無人型・危険物の処理

紛争・戦争による犠牲を解決する

最終更新日:2018/01/25

関連する社会課題: 生活の未来

近年、領有権獲得や経済的目的の戦争・紛争は、核兵器による抑止力の高まりや近隣諸国連合の発足による対話の徹底により平和的解決が主流となりつつある。
しかし現在も、当該国・民族の感情や歴史的背景、宗教観を発端とする紛争は、対話や第三者介入による平和的解決が難しくいまも武力紛争の収まらない地域が多数存在する。
紛争・戦争による犠牲は直接的な死者数だけで測ることはできない、民間人が巻き込まれる事での戦争孤児、難民となった人々の生活や周辺諸国への影響、兵士のPTSDやQOL低下などその後の人生に大きな影響を与える。
現在ではこうした被害の最小化に向けて、無人の迎撃兵器を利用した防衛システム、高熱の中でも移動し人命救助を行うロボット、地雷除去のための最新技術などが世界中で開発されている。

紛争・戦争による犠牲を解決する

未来への変化の兆し

  • 低コスト・安全に地雷除去「Mine Kafon」

    オランダのMine Kafon社は、地雷処理をドローンで扱う『Mine Kafon Drone』を開発するベンチャーです。
    このドローンはヘキサコプターをベースに作られ、地雷除去に必要な工程を全て実行できます。

    最初に地雷原の3Dマッピングを最先端GPSによって指定されたエリアで行い、エリア内の地雷を全て探知し、その上に起爆物を投下して地雷を除去。
    この方法により、全ての地雷を探知することができるほか、ドローンへのダメージが無いよう処理が行えるため、コストも少なく操作者も遠隔で安全な処理ができます。

    地雷による被害は、いまも発展途上国の国境周辺で増加しており、地雷除去に「ロボットが直接踏む」という処理が行われているものの探知に時間がかかるだけでなく、ロボット本体への被害も大きい。
    最新技術による低コストで安全な地雷除去技術は、紛争による被害者を減らすことに大きく貢献できるかもしれません。 低コスト・安全に地雷除去「Mine Kafon」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「紛争・戦争による犠牲を解決する」に関連する解決すべき社会課題