スマートホーム・音声アシスタント・ハプティクス

生活空間の不便さを解決する

最終更新日:2018/02/21

関連する社会課題: 生活の未来

近年、AIスピーカーなどの音声アシスタント、IoTを活用した家電など生活空間を便利にする動きが活発になっている。
こうしたサービスの普及は、より快適に暮らすためのメリットをもたらすだけでなく、単身者や高齢者、障がいを持つ人々の日常生活の小さな不便を解消することにも貢献する。
女性の一人暮らしや、離れて暮らす高齢者の見守りといったセキュリティサービス、買い物や家事負担を軽減する音声アシスタント、生活者の体調を踏まえたエアコンや電気のコントロールシステム。
従来は、同様のサービス・製品は非常に高価で限られた人しかその恩恵が受けられないものもあったが、IoTやクラウド、音声認識、生体デバイスの小型化・低コスト化などによって急速に普及している。
現在は、力触覚技術を使った生活における重作業の軽減技術、周囲の環境を察知し先回りして家電をコントロールする技術など、さらに生活空間の不便さを解消する新サービスが生まれつつある

生活空間の不便さを解決する

未来への変化の兆し

  • 日常的な悩みを解決する「ロビット」

     ロビットは誰もが抱える日常的な悩みを解決するハードウェアベンチャー企業です。
     工作機械など、企業向けソリューションを提供する技術力を活かし、身近な生活を便利に快適にするものを開発しています。

     めざましカーテンmornin`はスマホの操作でカーテンを開閉し睡眠と毎朝の健康的な起床を促す製品で、快適な目覚め以外、女性を中心に「防犯目的」で導入されています。

     IoTやスマートホーム、音声認識など身近な生活を簡略化するサービスが近年生まれつつありますが、こうしたものは生活に便利さを提供するだけでなく、日常の些細な作業、体への負担を軽減することにも大きく役立ちます。
     国内では平均世帯人数が減少傾向にあり、同居家族からのサポートがだんだんと得られにくくなっています。日常を少しでも快適、便利にする製品が生活の中に導入されていく事で、自分でも気付かない不便さの解消にも貢献するかもしれません。

    (関連記事)
    「朝起きるのつらいですよね?そういう身近な問題の解決に自分たちの技術を活かしたんです」株式会社ロビット
    http://astavision.com/contents/interview/2349 日常的な悩みを解決する「ロビット」
  • 声で感情解析し、快適な空間を作り出す

     empathは声だけで感情を解析するプログラムです。
     数万人の音声データベースを元に喜怒哀楽や気分の浮き沈みを判定することができ、APIによって簡単に導入が可能なプログラムです。

     言語的情報ではなく、音声の強さやトーンを解析することでメンタル状態を明らかにし、室内の照明のコントロールやメンタルケアに向けたアドバイスなども周辺機器と連携して提供することが可能です。

     自宅、オフィスなど生活空間におけるその人の本当の状態は把握しづらく、自分自身ですら正しく判断ができているとは言えません。そして温度や湿度、空気状態が適切であっても感情が健やかな状態であるかどうかは異なります。

     こうしたサービスが普及し、音声情報を元に生活空間を自然にコントロールすることで、違和感やメンタルへの悪影響を防ぐことができ、より自然に快適に暮らす生活空間が実現するかもしれません。

    (関連記事)
    音声時代の感情解析AI「Empath」が人に寄り添う未来 --Empath インタビュー
    http://astavision.com/contents/interview/2929 声で感情解析し、快適な空間を作り出す
  • お店がいつでもやってくる「MOBY MART」

     スウェーデンのスタートアップWheelys社は、中国の合肥大学と自動運転による完全自律型コンビニ「MOBY MART」を考案しました。
     アプリを使って24時間いつでも好きなときに呼び出し、食品や薬などの生活必需品をキャッシュレスで購入することが可能です。
     駆動用バッテリーの充電などもすべて自動化されており、必要な時間に所定の販売ポイントへ行けない場合は別のMobyが代わりにその場所へ行くといった処理も自動的にこなします。

     将来は自動運転機能を付加し、営業地点までの移動や、商品補充で倉庫に戻る移動なども、すべて無人で実行可能にする計画です。このコンビニは、2017年6月現在すでに、上海にてテスト運用されています。 お店がいつでもやってくる「MOBY MART」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「生活空間の不便さを解決する」に関連する解決すべき社会課題