次屈曲振動モード の意味・用法を知る

次屈曲振動モード とは、平均速度の測定;速度、加速度の試験較正ジャイロスコープ などの分野において活用されるキーワードであり、NECトーキン株式会社株式会社村田製作所 などが関連する技術を23件開発しています。

このページでは、 次屈曲振動モード を含む技術文献に基づき、その意味・用法のみならず、活用される分野や市場、法人・人物などを網羅的に把握することができます。

次屈曲振動モードの意味・用法

このキーワードを含む技術一覧(全23件)

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

ページトップへ

注目されているキーワード

毎週更新 2017/08/20 更新

  1. 1 有価金属
  2. 2 ストリッパブルペイント
  3. 3 吸熱型変成ガス
  4. 4 ドロップホール
  5. 5 RF送信機
  6. 6 通数
  7. 7 リスクプロファイル
  8. 8 澱粉分解物
  9. 9 実施状況
  10. 10 エコライザーシーブ

関連性が強い法人

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ