日清フーズ株式会社 に関する公開一覧

日清フーズ株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「日清フーズ株式会社」の詳細情報や、「日清フーズ株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「日清フーズ株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】取扱い性、食感、及び冷凍後に再加熱したときの品質に優れたイネ科穀物粒含有液状食品の提供。イネ科穀物粒と、地上系澱粉由来の架橋澱粉と、地下系澱粉由来のエステル化澱粉及びエーテル化澱粉からなる群より選択される1種以上とを含有する液状食品。

  2. 【課題・解決手段】取扱い性、食感、及び冷凍後に再加熱したときの品質に優れた難消化性デキストリン含有ソースの提供。難消化性デキストリンと、地上系澱粉由来の架橋澱粉と、地下系澱粉由来のエステル化澱粉及びエーテル化澱粉からなる群より選択される1種以上とを含有するソース。

  3. 【課題・解決手段】油ちょうから時間が経過しても良好な食感と外観を有するから揚げの提供。具材に粉末状の衣材を付着させること、該具材に付着した粉末状の衣材に水を主体とする液体を付着させること、及び該粉末状の衣材及び水を主体とする液体を付着させた具材を油ちょうすることを含む、から揚げの製造方法。

  4. 【課題・解決手段】油ちょうから時間が経過しても良好な食感と外観を有する衣付き食品の提供。具材に第1のブレダーを付着させること、該具材に付着した第1のブレダーに水を主体とする液体を付着させること、及び、該第1のブレダー及び液体を付着させた具材に第2のブレダーを付着させ、次いで油ちょうすることを含む、衣付き食品の製造方法。

  5. 【課題・解決手段】冷凍保存後にも良好な風味と食感を有するパスタ類の提供。デュラム粉60質量%以上と小麦胚芽0.05〜5質量%とを含有する原料粉を含む生地を、80kgf/cm2〜200kgf/cm2の圧力で押出し成形することを含む、パスタ類の製造方法。

  6. 【課題・解決手段】油ちょうから時間が経過しても良好な食感と外観を有する揚げ物食品の提供。具材に第1のブレダーを付着させること、該具材に付着した第1のブレダーに、20℃における粘度が1〜3500mPa・sの液体を付着させること、及び該第1のブレダー及び液体を付着させた具材に第2のブレダーを付着させ、次いで油ちょうすることを含む、揚げ物食品の製造方法。

  7. 【課題・解決手段】外観と食感の良いパン粉付調理食品を製造することができるパン粉ミックスの提供。α化ヒドロキシプロピル化澱粉及び/又はα化アセチル化澱粉を含有するパン粉改質剤。該パン粉改質剤を含有するパン粉ミックス。

  8. 【課題・解決手段】手延べ麺のような弾力がありかつ歯切れのよい食感を有する麺類を製造することができる方法の提供。アセチル化リン酸架橋澱粉と、普通系小麦由来であって蛋白質含量9〜12%の小麦粉とを含む原料粉から得られた生地を、高圧下で押出して麺を製造することを含む、麺類の製造方法。

  9. 【課題・解決手段】麺類の小分け工程における麺類の切れの防止、及び麺類の小分け工程を経て製造される冷凍調理済み麺類の品質の向上。麺類を、調理前の該麺類の乾燥質量に対して180〜260質量%になるまで加熱調理すること、該調理した麺類を20〜99℃の水中で小分けすること、及び、該小分けした麺類を凍結すること、を含む、冷凍調理済み麺類の製造方法。

  10. 【課題】複数枚をまとめてマイクロ波加熱することができ、且つマイクロ波加熱後に良好な食感を有する冷凍パンケーキ製品の提供。【解決手段】積層された2〜6枚の冷凍パンケーキと、該積層された冷凍パンケーキを収納したマイクロ波加熱可能な容器とを備え、該容器のパンケーキ収納部内で該積層された冷凍パンケーキが占める容積が、該収納部の全容積の62〜90%である、冷凍パンケーキ製品。

  11. 【課題】 個食用量分の調理麺を自動で調理及び容器に充填することができる麺類個食調理充填装置を提供する。【解決手段】 個食用量の調理麺4を容器6に充填する麺類個食調理充填装置2であって、個食用量の茹で麺が投入される投入口24a及び前記茹で麺を排出する開閉可能な排出口24bを有する麺受取部10と、前記麺受取部の前記排出口から排出される前記茹で麺及び個食用量のソースを受...

    麺類個食調理充填装置および麺類個食調理充填方法

  12. 【課題・解決手段】本発明は、衣材付きの具材を加熱調理せずに冷蔵温度で保存した場合でも、衣に良好な揚げ色が付き、具材にパサつきが無い良好な食感を有する揚げ物を製造可能な、衣材付き揚げ調理用具材の製造方法を提供することを課題とする。本発明の衣材付き揚げ調理用具材の製造方法においては、アルギン酸1価金属塩を0.1〜5質量%含有する原料粉を含む衣材Aと、2価金属の塩を含有する...

  13. 【課題・解決手段】本発明は、挽肉と、該挽肉以外の具材とを含む餡が麺皮で包餡された包餡食品の製造方法に関する。本方法は、挽肉以外の具材と、豚脂とを加熱調理して、調理済み具材を得る加熱工程と、前記調理済み具材と、生挽肉とを混合して餡を得る混合工程と、前記餡を麺皮で包餡して、包餡食品を得る包餡工程とを備える。また、本発明は、前記加熱工程及び前記混合工程を備え、挽肉と、該挽肉...

  14. 【課題・解決手段】本発明の冷凍ベーカリー食品は、小麦粉、発酵セルロース及び油脂を含有し、好ましくは、該発酵セルロースを骨格とする三次元網目構造が形成され且つ該三次元網目構造に該油脂が取り込まれた部分を有する。本発明の冷凍ベーカリー食品の製造方法は、発酵セルロースと液体とを混合して発酵セルロース分散液を得、該分散液と前記小麦粉及び前記油脂とを混合して生地を調製する生地調...

    冷凍ベーカリー食品及びその製造方法

  15. 【課題・解決手段】本発明の小麦粉含有生地焼成食品は、小麦粉、発酵セルロース及び油脂を含有し、好ましくは、該発酵セルロースを骨格とする三次元網目構造が形成され且つ該三次元網目構造に該油脂が取り込まれた部分を有する。本発明の小麦粉含有生地焼成食品の製造方法は、前記発酵セルロースと液体とを混合して発酵セルロース分散液を得、該分散液と前記小麦粉及び前記油脂とを混合して小麦粉含...

    小麦粉含有生地焼成食品及びその製造方法並びに小麦粉含有生地

  16. 【課題・解決手段】本発明の冷凍麺食品は、冷凍麺及びソースを各々独立した状態で有し、該冷凍麺の冷凍状態の維持が可能な冷凍温度帯で保存、流通及び/又は販売される冷凍麺食品であって、下記(A)及び(B)の少なくとも一方を満たす。(A)0℃で凝固せず且つ曇点が−5℃以下の低曇点油脂を4.5質量%以上含有する特定油脂が、前記ソースに15質量%以上含有されている。(B)0℃で凝固...

    冷凍麺食品

  17. 【課題・解決手段】本発明は、水分活性が比較的高い食品を含みながらも微生物安全性が高く、常温で流通・販売が可能な食品組成物を提供することを課題とする。本発明の製造方法の製造目的物たる食品組成物は、水分活性0.93以上の生地焼成食品を含み、雰囲気温度が12℃以上の環境で流通及び/又は販売されるものである。本発明の製造方法は、穀粉類を含む生地を焼成して前記生地焼成食品を得る...

  18. 【課題・解決手段】本発明の衣付き油ちょう食品(10)は、具材(2)の表面に衣(50)が付着したもので、具材(2)と衣(50)との間に空間(S)が介在し、空間(S)を具材(2)から衣(50)にわたって、タンパク質を含む柱状構造体(30)が延在している。衣付き油ちょう食品(10)は、具材の表面に衣材が付着した油ちょう用食品素材を油ちょうして得られる。前記油ちょう用食品素材...

    衣付き油ちょう食品及びその製造方法並びに油ちょう用食品素材の製造方法

  19. 【課題・解決手段】水溶きせずにとろみ付け材として使用でき、かつ揚げ物の衣材としても好適な馬鈴薯澱粉の提供。差角が8〜35度である馬鈴薯澱粉。当該馬鈴薯澱粉を50質量%以上含有し、差角が8〜35度である馬鈴薯澱粉組成物。

  20. 【課題・解決手段】本発明のひき肉含有ソースの製造方法は、原料ひき肉をアルカリ液で処理した後、水を加えてボイル処理してボイルひき肉を得る、ひき肉調理工程と、原料ひき肉をアルカリ液で処理した後、水を加えてボイル処理し、その被ボイル処理物からボイルひき肉を除去して残渣成分を得、該残渣成分から脂質を除去して旨味成分を得る、旨味成分製造工程と、前記ひき肉調理工程で得られたボイル...

  1. 1
  2. 2