CCS・分解技術・排気

大気汚染のない社会を実現する

最終更新日:2018/06/13

関連する社会課題: 環境の未来

大気汚染のない社会を実現することで、より健康的な生活を送ると同時に地球温暖化の要因をなくすことにつながります。

急速な経済成長を遂げる国や地域では環境対策が追い付かず、排気ガスや窒素酸化物の排出量が増加し、感染症を引き起こす虫の大量発生や干ばつなども問題視されています。
先進国を中心に大気汚染への取り組みが強化され、一酸化炭素や硫黄酸化物の排出を削減する成果を挙げました。
今後はさらに経済成長・人口増加が見込まれる発展途上国での対策が重要と言われています。

廃棄物を燃料へ転換したり、大気汚染物質を分解・抑制する技術、PM2.5の原因となる粒子状物質を確保する技術など、汚染物質の「削減」「除去」「再利用」など様々な面で大気汚染をなくすためのアプローチが進んでいます。

大気汚染のない社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 植物の空気清浄機を都市に設置する

    GreenCitySolutionsはコケ培養物を活用した空気フィルターを開発するベンチャー企業です。

    本来、コケは都市部において水や陰が必要となるため生息しづらいが、この企業が開発したcitytreeは自動で水と栄養素を補給する植物の巨大なパネルを設置し、都市における空気清浄機にしてしまうサービスです。

    都市部の空気汚染は健康被害だけでなく重度の症状であれば命を奪い、汚染対策のために必要とされる費用での経済損失もとても大きな規模となっています。

    2050年には、世界の人口が都市部に住むと予測されており、清潔な空気の中で生活するために新しい取り組みが必要とされているため、citytreeのような清浄機が都市部に設置されることで、汚染物質をその場で清浄するような都市建築物が多くなると期待されています。 植物の空気清浄機を都市に設置する
  • 綺麗な空気と絵の具を生み出す「Chakr Innovation」

    世界で最も大気汚染が深刻な都市のひとつとして知られる、インド。「呼吸器への影響は1日50本のたばこを吸うのと同じ」と指摘する専門家もいます。そのインドにおいては、大気中のPM2.5の15%以上がディーゼル発電機から発生しているという研究成果が発表されています。

    Chakr Innovationは、ディーゼル発電機の排出する粒子状物質を約9割キャッチすることが可能な装置を開発しました。煙の排出口に取り付けるだけで使用できるため、エンジンの性能や環境には悪影響を及ぼしません。また、キャッチした物質はインクや絵の具に変換し、再利用が可能です。

    こうした既存の性能を落とさない製品は、経済成長の著しい地域においても普及が期待出来、大気汚染への解決につながると期待されています。 綺麗な空気と絵の具を生み出す「Chakr Innovation」
  • 廃棄物を分解して二酸化炭素を半減「RAD Green Solutions」

    RAD Green Solutionsは環境に優しく低コストな廃棄物管理システムを開発するフィリピンのベンチャー企業です。

    彼らが開発した廃棄物管理システム「Pyroclave」は、従来の焼却処理とは異なり、独自のプロセスによって酸素を使わず極度の高温を用いて医療廃棄物を分解します。これにより二酸化炭素排出量を50%に抑え、全ての固形物質を炭素化することが可能です。

    既にサービスを展開中であり、2016年には「National Invention Contest and Exhibit」として表彰されるなど、フィリピン国内に留まらずアジア全域へと事業展開をしはじめています。

    廃棄物を分解して二酸化炭素を半減「RAD Green Solutions」
  • プラスティックのリサイクル技術「Banyan」

    Banyanは、独自のプラスティックリサイクル技術を開発する、インドのベンチャー企業です。

    彼らのプラスティック洗浄技術は、回収されたプラスティックを独自のリサイクル可能な顆粒「Better Plastic」に変換することで、世界中の企業が容易にリサイクル製品を創ることが可能になります。
    環境に優しい洗剤や溶剤を使用して、インクや塗料などの汚染物質を除去する点が特徴であり、既にインド国内外の自動車メーカーや化粧品メーカーが導入しています。

    また、彼らはデータインテリジェンス部門も設立し、リサイクル可能なプラスティックを効率的に回収するための工夫もサプライチェーンと連携して行っています。

    すでにダボス会議で表彰されるなど国際的に高い評価も得ており、今後もプラスティック廃棄物を世の中から減らすため、リサイクルプラスティックのブランド展開を行っていく予定です。 プラスティックのリサイクル技術「Banyan」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

「大気汚染のない社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題