秘密鍵・ブロックチェーン・認証

サイバー攻撃のない社会を実現する

最終更新日:2018/06/11

関連する社会課題: 経済の未来

5G通信技術、IoTサービスの普及に伴い「サイバー攻撃のない社会」はこれまで以上に重要になります。
ネット上の個人データが狙われるだけでなく、今後はサイバー攻撃によって医療デバイスや都市インフラなど、人命を奪いかねない事態が起こり得ます。

2016年、日本国内における不正アクセスは約1,000億件を超えて飛躍的に増加しており、またアメリカ国内でロシアや中国発のサービス・製品の使用が制限されるなど、サイバー攻撃は「個人で気を付ける」時代から「国家レベルでの対策」が必要な時代に差し掛かっています。

都市生活に警察や警備システムなどの「治安を守る」サービスがあるように、サイバー攻撃のない社会の実現に向けて脅威から命や都市の生活を守る技術が、世界中で生まれつつあります。

サイバー攻撃のない社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 企業データを分散型で連携する「PlanetWay」

    PlanetWay社はエストニアの電子政府を支える基盤技術と、ブロックチェーンを融合した、企業間のデータ連携を推進するベンチャー企業です。

    企業のデータを分散型で相互接続し、データの完全性とセキュリティを担保した情報連携基盤「Planet Cross」と、その必要なデータを手軽に個人の方が参照できる「PlanetID」という仕組みを提供しています。
    また、エストニアとの強いパイプを活用し、増加するサイバー攻撃に対抗するホワイトハッカーの育成事業も展開しています。

    既に2017年、福岡市における保険システムの実証実験を成功させ、今後は世界中の企業がデータの漏洩や悪用に晒されることなく、スムーズにやりとりできる情報基盤の社会実装に向けて、活動を続けています。 企業データを分散型で連携する「PlanetWay」
  • 未然に防御するAI「サイランス」

    サイランス社は、標的型攻撃や様々な脅威に対して、AIや機械学習を用いて動き出す前に未然に防御するサイバーセキュリティサービスを展開しています。

    従来型のサービスとは異なり、人工知能、アルゴリズム技術、機械学習を駆使して99.9%の精度で攻撃から防御します。未知の攻撃を防ぐことができるため、セキュリティコストを下げることができます。

    サイランスの技術は既に1000万台を超えるエンドポイント上で利用されており、Fortune100に代表されるグローバル企業や政府機関を含む世界中のエンタープライズ企業の顧客を保護しています。 未然に防御するAI「サイランス」
  • 分散型のアンチウイルス基盤「PolySwarm」

    PolySwarm, Incは、分散型アンチウイルスマーケットプレイスを提供し、安心で高速な市場取引を可能にするプエルトリコのベンチャー企業です。

    彼らの技術は、ブロックチェーンを応用し企業間でやりとりされるデータや取引を分散型のアンチウイルスサービスによって守る点が特徴です。
    またセキュリティの専門家が多く参入し、個々人が小さなタスクをこなすことで、このサービス全体のバグや未知の脅威に対するアップデートをかけられる仕組みになっており、報酬がイーサリアムベースとなっているため進んで参加するインセンティブシステムとなっています。

    年々増加するサイバー犯罪に伴うコストは2021年に現在の倍になると見込まれている一方で、その対策が打てるセキュリティ専門家は350万人不足すると言われています。

    既に、最新のブロックチェーンベースのアイデンティティ管理プロジェクトやDARPAに関連したプロジェクト、Fortune 100に名前を連ねる大手企業から委託を受けたビジネスを数多く展開しており、今後もサイバー攻撃のリスクを減らすための活動を拡大していく予定です。 分散型のアンチウイルス基盤「PolySwarm」
  • AIを駆使したサイバーセキュリティ「Darktrace」

    Darktraceは、人工知能を駆使したサイバーセキュリティシステムを展開する、イギリスのベンチャー企業です。

    彼らのセキュリティ技術は、機械学習やAIアルゴリズムを駆使して、クラウド上や仮想化ネットワーク、IoTプラットフォーム内に潜むサイバーアタックを検出し、瞬時に対応する点が特徴です。
    そしてこの技術は自己学習型のため、対応する際のセットアップが不要な点や、リアルタイムでの検出と識別によって起こっている事態を自動で理解しています。

    既に彼らのDarktrace上では、ゼロデイ、インサイダー、ステルス攻撃など、5,000以上のネットワークで6万件以上の未知の脅威を特定した実績を持ちます。
    また、2017年には最も革新的なセキュリティ会社としてブルームバーグを始めとするメディアやイベントで賞を受賞しています。

    既に彼らは200億円近くの資金をソフトバンクや海外の著名投資会社から調達しており、今後も世界中のサイバーセキュリティを強化するためにサービスを提供しようとしています。
    AIを駆使したサイバーセキュリティ「Darktrace」

現在集まっている公募課題

  • 世界の研究・投資・事業を 有機的に連動させ イノベーションを導く

    多くの企業が膨大な労力と費用をかけて新たな市場や事業を生み出そうとしている中「イノベーション」にかかわるデータのニーズはかつてないほどの高まりを見せいます。一方でイノベーションそれ自体の定義や発生プロセスなどがまだ判然としない中、「イノベーション必要とされているデータ」もまた多様な広がりをもっている…

    • スポンサー企業:アスタミューゼ株式会社
    • 公開日:2017/08/30
    募集していること
    • 技術・アイデア

    詳細を確認する

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

「サイバー攻撃のない社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題