同姓婚・LGBT

社会的マイノリティの迫害・差別を解決する

最終更新日:2018/01/24

関連する社会課題: 文化の未来

社会的マイノリティの迫害・差別をなくすと、学校・社会における彼らの生きづらさを解消することができる。

社会的マイノリティには、LGBTをはじめとする性的マイノリティ、難病・身体が不自由である人など、社会的に少数派な人々が含まれる。
世界各国では支援団体や国により、同性婚・同性カップルの里親認定制度等の法整備、就労支援・バリアフリーの推進など様々な活動が行われつつある。
一方で、こうした公的な受け入れ態勢が整いつつある国でも根強い偏見は存在し、特に性的マイノリティが殺害される事件は後を絶たない。
また、日本のように同一性を高く求められる国においては、受け入れ態勢の遅れはもちろんのこと、性的マイノリティはマジョリティに比べ自殺率は6倍となり、これは公表した相手が多いほど高まるというデータもある。
これらの問題を解決しようと、NPO法人やベンチャー企業において、就業支援やコミュニティの設立、彼らの可能性を発信する活動が行われている。

社会的マイノリティの迫害・差別を解決する

未来への変化の兆し

  • 企業と賛同者とLGBTが繋がるサービス

    マイノリティが持つ可能性を捉え、伝えていくメディア

    世界の17人に1人と言われているLGBT。現在グローバル企業を中心に、彼らの働きやすさへの配慮を進める企業が国内でも増加しています。

    Letibeeは、企業に対してLGBTに関する情報や、受け入れ研修を行っている企業です。
    LGBTが日常生活において、何に困り、どういった言動に対して不快に思うのかを深く掘り下げます。
    また、従業員への配慮だけでなく、LGBTマーケットへの展開を促進するための研究機関「LGBT調査メディア LGBTマーケティングラボ」がLGBTに関する調査・研究、情報発信を行っています。

    このようなLGBTの受け入れを進める取り組みによって、生きづらさが解消されると期待されています。 企業と賛同者とLGBTが繋がるサービス

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「社会的マイノリティの迫害・差別を解決する」に関連する解決すべき社会課題