過労死・ブラック企業・人手不足

長時間労働を解決する

最終更新日:2018/01/24

関連する社会課題: 経済の未来

 長時間労働には、本人の意識や努力だけでは解消できない社会的要因が存在する。
 労働力不足による強制的・自発的な残業や、高すぎる消費者ニーズへの対応などが代表例として挙げられる。

 長時間労働による肉体疲労は、うつ病や脳・心臓の疾患を引き起こし、国内では毎年2,000件以上が労働災害として認定され、そのうちの4人に1人は亡くなっている。
 仮に心身の健康を損なわなかったとしても、生産性向上や安定的な労働力確保の点から、社会全体で取り組むべき課題と言える。

 現在では、人事異動・配属に人工知能を取り入れ適材適所を目指したり、膨大な人的工数が掛かる作業を自動化するなど業務効率化サービスが数多く生まれており、人間が自ら働かなくてはならないと思われている業務自体の見直しも含めて、変化が起きつつある。

長時間労働を解決する

未来への変化の兆し

  • 文字の意味を理解し助ける「Cinnamon」

     Cinnamonは、人間がより創造的な仕事に集中出来るよう、人工知能を活用したサービスを展開しています。

     自然言語に対応したチャットボット「Scuro Bot」や、申請書やEメールといった文書の情報を理解し、管理システムに自動で入力される「Flax Scanner」などによって業務の改善を推進しています。

    こうした技術によって、業務の一部を人工知能に任せることが出来れば、長時間労働の解決に繋がるのではと期待されています。 文字の意味を理解し助ける「Cinnamon」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「長時間労働を解決する」に関連する解決すべき社会課題