街路環境・ゴミ・老朽化・空き家問題

美しい景観の社会を実現する

最終更新日:2018/06/20

関連する社会課題: 文化の未来

景観が美しい社会になるためには、街の美観や文化の保護だけでなく、その周辺にいる住む人たちの安全面が重要となります。

街のあらゆる場所で、統一性のない建築物や氾濫する広告や、利便性のみを重視した交通網などが増えています。
これらの老朽化が進むことで、美観とともに安全性も損なわれることが危惧されています。

近年、美しい景観の社会を実現するため、建造物の色や形、看板の設置に関する規制の見直しが進んでいます。
他にも、緑地の創設、地下空間の積極活用など、国や自治体が主導となって様々な政策が行われています。

また、治安維持の視点から、地域単位によるきめ細やかな対策も求められてきています。
たとえば、犯罪の温床になる空き家を減らそうと、相続人不足などによる空き家の増加への対策として、空き家情報を共有し不動産開発に役立てるためのサービスなどが広がっています。

美しい景観の社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 空き家による景観・衛生への影響を防ぐ

    現在、空き家の数が現在問題視されており、防犯性の低下だけでなく、衛生環境や景観の悪化を生んでいます。

    株式会社うるるは、クラウドワーカーの労働力を活用したビジネスを展開しています。
    全国の空き家情報と、空き家オーナーへの支援を行っており、登録したワーカーが地域を歩き回って空き家と思われる物件を探し、全国の空き家情報を蓄積します。

    空き家を放置しているオーナーに対し、放置によって予想されるトラブルを知ってもらい有効な活用方法の検討を促します。また、不動産会社に空き家情報を届けるとともに、オーナー向けには空き家の対処に必要な知識や、専門家とのマッチングも提供しています。

    このように空き家の有効活用を促すことは、空き家による景観の悪化を防ぐと期待されています。 空き家による景観・衛生への影響を防ぐ
  • 建築物の老朽化を防ぐ「グランドライン」

    グランドラインは、重要文化財を清掃・再生する技術を開発する、日本のベンチャー企業です。

    重要文化財の多くは長年の雨や汚れによって老朽化し、そのまま放置すれば消失するだけでなく、倒壊によって周囲に危険を及ぼします。グランドライン社が開発した木材劣化診断や保全技術は、文化財を損傷せずにバイオ・生物の知見を活かした清掃や、清掃後の風化や劣化を抑えるコーティング技術などを活用し国内の伝統文化財の保護活動を行っています。

    これまで劣化した文化財は建て直しや彫り直しをおこなうことが多くありました。しかし寿命そのものを長くすることで作り直しのコストを減らすことにもつながります。

    彼らの技術は日本国内の文化財だけでなく、多くの歴史遺産がありながら十分な保護活動が行われていないアジア圏などにも技術を輸出しており、世界中の文化財の保護を目指しています

    (参考記事)
    世界文化遺産や重要文化財、歴史的建造物を長く後世に残す、木材劣化診断と保全技術 ――株式会社グランドライン
    https://astavision.com/contents/interview/4617 建築物の老朽化を防ぐ「グランドライン」
  • 都市の灌漑技術「Aquaten」

    aquatenは、汚染物質の吸収や、洪水に繋がる降雨の吸収、屋根に設置して温度と水分量をコントロールする高吸水性のパネル「Aquaten Clean」を開発・提供するイギリスのベンチャー企業です。

    彼らが開発した製品は水分だけでなく、酸性ガスや化学物質を抽出して吸着させる技術が特徴であり、大気汚染に関しては100平方メートルの大きさで最大100トンの自動車の排気ガスやスモッグなどの汚染物質を吸着し、その技術を応用した「Aquaten Blue Roof」は屋根に設置することで吸水と再蒸発量を調整し、3日間分の降雨量を貯めることで洪水の予防となります。
    また、「Aquaten Fleece」は吸水性ポリマーを含む素材で作られているため設置した屋根を灌漑システム化することで、都市のヒートテック対策や景観保護、温度・湿度の調節を行います。

    地盤工学や緑化産業に長年関わった中心メンバーの知見をもとに、イギリス国内の金融施設の灌漑システムや文化遺産を汚染物質から守るプロジェクトを担っており、今後も商業施設や都市の緑化、防災、生物多様性の保全などを行っていく予定です。 都市の灌漑技術「Aquaten」
  • 国境を越えた不動産取引「BEYOND BORDERS」

    株式会社BEYOND BORDERSは、国境を越えた不動産取引を展開する、日本のベンチャー企業です。

    彼らは、海外不動産検索ポータル運営事業を通じて外国の人でもその国の物件を購入できる多言語不動産検索を提供しています。
    各国で不動産を購入する際の手続き方法や商慣習、不動産に関わる税金や法律についても解説し、純粋な売買だけでなく、その後の管理・売却までワンストップでサービス提供しています。

    多くの国では、都市部も含めて管理されずに放置された空き家や、長い間入居者のいない物件が老朽化し、都市景観にも多くの影響を及ぼしています。
    しかし、現状の不動産取引では人気のある物件とそうでない物件の差が付きやすく、買い手の見つからない不動産はそのまま放置され、また買い手が付いたとしても建物のメンテナンスが行われないケースも多く存在します。

    BEYOND BORDERSは国境を越えて不動産取引の仕組みを提供し、その後高い価値で売却できる点もサポートすることで、都市部全体の景観を保護することに貢献しようとしています。
    国境を越えた不動産取引「BEYOND BORDERS」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「美しい景観の社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題