ロイシン と関連性が強い分野一覧

1~ 20件を表示( 75件中) 1/ 4ページ目

分野 主な法人 このキーワードに関連する直近の技術  
糖類化合物 アメリカ合衆国デグサゲーエムベーハー B.セレウスからのDNA-配列、該配列を含有するベクター、大腸菌属の微生物、ロイシン-デヒドロゲナーゼの製法、及び非蛋白質由来L-アミノ酸の製法 技術一覧を見る
穀類誘導製品 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 遊離アミノ酸を富化した食品素材及びその製造法 技術一覧を見る
付加系(共)重合体、後処理、化学変成 アイバイツ株式会社 N-ビニルオキシカルボニル-ロイシンアルキルエステル、その製法およびその重合体 技術一覧を見る
酵素、微生物を含む測定、試験 株式会社ヒューマンセルシステムズ味の素株式会社学校法人名城大学 ロイシン酸生産活性を有するタンパク質及びその利用 技術一覧を見る
化合物または医薬の治療活性 味の素株式会社エル・ジーハウスホールドアンドヘルスケアリミティッドニューサートサイエンシーズ,インコーポレイテッド ロイシン誘導体、それを含む組成物及びその用途 技術一覧を見る
非環式または炭素環式化合物含有医薬 味の素株式会社ニューサートサイエンシーズ,インコーポレイテッド花王株式会社 エネルギー代謝を調節するための組成物、方法およびキット 技術一覧を見る
多糖類及びその誘導体 江崎グリコ株式会社 錠菓 技術一覧を見る
核酸・ペプチド類を含むライブラリー技術 ディージーアイ・バイオテクノロジーズ・エル・エル・シーノボノルディスクエー/エス インスリン及びIGF-1受容体のアゴニスト及びアンタゴニスト 技術一覧を見る
ポリアミド 行政院原子能委員會核能研究所 新規ポリ(L-ロイシン)の合成方法 技術一覧を見る
電解コンデンサのセパレータ等 ニチコン株式会社 電解コンデンサの駆動用電解液 技術一覧を見る
触媒を使用する低分子有機合成反応 イソシェムスタイラキャッツリミテッド N-ホルミルロイシンの製造方法 技術一覧を見る
調味料 味の素株式会社長谷川香料株式会社日清食品ホールディングス株式会社 食塩低減組成物、及び減塩加工食品の製造方法 技術一覧を見る
飼料(2)(一般) マーズユーケーリミテッドニューサートサイエンシーズ,インコーポレイテッド味の素株式会社 ペットフード 技術一覧を見る
抗原、抗体含有医薬:生体内診断剤 マクロジェニクス,インコーポレーテッド味の素株式会社株式会社ヒューマンセルシステムズ 分泌性の、および膜貫通性のポリぺプチド、およびそれをコードする核酸 技術一覧を見る
N,O含有複素環式化合物 カイロテック・テクノロジー・リミテッドディーエスエムアイピーアセッツビー.ブイ. N-カルボキシ-t-ロイシン無水物の製造法 技術一覧を見る
ペプチド又は蛋白質 ジェネンテク・インコーポレイテッド独立行政法人科学技術振興機構マクロジェニクス,インコーポレーテッド ロイシン誘導体、それを含む組成物及びその用途 技術一覧を見る
乳製品 テーブルマーク株式会社 酸味低減剤 技術一覧を見る
食品の調整及び処理一般 ネステクソシエテアノニムハウス食品株式会社 ロイシンの苦味低減剤及びロイシンの苦味低減方法 技術一覧を見る
植物の育種及び培養による繁殖 キブスユーエスエルエルシーキブスヨーロッパビー.ヴイ.カゴメ株式会社 変異したプロトポルフィリノーゲンIXオキシダーゼ(PPX)遺伝子 技術一覧を見る
マイクロ波、NMR等による材料の調査 アマーシャム・インターナショナル・ピーエルシー MR造影剤、造影製剤及び該造影製剤を用いた画像検査法 技術一覧を見る
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

astamuseのコンテンツ

  • 挑戦したい社会課題を見る

    未来に向けて挑戦したい社会課題(Issue)をastamuse独自の切り口でまとめ、技術やベンチャー企業等の関連情報と共に公開しています。

  • 分野別動向を見る

    約38万を超える分野情報を公開しています。事業推進に欠かせない、主力企業や技術力のランキング、共同研究や競合情報、参入撤退の情報を掲載しています。

  • キーワードを見る

    収録件数480万件に及ぶ、あらゆる技術や素材、発明に関する専門用語や単語を収録しています。意味や用法を知るだけでなく、活用できる市場や分野の情報も得られます。

  • 法人情報を見る

    約30万を超える法人・企業のデータを、保有する技術情報を切り口に注力している分野、提携・競合の関係、関連する人物など目的に合った法人情報を見つけることができます。

  • 技術情報を見る

    astamuseでは、約1,100万件の技術情報を閲覧することができます。分野別の技術情報・最新のキーワード情報をもとに、目的に合った技術情報を見つけることができます。