乳児医療・突発死・SIDS

乳幼児死亡を解決する

最終更新日:2018/02/08

関連する社会課題: 体の未来

 乳幼児特有の原因による死亡が解決されれば、日本国内のみならず世界中の赤ちゃんが助かる。

 世界では、乳幼児は主に肺炎・下痢・マラリア等、家庭で予防可能な病気で亡くなっている。
 一方国内においては、何の予兆もなく死に至る乳幼児突然死症候群(以下、SIDS)が死亡原因第3位に挙がっており、毎年100人以上の乳幼児が死亡している。

 うつぶせ寝との相関性が高いとされているが、乳幼児は自分の意志で寝返りを打つことが困難であるため、周囲の気づきが予防策となる。
 国や市などによる注意喚起が行われているが、常にそばで見守ることは難しく、少し目を離している間に死に至る可能性もある。

 この問題を解決しようと、乳幼児の状態をすぐに保護者や保育士が検知・通知ができるシステムの開発が進んでいる。

乳幼児死亡を解決する

未来への変化の兆し

  • SOSを届ける「ユニファ」

     ユニファ株式会社は家族コミュニケーションを豊かにすることを目的に、テクノロジーを通じてその日の子どもの様子を家族が毎日知ることの出来るポータルメディアを展開しています。

     赤ちゃんの服に取り付けられる小さなバッチ型のタブレットには、体動から呼吸の有無やどんな動きをしているかを判断する機能が搭載されています。うつ伏せ寝を検知し、危険があれば保育士に通知することが可能です。

     ユニファのこうした技術が、うつ伏せ寝によって突然死に至る赤ちゃんを一人でも救うことが出来ると期待されています。 SOSを届ける「ユニファ」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「乳幼児死亡を解決する」に関連する解決すべき社会課題