非合法・貧困・性犯罪

売春・援助交際を解決する

最終更新日:2018/01/25

関連する社会課題: 文化の未来

売春・援助交際の問題は、貧困や孤独、就労機会の少なさなどに起因する。
日本国内では未成年・成人問わず組織的な脅迫を受けて働くケースが社会問題となり、海外では男女の賃金格差の大きい国、女性の就労機会が極端に少ない国において売春が後を絶たない問題となっている。
しかし、国によっては性病・性犯罪対策のため衛生管理に基づき売春自体を合法化する国もあり、性産業の市場が減少した国においても売春が減ったわけではなく、海外に売春機会を得るために渡航するケースがあり、全容を把握できない状況にある。
近年、警察によるインターネット上の違法行為の巡回、や街中での見回りによる補導や摘発も強化され、組織的な売春の被害者や過去の売春経験者への相談窓口の開設なども活発になっている。

売春・援助交際を解決する

未来への変化の兆し

  • 10代の強制売春を無くす

     かものはしプロジェクトは、10代の子供が売られ、その後売春宿などで働かされる問題に取り組んでいます。
     具体的には、「買春者・売春宿の摘発のための警察支援」「大人への就労支援を通じて家庭の貧困を解決する」といった支援を実施しています。

     東南アジアでは、家庭の貧困などが原因で、10代の子どもがわずか数万円程度で売られ強制的に児童売春させられています。
     被害にあった子供たちは妊娠やHIV感染などの身体的被害のほか、心理的な傷がもとで自殺するといった問題にも繋がります。また、最初のきっかけが自発的か、あるいは強制的かに関わらず、売春や援助交際の経験者がその後「自分の過去の行い」を精神的負担に感じるケースが多いとされています。

     こうした犯罪を摘発する警察組織の体制不足、そして売られる発端となる家庭の貧しさなど、「売春に至る背景・経緯」から取り組む必要があるといわれています。
     また、経済的理由が背景にあるため「防止の呼びかけ」だけでは不十分な状況です。

     このプロジェクトのような「売春に至る原因」自体の解決に取り組む団体の支援などが、今後さらに必要とされています。 10代の強制売春を無くす

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「売春・援助交際を解決する」に関連する解決すべき社会課題