妊娠退職・職場理解・マタハラ

妊婦に対する支援不足を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 生活の未来

 妊婦への支援が充実すると、仕事と育児を両立したい国内の約75万世帯の希望を叶えることが出来る。
母子家庭の場合、再就職が困難である点や、正規雇用率や就業継続率の低さのため、平均年収は約200万円に留まっている。また、就労している場合でもマタハラ等の精神的な負担が問題となっている。

近年、国や自治体による妊婦の健康・精神的なケア、就業や経済的負担、保育サービスの充実など様々な支援がなされているが、
母子家庭の場合は家事や育児、仕事の負担が非常に大きい。
また、妊娠時には中々長時間働くことができない。以上のことから、十分な就労収入が得られず貧困化が深刻となっている。
これらの問題を解決しようと、女性の子育ての支援と仕事の両立の支援、妊婦に対する遠隔医療の提供等が行われている。

妊婦に対する支援不足を解決する

未来への変化の兆し

  • スマホで家事代行「CaSy」

    株式会社CaSyは、掃除や料理などの家事代行サービスを提供する企業です。
    利用する数時間前までスマホから予約が可能となり、住宅内清掃全般、8時~20時の間で食事の準備や下ごしらえ、食材の買い物を代行する。
    また、通常は専門業者が行うようなエアコン・レンジフードの分解クリーニング、浴槽のエプロン内部の清掃などにも対応。

    妊娠中・出産後における母親のサポートにおいては、アンケートによって育児のサポート共に「家事のサポート」を望む声が高い。
    出生率低下や女性の社会進出が進む中、妊娠期間中における妊婦への支援は重要となるため、こうした「望むもの」を提供するサービスの利用が今後も進むと見られている。

    株式会社CaSy
    https://casy.co.jp スマホで家事代行「CaSy」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「妊婦に対する支援不足を解決する」に関連する解決すべき社会課題