スマートモビリティ・センシング技術・高齢者運転

交通事故のない社会を実現する

最終更新日:2018/06/11

関連する社会課題: 生活の未来

交通事故の解決は、毎年世界中にいる約120万人の命と遺族の生活を救うことが出来ます。

世界で多発する交通事故は、特に15~29歳で死因のトップとなっています。
たとえ一命を取り留めても、後遺症によって身体の一部を失ったり脳の働きを阻害する症状が起きるなど、その後の人生に大きく影響を及ぼす危険性を孕んでいます。

また、途上国には安価な輸入車が大量に流入していますが、経済的な困難からインフラ整備が追い付かず、結果として交通外傷が激増している事実があります。
そのため、早急に法整備や救急医療システムの構築、道路の安全対策が課題となっていますが、長い時間を要するとしています。

そこで、手軽にIoT化出来る装置の開発が進んでおり、経済規模に大きく左右されない既存設備や車両へのIoT導入などが行われています。
この安全システムによって交通事故が発生する可能性がなくなるのではないかと期待されています。

交通事故のない社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 危険運転をドライバーに通知「スマートドライブ」

    株式会社スマートドライブは、アプリケーションと車に設置する機器を組み合わせて、危険運転を検知しドライバーに通知するサービスを展開しています。
    「急加速」「急ブレーキ」「アイドリング状況」などを定期的に診断し、解析アルゴリズムによってドライバー本人へ通知、自分の運転を振り返ることで危険な運転を抑制します。

    日本国内における交通事故の原因は、速度違反、わき見運転、動静不注視が主なものとされており、
    一部の例外を除けば、ドライバー本人ですら気が付かない運転の不注意によって事故が発生している。

    自動運転技術は全ての車に導入されるにはまだ長い年月がかかるため、こうした「いまの車に取り付けられる」デバイスやサービスを活用し、日常生活で危険な運転の防止を促すことが近未来における交通事故の抑制に効果的だと考えられています。 危険運転をドライバーに通知「スマートドライブ」
  • モバイル+ARで衝突防止「accident defense system」

    accident defense systemはARとスマートフォン技術を駆使して車の衝突事故を避ける技術を開発している、アメリカ・テキサス州のベンチャー企業です。

    モバイルアプリのADSをダウンロードし、フロントガラスに設置するとアプリがバックグラウンドで映像を記録し、障がい物や歩行者の接近によって衝突可能性のある状況で警告を発するのが特徴です。
    またダッシュカム機能と呼ばれる、万が一衝突した際にその部分の映像を記録として残し、裁判などに役立てる機能も搭載されています。

    車種を問わず、後から導入することが可能であり、通常の車載機器と比べて低コストで使用でいる点も大きな特徴です。

    現在はβテスト段階にあり、広く一般向けの提供は2018年夏の段階でアナウンスされていませんが、既に展示会へのデモ技術出展や、投資家からの支援など、事業拡大に向けた動きを進めています。

    モバイル+ARで衝突防止「accident defense system」
  • 車同士の衝突を避ける「Autotalks」

    Autotalksは車間通信技術を開発し、ソリューション提供するイスラエルのベンチャー企業です。

    彼らの技術は1秒間に2,000台以上の車と通信し、車同士がセキュアでコスト効率のよい連携ができるDSRCと呼ばれる通信方式が特色です。
    この通信技術を活用し、CRATONという通信プロセッサやPLUTONというトランシーバを開発し、メーカーへと提供しています。

    交通事故における車同士の事故比率は高く、日本国内では年間約83万件の事故の約72万件と90%近い比率となっています。
    Autotalksの車間通信技術は2019年に大量生産開始を予定しており、世界中の自動車に搭載されることで危険運転や交通事故をなくすことの実現につながると考えられています。 車同士の衝突を避ける「Autotalks」
  • 新しい交通事故防止と自動車保険「Urbanavtic」

    Urbanavticは、ブロックチェーンで交通ナビゲーションを最適化する、アメリカのベンチャー企業です。

    彼らが提供する技術は、自動車保険最適化のために車両の加速度や正確な位置情報推定、障害物回避の技術を提供し、残されたログによって保険手続きを最適化します。そして事故そのものをなくすために車両の軌道を周辺の物体を認識しながら避けるナビゲーション技術も開発しています。
    この技術を提供するため、衛星受信機の生データと車体の内部センサを緊密に結合し、地図情報と画像認識した周辺情報を照らし合わせて障害回避する手法をとっています。

    これらの技術によって、事故そのものを減らすだけでなく、万が一事故が起きた際に正確な事故当時の状況を把握できるため、自動車保険における最適な処理をスムーズに行うことが可能です。

    2018年に設立されたあと、既にニューヨークのアクセラレーションプログラムに採択され2,000万円の資金を得ており、今後実用化に向けて開発を進めると期待されています。 新しい交通事故防止と自動車保険「Urbanavtic」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「交通事故のない社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題