不登校・引きこもり・未就学

教育現場(いじめ・不登校・未就学)を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 生活の未来

 教育現場の問題を解消すると、世界中の子どもたちに経済的な豊かさと、職業選択の機会を作ることが出来る。
 世界で教育を受けられない子どもは約6,000万人いるとされる。国連主導による取り組みで途上国では通学率が向上しているものの、たとえ通学出来たとしても教師・教材不足のために小学校六年生時点で読み書きが出来ない子どもも少なくない。
 また国内では、病気や経済的な事情以外での不登校の児童・生徒数が13万人に及び、年々増加傾向にある。文科省の調査によると、不登校経験者のうち4割が学習面での遅れや職業選択の幅の狭さによる劣等感と後悔を抱えており、その後の人生にも多大な影響を及ぼすと考えられる。
 先進国と発展途上国では発生の背景は異なるものの、高い質の教育の提供に向け、対策が急がれる。
 教育機会へのアクセスを増やすだけでなく、いじめの起こりにくい教育システムの企画や、発達障害・非社交的な子ども等の個性に対応したスクールが立ち上がりはじめている。

教育現場(いじめ・不登校・未就学)を解決する

未来への変化の兆し

  • 「もう一度勉強したい」をかなえるサービス

     キズキ共育塾は、不登校・中退・ひきこもり・再受験などもう一度勉強したい人のための個別指導塾です。

     生活スタイルにあわせた時間割を組むことが可能で、講師の多くもかつて不登校を経験した人たちで構成されています。
     通塾せずにパソコン越しに受けられるオンライン授業もあり、小学校から大学受験まで幅広く対応しています。どこから勉強してよいかわからない、もう手遅れかもしれない、勉強の仕方がわからない、塾での人間関係が不安、こうした現実的な悩みを解決します。

     不登校者がその後の人生において、進学率・就職率で低い水準にあることは経済的な損失にもつながっており、こうした特化サービスは不登校経験者も含めたあらゆる「学びたい」人たちへ、教育の悩みを解決することに繋がるかもしれません。 「もう一度勉強したい」をかなえるサービス

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「教育現場(いじめ・不登校・未就学)を解決する」に関連する解決すべき社会課題