孔径 と関連性が強い法人一覧

1~ 20件を表示( 342件中) 1/ 18ページ目

法人 このキーワードと関連性が強い分野 このキーワードに関連する直近の技術
旭化成メディカル株式会社 半透膜を用いた分離体外人工臓器多孔性物品の製造および廃物の回収・処理 多孔質中空糸膜 技術一覧を見る
トヨタ自動車株式会社 燃料電池(本体)燃料噴射装置触媒による排ガス処理 燃料噴射弁の加工方法 技術一覧を見る
住友電気工業株式会社 半透膜を用いた分離ナノ構造物濾過材 濾過膜、膜濾過方法及び膜濾過装置 技術一覧を見る
富士フイルム株式会社 多孔性物品の製造および廃物の回収・処理半透膜を用いた分離微生物、その培養処理 感活性光線性又は感放射線性樹脂組成物の製造方法及び感活性光線性又は感放射線性樹脂組成物 技術一覧を見る
コバレントマテリアル株式会社 酸化物セラミックスの組成2多孔質人造石または多孔質セラミック製品熱絶縁 反射材 技術一覧を見る
パナソニック株式会社 電気部品の供給・取り付け電池のセパレータ自動分析、そのための試料等の取扱い 単3形リチウム一次電池及び単4形リチウム一次電池 技術一覧を見る
東レ株式会社 半透膜を用いた分離多孔性物品の製造および廃物の回収・処理合成繊維 ポリオレフィン微多孔膜およびポリオレフィン微多孔膜を用いてなるコーティング用基材 技術一覧を見る
株式会社東芝 半透膜を用いた分離陰極線管用電極半導体メモリ 不揮発性半導体記憶装置およびその製造方法 技術一覧を見る
旭化成ケミカルズ株式会社 半透膜を用いた分離多孔性物品の製造および廃物の回収・処理流体と固体粒子存在下でのプロセス及び装置 流動床反応器およびこれを用いた反応方法 技術一覧を見る
住友化学株式会社 半透膜を用いた分離農薬・動植物の保存感光性樹脂・フォトレジストの処理 屋内害虫防除用エアゾール 技術一覧を見る
日東電工株式会社 半透膜を用いた分離多孔性物品の製造および廃物の回収・処理高分子組成物 皮膚貼付材および皮膚貼付用テープ材 技術一覧を見る
東日本電信電話株式会社 光ファイバの素線、心線光ファイバ、光ファイバ心線ガラス繊維の製造、処理 ヴィア構造およびその作製方法 技術一覧を見る
デンカ生研株式会社 生物学的材料の調査,分析サンプリング、試料調製微生物・酵素関連装置 簡易メンブレンアッセイ法及びキット 技術一覧を見る
凸版印刷株式会社 電子管、放電灯のうつわ、導入線等の製造電子管及び放電灯用電極の製造紙器 配線回路基板用のコア基板の製造方法、配線回路基板の製造方法、および半導体装置の製造方法 技術一覧を見る
キヤノン株式会社 多孔性物品の製造および廃物の回収・処理ナノ構造物表面反応による電解被覆 多孔質膜 技術一覧を見る
イーエムディー・ミリポア・コーポレイション 半透膜を用いた分離多孔性物品の製造および廃物の回収・処理突然変異または遺伝子工学 微孔質多層膜及びその形成方法 技術一覧を見る
株式会社日立製作所 各種表示用陰極線管と蛍光面陰極線管の電子銃燃料噴射装置 ブラウン管および電子銃用電極板およびその製造方法 技術一覧を見る
富士フイルムホールディングス株式会社 半透膜を用いた分離生物学的材料の調査,分析多孔性物品の製造および廃物の回収・処理 生化学解析用ユニット 技術一覧を見る
東洋紡株式会社 合成繊維半透膜を用いた分離紡糸方法及び装置 液体処理用の中空糸膜 技術一覧を見る
三菱樹脂株式会社 濾過材多孔性物品の製造および廃物の回収・処理地盤の調査及び圧密・排水による地盤強化 集水管 技術一覧を見る
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 18

astamuseのコンテンツ

  • 挑戦したい社会課題を見る

    未来に向けて挑戦したい社会課題(Issue)をastamuse独自の切り口でまとめ、技術やベンチャー企業等の関連情報と共に公開しています。

  • 分野別動向を見る

    約38万を超える分野情報を公開しています。事業推進に欠かせない、主力企業や技術力のランキング、共同研究や競合情報、参入撤退の情報を掲載しています。

  • キーワードを見る

    収録件数480万件に及ぶ、あらゆる技術や素材、発明に関する専門用語や単語を収録しています。意味や用法を知るだけでなく、活用できる市場や分野の情報も得られます。

  • 法人情報を見る

    約30万を超える法人・企業のデータを、保有する技術情報を切り口に注力している分野、提携・競合の関係、関連する人物など目的に合った法人情報を見つけることができます。

  • 技術情報を見る

    astamuseでは、約1,100万件の技術情報を閲覧することができます。分野別の技術情報・最新のキーワード情報をもとに、目的に合った技術情報を見つけることができます。