未病・腸内細菌・早期発見

病気の進行・悪化を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 体の未来

 世界では毎日約15万人が命を落とす。このうち半数以上が、予防法もしくは治療法が確立されている疾患で亡くなっているとされる。
 治療が遅れる理由の一つに、自分の健康状態を客観的に把握する方法が限られている点がある。
 たとえ医療保障が充実していても、大病の多くは自覚症状が現れた時点では手遅れである場合も少なくないため、日常生活に溶け込む形で健康状態を把握、自覚出来るシステムが期待されている。
 現在では、センサー組み込み型衣料の開発等、体調変化を見落とさない生活環境の構築が実現し始めている。

病気の進行・悪化を解決する

未来への変化の兆し

  • 腸内環境で個別化医療実現「メタジェン」

     株式会社メタジェンは、腸内環境を「メタボロゲノミクス®」で統合的に評価するベンチャー企業です。
     腸内細菌は人それぞれ違っており、「病気の予防には〇〇が効く」といった健康を促進する製品も、実際には個々に効き目が異なります。

     そこでメタジェン社は、メタゲノム解析とメタボローム解析を組み合わせた技術を開発し、腸内環境に合わせた食事、サプリメント、医薬品を生活者が入手できるよう「腸内デザイン応援プロジェクト」を立ち上げました。多くの企業と連携し腸内環境タイプごとに効果のある食事やサプリメントを臨床試験で評価する活動を推進しています。

     個別化ヘルスケア・医療の実現に向けて、「この人はまず〇〇という細菌を増やすことが大事」といった新しい視点からの製品開発が可能となり、病気の事前予防や自分に合った薬の摂取など、病気に対する薬の効果を高め、病気の進行・悪化の防止に貢献すると期待されています。

    (参考記事)
    研究成果を社会実装し、病気ゼロ社会の実現に挑みます。 - 株式会社メタジェン代表取締役社長 CEO 福田真嗣
    http://astavision.com/contents/interview/3684
    4
    腸内環境で個別化医療実現「メタジェン」
  • 病気の早期発見


     MyMetagenomeは常在菌叢データに基づいた事業を展開している企業です。
     常在菌叢に関する技術で、健康状態の評価や、疾患などにおける常在菌叢特性の解析、細菌・遺伝子マーカーの探索、食事やサプリメント、薬などの効用評価を行っています。これによって、一人一人に適切な薬を適切な量だけ処方することが可能になります。

     「常在菌叢」とは、常に体内の決まった部位に集団で存在している微生物です。
     常在菌叢内の細菌の数は、人の体を構成するすべての細胞の数の10倍に上り、人体には数時間から数週間しかとどまりません。各人がもつ常在菌の種類は、食事や衛生状態などの環境要因に大きな影響を受け、疾患時には健常者と大きく変容するため、健康評価が可能になります。データに基づく科学的評価であることから、診療環境による差がないと考えられています。

     このような早期発見の精度を高める技術は、病気の進行へ大きく貢献すると期待されています。 病気の早期発見

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「病気の進行・悪化を解決する」に関連する解決すべき社会課題