の運用整理を提案する機能とを含む乗務員運用管理システム200と、列車の運転整理を行う機能と列車の運...

    列車用訓練システムおよびその制御方法

  18. 【課題】地震時には脱輪を効果的に防止できるとともに平常時には車体の制振効果を損なわない鉄道車両用ダンパおよび鉄道車両用制振装置の提供である。【解決手段】本発明の鉄道車両用ダンパPDは、シリンダ2とシリンダ2内に挿入されるロッド4とシリンダ2内に摺動自在に挿入されるとともにロッド4に連結されてシリンダ2内をロッド側室5とピストン側室6とに区画するピストン3とを備えた伸縮...

    鉄道車両用ダンパおよび鉄道車両用制振装置

  19. 【課題】地震時の脱輪を効果的に防止できるシリンダ装置および鉄道車両用制振装置を提供する。【解決手段】本発明のシリンダ装置C1は、シリンダ2と、シリンダ2内に挿入されるロッド4と、シリンダ2内に摺動自在に挿入されるとともにロッド4に連結されて、シリンダ2内をロッド側室5とピストン側室6とに区画するピストン3と、タンク8と、ロッド側室5とタンク8とを連通する排出通路21と...

    シリンダ装置および鉄道車両用制振装置

  20. 【課題】不使用時の空きスペースを有効利用することができ、前輪のリムに対する傷付きを確実に防止することができる自転車の吊下装置を提供する。【解決手段】レール状部材11の底面111に対しこれに連なる左右両側面にピン22を介して基端が回転自在に支持されたアーム部材2を、底面111に沿って倒伏する不使用時の倒伏位置と使用時に下方へ回転して先端が自転車B2の前輪BF21の回転中...

    自転車の吊下装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3