水素自動車・燃料電池自動車

環境に配慮したスマートモビリティ

最終更新日:2016/09/20

推定市場規模
30兆円

 世界的な交通・輸送システムの発達は、人類の経済活動に欠かせないものである。しかし同時に、CO2排出による地球温暖化など、地球単位での問題も浮き彫りにしている。この問題に立ち向かうため、世界の海上コンテナ輸送業界では、運送効率の向上やデータ精度の改善に注力している。その結果、CO2排出量は年々減少しており、2012年から2013年の間では約8%減少したと、BSRのクリーン・カーゴ・ワーキング・グループは報告している。
 しかし、問題が全て解消されたわけではなく、今後も、電気やハイブリッド機関の活用、水素エネルギーの実用化のように、環境に配慮した交通システムの実現が期待されており、弊社独自の調査によると低公害自動車は、2020年までに世界市場規模30兆円にものぼるとされている。

未来への変化の兆し

  • スマートモビリティ

     自動車や電車は都市生活における利便性をもたらすと共に排出ガスによる大気汚染や交通渋滞・騒音の発生という問題を作りだす要因ともなっている。
     今後の都市生活を考える上でこうした大気汚染への対策や交通渋滞などの社会問題をどのように低減していくかを考える必要がある。

     トヨタ自動車ではワンマイルモビリティの小型電気自動車「i-ROAD」の開発を進めている。これは大きな交通ネットワークの中に存在する自動車・公共交通機関・ワンマイルモビリティを最適に使い分け、ストレスフリーで環境に優しい移動手段を確立するための方法である。
     既に国内における愛知県豊田市やフランスでの実験が進んでおり最高時速は45km、1回の充電で50km走れることが実証されている。太陽光など自然エネルギーでも発電可能である電気自動車はの二酸化炭素排出量が抑えられ小型設計によって渋滞の緩和にも貢献する。

     これからの環境に配慮した交通システムはその時々の交通状況に応じて移動手段を組み合わせ、一人ひとりに合った効率的なルートを検索し運転者に伝える、そうした全体のバランスを常に見据えた「知的な交通システム」の構築へと進んでいる。 スマートモビリティ
  • 水素エネルギー

     交通システムにおける環境への取り組みとして二酸化炭素を排出しない水素エネルギーへの注目が集まっている。
     将来的には発電所での活用も見込まれるこのエネルギー源は、都市部への水素ステーションの普及や燃料電池自動車の開発と実用化などにより、本格的な導入フェーズへと突入している。

     燃料電池自動車は2006年に水素エネルギー開発研究所により公道試験走行が既に実施されており、水素燃料によるジェネレータ駆動で発電しその電力を使ってモータを駆動させ走行する。
     また発電させた電力を外部供給することも可能で、例えば災害等の非常時において避難所への電力供給や電力需給が逼迫した際のピークカットにも有効と考えられており、その電力供給能力は実に電気自動車の約5倍に相当する。

     様々な利点がある水素エネルギーによる燃料電池自動車だが、実用化に向けてはコストや耐久性などの課題がありその中でも特に水素を精製するために掛かるコストをどのように低減させるか?についての研究が進んでおり、これらの課題が解決され広く実用化に至った時、環境に悪影響を与えない永続的な交通システムが常識となり、私たちの暮らしをより豊かにしてくれるだろう。 水素エネルギー

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この課題を解決するために共有する

「環境に配慮したスマートモビリティ」に関連する未来の課題