高齢出産・不妊治療・晩婚化・社会保障

出生率低下を解決する

最終更新日:2018/01/25

関連する社会課題: 体の未来

出生率低下は晩婚化、不妊治療、出産後の経済的不安、晩産による妊娠率低下や流産確率の上昇など、複合的な要因によって引き起こされている。
日本国内では近年、出生率の手活けや少子化が話題となっているが実際にはバブル崩壊前の1980年代から出生率が下がり続け今に至っており、
アジア全体においても韓国、シンガポール、台湾などは日本よりも出生率が下回る水準となっている。

1990年以降出生率に回復傾向がみられるフランス、スウェーデン、ドイツなどの政策を参考に「両立支援」や「保育制度」などの改善が求めら
れているが、一方で医療面からのアプローチも必要とされている。
先進国を中心に晩婚・晩産傾向にある現在においては、不妊治療技術の向上や、25~30歳と比べて5分の1となる自然妊娠率への対処、ダウン症
や染色体異常など、20代や30代前半と比べて40代前後で何倍にも上昇する「生まれてくる子供への不安」についてもケアが必要となる。

日本国内では、第一子を産まないアンケート理由の上位に「欲しいけれども出来なかった」「高齢で産むことへの不安」がランクインし、第2
子を産まない理由では「育児にかかる経済的負担」「高齢で産むことへの不安」がランクインしている。

子供が欲しくても出来ない状況に対する不妊治療、高齢出産への不安を解消する医療技術や代理出産への議論、経済的不安を解消する社会制度
など、幅広い領域での対策に向けて、新技術・新ビジネスが生まれつつある。

出生率低下を解決する

未来への変化の兆し

  • 「子を持つ不安を楽しみに」コネヒト

    コネヒト株式会社はママのためのQ&Aコミュニティアプリを提供しています。
    子を持つ男女のうち、「子育ての悩みを相談出来る相手がいる」と感じる人は2014年の調査で約40%に留まっていると言われています。

    特に第一子においては、誰しも未経験な「子育て」に確かな情報と母親としての先輩からの導きが大きなサポートとなります。

    コネヒトの展開するアプリ「ママリ」は、記事をはじめとした情報発信とユーザーである親同士のコミュニケーション促し、それらを通じて親が「自分自身で選択し行動する”自信”」を育む場を目指しています。

    核家族化が進み、以前のように近くに住む親や親類、隣人のサポートが難しくなっている中で、IT技術による互助関係の形成が子育ての負担軽減につながり、子供を持つへの不安を感じている夫婦への応援につながるかもしれません。 「子を持つ不安を楽しみに」コネヒト

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「出生率低下を解決する」に関連する解決すべき社会課題