スマートモビリティ・センシング技術・高齢者運転

交通事故を解決する

最終更新日:2018/01/24

関連する社会課題: 生活の未来

 交通事故の解決は、世界中で毎年約120万人の命と遺族の生活を救うことが出来る。

 世界で多発する交通事故は、特に15~29歳で死因のトップとなっている。たとえ死に至らない場合でも、交通事故の後遺症は四肢の欠損や脳障害などその後の人生に大きく影響を及ぼす可能性が高い。
 途上国には、安い輸入車が大量に流入しているが、経済的困難からインフラ整備が追い付かず、結果的に交通外傷が激増している。法整備や道路の安全対策とともに、救急医療システムの構築が喫緊の課題であるものの、時間を要すると見られている。

 そこで現在、手軽にIoT化出来る装置の開発が進んでいる。既存設備や車両へのIoT導入などにより、経済規模に大きく左右されない交通安全が叶うことが期待される。

交通事故を解決する

未来への変化の兆し

  • 危険運転をドライバーに通知「スマートドライブ」

    株式会社スマートドライブは、アプリケーションと車に設置する機器を組み合わせて、危険運転を検知しドライバーに通知するサービスを展開しています。
    「急加速」「急ブレーキ」「アイドリング状況」などを定期的に診断し、解析アルゴリズムによってドライバー本人へ通知、自分の運転を振り返ることで危険な運転を抑制します。

    日本国内における交通事故の原因は、速度違反、わき見運転、動静不注視が主なものとされており、
    一部の例外を除けば、ドライバー本人ですら気が付かない運転の不注意によって事故が発生している。

    自動運転技術は全ての車に導入されるにはまだ長い年月がかかるため、こうした「いまの車に取り付けられる」デバイスやサービスを活用し、日常生活で危険な運転の防止を促すことが近未来における交通事故の抑制に効果的だと考えられています。 危険運転をドライバーに通知「スマートドライブ」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「交通事故を解決する」に関連する解決すべき社会課題