ユニマテック株式会社 に関する公開一覧

ユニマテック株式会社」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ユニマテック株式会社」の詳細情報や、「ユニマテック株式会社」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ユニマテック株式会社」の法人詳細ページはこちら

  1. 【課題・解決手段】アルコキシアルキルアクリレート 25〜46重量%、2-エチルヘキシルアクリレート 23〜37重量%、アルキルメタクリレート 9〜17重量%、モノアルキルフマレート 1〜3重量%、エチルアクリレート 残余成分の単量体混合物の共重合体よりなるアクリルゴム。このアクリルゴムは、耐加水分解性の極めて低い、すなわち親水性の小さい特定のアルキルアクリルモノマーを...

  2. 【課題】パーフルオロポリエーテル油またはパーフルオロカーボン化合物の乳化剤として含フッ素化合物を用いた場合にあっても、そこに得られるパーフルオロ基含有化合物エマルジョンの保存安定性を改善したものを提供する。【解決手段】含フッ素乳化剤の存在下で、パーフルオロポリエーテル油またはパーフルオロカーボン化合物を水溶性有機溶剤およびフッ素系有機溶剤中で、分散乳化したパーフルオロ...

  3. 【課題】撥水親油性をなお一層改善せしめた含フッ素シリカコンポジット粒子の提供。【解決手段】含フッ素アルコール、テトラアルコキシシランおよび分子中に少なくとも1個のアミノ基および/または水酸基を有し、スルホ基を有しない化合物で表面が修飾されたシリカ粒子との縮合体からなる含フッ素シリカコンポジット粒子。この含フッ素シリカコンポジット粒子は、含フッ素アルコール、テトラアルコ...

  4. 技術 解乳化剤

    【課題】簡便かつ廉価に解乳化を含む油水分離方法に有効に用いられる解乳化剤を提供する。【解決手段】磁性粒子および少なくとも1個のホスホン酸部位を有する化合物の反応生成物であるコンポジット粒子よりなる解乳化剤。この解乳化剤はホスホン酸部位を有する化合物を用いることによって親水性を得ることができ、またマグネタイト微粒子等の磁性粒子を用いることで、コンポジット粒子に磁性を持た...

  5. 【課題】アクリルゴムの耐熱性、特に高温環境下における耐圧縮永久歪特性を向上させることができる新規な老化防止作用を有する化合物を含有するアクリルゴム組成物の提供。【解決手段】カルボキシル基含有アクリルゴム100重量部に対して、(A)下記一般式〔I〕で表されるフェノチアジン誘導体0.1〜5重量部(R1:炭素数1〜20の一価の脂肪族炭化水素基または炭素数6〜20の一価の芳香...

  6. 【解決手段】第1の目的は、一般式(ここで、R1は炭素数4〜20の一価の炭化水素基で、カルボニル基に対してα位の炭素が3級炭素であり、R・Arはアラルキル基であり、そのRは炭素数1〜10の二価の脂肪族炭化水素基である)で表されるフェノチアジン誘導体。第2の目的は、カルボキシル基含有アクリルゴム100重量部に対して、 (A) 式〔I〕で表されるフェノチアジン誘導体 ...

  7. 【解決手段】第1の目的は、一般式(ここで、R1は炭素数1〜20の一価の脂肪族炭化水素基または炭素数6〜20の一価の芳香族炭化水素基であり、Ar・Rはアラルキル基であり、そのRは炭素数1〜10の二価の脂肪族炭化水素基である)で表されるフェノチアジン誘導体。第2の目的は、カルボキシル基含有アクリルゴム100重量部に対して、 (A) 式〔I〕で表されるフェノチアジン誘...

  8. 【課題】安全性の高い原料を使用でき、一段階の反応工程で簡易的にフルオロアルキルピリジンを得ることが可能な、フルオロアルキルピリジンの製造方法の提供。【解決手段】塩基の存在下にて、特定の構造を有するプロピオール酸エステルと、特定の構造を有するアミノクロトン酸エステルとを反応させて下記式で表されるフルオロアルキルピリジンを得る、フルオロアルキルピリジンの製造方法。(R2は...

    フルオロアルキルピリジンの製造方法