ブライン配管 の意味・用法を知る

ブライン配管 とは、その他の空気調和方式不可逆サイクルによる圧縮式冷凍機械 などの分野において活用されるキーワードであり、荏原冷熱システム株式会社三洋電機株式会社 などが関連する技術を255件開発しています。

このページでは、 ブライン配管 を含む技術文献に基づき、その意味・用法のみならず、活用される分野や市場、法人・人物などを網羅的に把握することができます。

ブライン配管の意味・用法

  • 食肉処理施設の冷温熱供給装置及びその冷温熱供給方法

    CO2給湯機12には、氷蓄熱槽14との間に接続されたブライン循環路28と、該 ブライン配管 28から分岐して解体室110の空調器116及び懸肉室130の空調器132に接続されたブライン循環路30が設けられている。

    この特許をみる
  • ブライン設備の温度制御装置

    ブライン系統回路14内の媒体を負荷21に供給するブライン設備の温度制御装置において、昇温用の蒸気を流す蒸気配管11を設けた加温系統回路12と、負荷21と、該 ブライン配管 13の流路中に媒体冷却用チラー22と該負荷21に対して媒体が循環して流れる流路を形成しているブライン配管13と媒体を強制的に循環させるブライン循環用ポンプ23とを配設してなるブライン系統回路12と、ブライン循環用ポンプ23の出口側と負荷の入口側との間に設けられ、蒸気配管11内の蒸気熱をブライン配管13内の媒体に伝達して該媒体をプラス温度に昇温するプレート熱交換器15と、装置全体を制御する制御部16を備えてなるブライン設備の温度制御装置。

    この特許をみる
  • ヒートポンプシステム

    ヒートポンプ2は、冷媒を圧縮する圧縮機21と、 ブライン配管 3内のブラインと冷媒との間で熱交換を行う熱源側熱交換器22と、負荷側と冷媒との間で熱交換を行う負荷側熱交換器23と、冷媒流路を切替可能な四方弁24とを備える。

    この特許をみる
  • 冷菓供給装置

    ブラインタンク12内に位置する ブライン配管 Bの途中には、ブライン配管B内の圧力がブラインタンク12内の圧力より所定値以下になると開いてブラインタンク12内のブライン13をブライン配管B内に流すリリーフバルブ31が設けられている。

    この特許をみる
  • 蓄熱式空調システムとその運転方法

    空冷ヒートポンプ1と、蓄熱装置2と、放熱用熱交換器3と、これらを接続する ブライン配管 11〜20、及びブライン配管に設置される制御弁C1、C2、開閉弁V1〜V5、蓄熱用ブラインポンプ7及び放熱用ブラインポンプ8とを有する蓄熱式空調システムにおいて、前記1に外気21を取り入れる吸気ダクト4を設け、該吸気ダクト4の入口側にブライン・空気熱交換器5を設け、該熱交換器5と、前記1と蓄熱装置2を結ぶブライン配管11〜14とを、ブライン配管15〜16で接続したものであり、空調運転時は、蓄熱装置に貯蔵した冷温熱をブライン配管から、ブライン・空気熱交換器に通し、空冷ヒートポンプに取り入れる外気に冷温熱を供給でき...

    この特許をみる

このキーワードを含む技術一覧(全255件)

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

関連する分野分野動向を把握したい方

( 分野番号表示 ON  )※整理標準化データをもとに当社作成

このキーワードに関連する分野一覧(全15分野)

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

ページトップへ

注目されているキーワード

毎週更新 2017月02月25日 更新

  1. 1 スタンディングオーダー
  2. 2 ミルクライン
  3. 3 通数
  4. 4 マスター工程表
  5. 5 アワーレート
  6. 6 ソーシャルイベント
  7. 7 相互確認
  8. 8 細胞レベル
  9. 9 リソーセス
  10. 10 対向試験

関連性が強い法人

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ