資源・安全性・核融合

安全な核融合・高エネルギー施設を実現する

最終更新日:2018/06/11

関連する社会課題: 環境の未来

エネルギー技術は常に「資源の枯渇」と「廃棄物とそれによる環境への影響」がセットとなっています。
資源枯渇の心配がなく、二酸化炭素や放射性廃棄物を排出せず、環境への悪影響もない、次世代の発電技術として注目されているのが核融合発電技術などです。

世界各国で多くの研究が進んでいますが、その実用化にはコストと共に「安全性」が重要となります。
核融合の研究自体は数10年の歴史があり、長年「夢のエネルギー技術」とされてきましたが、近年新方式による核融合炉の研究開発を行うベンチャー企業が現れるなど、急速に実用化へ向けた動きが世界中で現れ始めています。

安全な核融合・高エネルギー施設を実現する

未来への変化の兆し

  • 新しい原子力発電と燃料リサイクル「terrapower」

    terrapowerは、安全で持続可能性のある原子力エネルギーシステムを開発する、アメリカのベンチャー企業です。

    彼らの技術はTWR(進行波型原子炉)とMCFR(溶融塩型高速炉)の開発によって、新しい原子力発電の方式を生み出そうとしている点が特徴です。
    従来の原子炉とは異なり、彼らの技術はウラン濃縮プロセスの副産物である劣化ウランから新たな燃料を作り、原子炉の炉心から燃料を除去することなく燃料を核反応によって徐々に変換し、再処理・熱発生・長期間の連続運転を不要としています。
    そしてMCFRは安全運転可能な温度で、低コストな原子炉を実現する鍵を握っており、すでに2016年から設計とテストを繰り返している段階にあります。

    2017年にはビル・ゲイツからの投資もうけ、新たな原子力発電と燃料の開発に向けた研究開発を日々推進しています。 新しい原子力発電と燃料リサイクル「terrapower」
  • 核融合発電を実現するカナダ発ベンチャー

    generalfusionは核融合炉による発電などを研究するカナダのベンチャー企業です。

    MTF(磁化標的核融合)と呼ばれる形式を採用し、核融合発電所の設計・開発を行っています。核融合炉の設計やプラズマ加速器、リチウム蒸発器などの技術など実現に欠かせない複数のシステムを研究、特許を取得しており、CEOでエネルギー業界に長年の経験を持つChristofer Mowryを中心に多くの研究者たちが集っています。

    既に多くの政府系ファンドやベンチャーキャピタル、ジェフ・ベゾズなどから総額100億円の資金提供をうけ、マイクロソフトをはじめ大学や研究機関との共同研究を進めるなど、核融合炉の実用化に向けて取り組んでいます。 核融合発電を実現するカナダ発ベンチャー
  • 経済的で安全な小型モジュール原発「NuScalePower」

    NuScalePowerは、より経済的で安全な小型モジュール原発核融合を開発するアメリカのベンチャー企業です。

    小型モジュール原発:SMR(Small Module Reactor)の開発によってメルトダウンのないデザインを考案しNRCの認可を受けています。

    SMRは負荷追従運転を実現したことや廃棄物の海水淡水化によってエネルギーを高循環させます。安全性向上のために小規模炉心(50MWe/1モジュール)や自然対流冷却、原子炉モジュールの地下埋設による耐震性も実現しています。

    小型のSMRは、工場で生産後直接輸送することが可能であり、大規模な冷却ポンプや蒸気製造を必要としないため、製造、導入、運用全ての工程でコスト削減につながります。

    現在はアイダホサイトで建設・運営申請を出し、2024年の実施運用開始を目指して活動しています。 経済的で安全な小型モジュール原発「NuScalePower」
  • 粒子加速器「High Voltage Engineering」

    High Voltage Engineeringは、粒子加速器システムを開発する、オランダの企業です。

    彼らが開発したHVEは、イオンビームや電子ビーム技術の機器開発に活用されており、高エネルギーの開発を行う研究施設や企業向けに、粒子加速器システムを提供しています。
    すでにオランダには1万平方メートルの規模で開発拠点が整備されています。

    彼らの技術は欧州各国の宇宙開発施設や高エネルギー開発施設で広く利用されており、中でもイギリス、チェコ、オランダにおいて重要な研究拠点となっています。 粒子加速器「High Voltage Engineering」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「安全な核融合・高エネルギー施設を実現する」に関連する挑戦したい社会課題