画像診断・手術難易度・3D・VR

医療ミス問題を解決する

最終更新日:2018/02/08

関連する社会課題: 体の未来

 医療ミスを解決すると、患者、医療従事者ともに安心出来る医療空間が作られる。

 心疾患・がんに次いで死亡理由の第3位と指摘される医療ミスは、アメリカ国内だけでも毎年25万人が命を落としており、たとえ死に至らなくても、患者の取り違えにより健康な四肢が切断されるといった出来事も起きている。
 その専門性の高さゆえミスの認定が難しく、改善が図られにくい構造が背景にある。

 こうした公平性・透明性の低さの解決に向け、例えば国内においては、2015年より医療事故調査制度が創設され、その死亡の経緯や説明に納得がいかない場合には遺族が再調査を依頼出来る第三者機関が設立された。
 しかし、たとえミスが認定される件数が増えたとしても、医療ミスが発生する根本原因は多数あり、育成・分業化などによる労働力の補填、類似した薬事名の禁止等の法整備、医療機器のハード面の統一化等課題は山のようにある。

 この問題の解決に向け、効率的に手術のトレーニングが出来るVR技術や、投薬や輸血の取り間違いを防止する仕組みの臨床研究などが進められている。

医療ミス問題を解決する

未来への変化の兆し

  • VRで手術トレーニング「Holoeys」

     現役医師がCOOを務めるベンチャー企業、Holoeyes。開発したVRシステムが現在医療現場で活用されています。

     これまでの手術計画には2DのCTスキャン画像が用いられることが主流でしたが、Holoeyesは3Dデータを用いることで直感的な理解を促進しています。
     また、手術中の目や手の動き、音声データのクラウド保存とデータベース化を目指しており、データの再生、解析を可能とすることで、手術の習熟度の向上を目標としています。

     こうした最新技術によって手術の準備段階が支援されることで、予期せぬ状況の医療ミス発生防止につながると期待されています。

    (関連記事)
    VRはエンタメだけじゃない。HoloEyesは既に医療現場で使われている最先端のVR・3D医療サービスです
    http://astavision.com/contents/interview/2884 VRで手術トレーニング「Holoeys」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「医療ミス問題を解決する」に関連する解決すべき社会課題