遠隔医療・医療情報データ活用・VR

医療の地域格差を解決する

最終更新日:2018/01/24

関連する社会課題: 体の未来

 医療の地域格差を解決すると、全世界で毎年3,000万人の命を救うことが出来る。
 世界の死亡者の半数以上は、予防法もしくは治療法が確立されている疾患で亡くなっており、これらの95%は開発途上国で起こっていると推定されている。
 安価なジェネリック医薬の開発が進められているものの、たとえ特定の疾患に対する治療薬が行き届いたとしても慢性的に衛生状態が悪化している地域では感染症のリスクが高く、質の高い医療を享受できる環境の整備を進める必要がある。
 IT技術の医療分野への活用はひとつの有効手段として期待されており、世界中どこでもかかりつけの医者と同様の診察が受けられる電子カルテネットワークの確立や、膨大な処理を要する新薬開発のためのシミュレーションにおけるクラウド上での計算環境利用などが進められている。

医療の地域格差を解決する

未来への変化の兆し

  • 空飛ぶ救急箱「Zipline」

     Ziplineはルワンダでドローンによる輸血液の輸送を行っている会社です。

     医療品の運搬に特化したドローンを0から設計し、ルワンダ国内へ輸送。また、届けられた輸血液が円滑に利用されるよう、病院内でのシステム設計も行っています。
     血液以外の医療品の運搬も次の目標としており、ルワンダ国内のどこにいても、必要な医療品を15分で手に入れることができるようになることを目指しています。

     既存インフラに左右されない医療の配送が可能になることで、地域格差はもちろんのこと、緊急時の医療の提供にも多きく貢献すると期待されています。 空飛ぶ救急箱「Zipline」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「医療の地域格差を解決する」に関連する解決すべき社会課題