CO2削減・CCS・バイオマス

地球温暖化のない社会を実現する

最終更新日:2018/06/18

関連する社会課題: 環境の未来

地球温暖化のない社会の実現は、未来の都市生活と密接に結びついています。

地球温暖化は、洪水など多くの異常気象を発生させ、過去100年間で地球上の海面は約19cm上昇しました。
仮にこのまま推移した場合、将来的には東京23区内の4区全域が水没、または深刻な浸水被害に遭うという予測もされています。

温暖化の主因となるCO2の排出は、新興国を中心とした経済発展・人口増加によって今後さらに増える見込みです。
この問題を解決しようと、Co2再利用処理技術、薪や生ごみから石炭を作る技術などが既に開発されています。
こうした技術によって、生活水準の維持や経済発展を支えながらも地球温暖化のない社会を実現する動きが生まれつつあります。

地球温暖化のない社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 大気を掃除し新たなエネルギーに変える「Climeworks」

    二酸化炭素の増加を防ぐために現在検討されている手法は、大量に水を使用したり資源ごみを生むなど、新たな環境問題を発生させます。また、これらの手法は排出する量を減らすだけに留まっていますが、地球温暖化対策には既に排出された空気中の二酸化炭素の除去が欠かせないとされています。

    チューリッヒのスタートアップ「Climeworks社」は、大気中から二酸化炭素を吸収するフィルターシステムと、回収した二酸化炭素を水素エネルギーなどに変換する技術を開発しました。このフィルターは、24時間365日稼動させ続けることができ、数千回利用可能です。

    こうした技術が、二酸化炭素の新たな増加を防ぐ技術と併用され、大気を元の状態に戻すことができるのではと期待されています。 大気を掃除し新たなエネルギーに変える「Climeworks」
  • 二酸化炭素排出量を50%に抑える「RAD Green Solutions」

    RAD Green Solutionsは、環境に優しく低コストな廃棄物管理システムを開発するフィリピンのベンチャー企業です。

    彼らが開発した廃棄物管理システム「Pyroclave」は、従来の焼却処理とは異なり、独自のプロセスによって酸素を使わず極度の高温を用いて医療廃棄物を分解するため、二酸化炭素排出量を50%に抑え、全ての固形物質を炭素化するものです。


    フィリピンの科学技術省から2016 National Invention Contest and Exhibitとして表彰されるなど、フィリピン国内に留まらずアジアへと展開しようとしています。 二酸化炭素排出量を50%に抑える「RAD Green Solutions」
  • スマートハウスを実現するセンサー技術「インフォメティス」

    インフォメティスは、家庭の電力稼働を最適化する日本のベンチャー企業です。

    彼らが開発した「Metis Engine」は、小型センサーを分電盤に取り付けることで、家庭内の電力消費が家電別、時間帯別、消費量などを推定するAI技術によって分析されます。
    その分析データは、電気代を細かく把握する電力の見える化に留まらず、スマートハウスのアプリケーションとして施工管理や企業向けの管理・ソリューションにも展開することができます。

    元々ソニー社内で誕生したこの技術は、2013年にスピンアウトしたベンチャー企業として独立し、その後は大東建託や東芝、東京電力など大手プレイヤー各社とAPIを駆使したB2B領域で提携しながら、事業を進めています。 スマートハウスを実現するセンサー技術「インフォメティス」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

「地球温暖化のない社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題