スマートグリッド・CCS・蓄電技術

エネルギー創出時の環境汚染を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 環境の未来

未来のエネルギー創出時の課題は、燃料資源の確保だけでなく「環境面への配慮」も必要となる。
原子力発電に必要な原料ウランによる土壌や大気への影響、水力発電のダム建設時における環境破壊など、既存のエネルギー創出には環境面への影響が大きいため、気候変動を2℃以内に抑えるためには2040年までに電源における再生可能エネルギーを全体の6割にしつつ炭素回収・貯蔵(CCS)技術で全体の6%を回収しなければならないという調査結果もある。
気候の変動は海面上昇や干ばつなど環境破壊によって環境難民を増やす原因にもなるため、地球規模で挑まなければいけない課題だ。
現在、再生可能エネルギーを効率的に使用する蓄電技術の実用化や、有機薄膜太陽電池の開発など、従来のエネルギー創出とは違った現実的なコストでのエネルギー創出ビジネスが世界で進みつつある。

エネルギー創出時の環境汚染を解決する

未来への変化の兆し

  • 地域との共生を念頭においたエネルギー創出

     再生可能エネルギーの発電所は、景観破壊や環境破壊、騒音等を理由に、地域住民の反対運動や裁判が国内外の様々な場所で行われています。

     株式会社レノバは、再生可能エネルギー発電所を作る会社の一つです。
     地域貢献や文化への配慮を重視し、地域住民と綿密なコミュニケーションを重ねながら、雇用の創出や産業活性化に繋げています。実際に、バイオマス発電に向けて地域の林業者が植生活動を進めるなどの動きが起こっており、相互に助け合う関係性が構築されはじめています。また、地域への安定的な電力供給に向けて、太陽光、風力、バイオマス、地熱などの複数の再生可能エネルギー事業開発に取り組んでいます。

     こうした地域との共生により、持続可能な形でのエネルギー創出が叶うのではないかと期待されています。 地域との共生を念頭においたエネルギー創出
  • 二酸化炭素を液体燃料へと変える

     エネルギー材料やプラチナなどの希少資源の確保は未来の世界にとって大きな課題だが、一方でCo2(二酸化炭素)のように排出される量自体に頭を悩ませる物質もある。
     しかしこの2つが結びつき、エネルギーの問題と廃棄物の問題を一度に解決するかもしれない技術が生まれようとしている。

     2016年、米国エネルギー省所属のオークリッジ国立研究所(ORNL)は驚くべき発表をした。
     二酸化炭素をエタノールに変える方法を「偶然」見つけたというこの内容は、低コスト・常温で再現させることができ、この方法で生成されるエタノールには、その生産プロセスにおいてプラチナのような高価な金属やレアメタルを使用していないため低コストにも繋がっているのだ。

     今後このプロセスを利用することで、風力発電や太陽光発電で余った電気を再度液体燃料として保管する、などの応用が期待されている。 二酸化炭素を液体燃料へと変える

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

「エネルギー創出時の環境汚染を解決する」に関連する解決すべき社会課題