教育・待遇・待機児童

教師・保育士が活躍する社会を実現する

最終更新日:2018/06/19

関連する社会課題: 生活の未来

教師・保育士がより活躍できる社会が実現すると、子どもたちへの安定的な教育と、教師・保育士の健康的な生活に繋がります。

現在、教師・保育士の働き方において、長時間労働や非正規雇用率の高さ、給与水準の低さなどが問題視されています。

この問題を解決しようと、子どもの特性に合わせた学習方法や、教育現場のICT化を進めるサービスが近年増加傾向にあり、たとえば教師や保育士の日々の業務を効率化するオンラインサービスが開発されています。
他にも、教育現場以外に専門知識を役立てることによって、教師・保育士の社会的価値を向上させるための取り組みが行われています。
また、子ども向けの基礎学習からプログラミング言語習得まで幅広く扱える教育ロボットの開発なども進んでいます。

こうした働きによって、教員の業務効率が高まり、教師・保育士がより活躍できる社会が実現されるのではないかと期待されています。

教師・保育士が活躍する社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 無学年制で提供する未来の算数教育「RISU Japan」

    RISU Japanはタブレット自習と東大生らの個別フォローによる、未来の算数学習を提供するベンチャー企業です。
    「才能」を育てることを目的とした学習法は特許としても認められ、途上国の教育支援においては導入した学校がその国トップの成績を収めるほどに効果があったとされています。

    一人ひとりの苦手を自動で探知し、復習やフォローアップも子どもの特性に合わせて変えられます。
    わからなくてつまづいた子どもや長期入院などで学習が遅れた子どもへの学習にも向くシステムになっています。

    RISUは学習データのみならず、「子どもと親の関係性」「学習リズム」を組み合わせて最適な学習法を分析します。

    サービスの目的は学力向上、入院や不登校などによる子どものケアに利用されていますが、遠隔地や過疎地など、教師が不足する地域において都会と同等の教育が受けられる学習法としても可能性があります。

    今まで人が行っていた教育の一部をIT技術に置き換えるだけでなく、データ分析などを活用する事で、教育現場における教員不足や教育の効率性にも繋がるかもしれません。

    (参考記事)
    RISU Japan株式会社インタビュー
    http://astavision.com/contents/interview/4349 無学年制で提供する未来の算数教育「RISU Japan」
  • 生徒と教師の学びあいを支援「アルクテラス」

    株式会社アルクテラスは、EdTechサービス「Clear」などの複数の学習サービスを提供しています。

    「Clear」は生徒の勉強支援アプリです。
    ノートを取り込んでキレイにまとめ、アプリ内のシールやふせん紙を使って更に勉強しやすいノートにしたり、ユーザー同士で語呂合わせ情報や有益なノートを共有することもできます。また、これを特定の学校で活用することに特化した「ClearS」も提供しています。

    「Link」は、講師の支援ツールです。生徒が使用している教科書や前回の学習内容を登録することが出来るため、指導報告作成にかかる時間の大幅な短縮が期待出来ます。さらに、毎授業後に授業報告が保護者の手元にメールで届き、塾での学習状況が正確に伝わるため、保護者の満足、信頼の向上が期待出来ます。

    「カイズ」では、学習スタイル理論に基づいた診断によって、最適なスタイルでの学習を叶えます。まずはそれぞれの生徒に合った最適な学習スタイルを診断。個々の理解の仕方に沿って構成された問題集を使用出来たり、講師の学習スタイルも診断されているため、マッチングを図れます。

    このような、教育を提供する側、受ける側、保護者を包括的に支援するサービスは、教育現場に負担軽減と質の向上をもたらすと期待されています。 生徒と教師の学びあいを支援「アルクテラス」
  • 保育士の専門スキルを社会に活かす「キッズカラー」

    キッズカラーは保育士の3人に1人が利用するHoiClueを提供する日本のベンチャー企業です。

    業務負担の大きい保育士のサポートや、日々の業務に活かせる情報共有が可能なサービスになっており、子どもの好奇心を伸ばすための様々な情報発信を行っています。また、保育士が知るべき制度や勉強会などの情報もわかりやすく発信することで、知識の格差による保育士の負担も軽減するように努めています。

    子どもの観察から次の行動を予測したり、危険な動きを察知する保育士の専門スキルは、幼児の集まる施設や家庭など、広く社会で活かせるものも多くあります。キッズカラーは保育士のスキルを保育施設以外の部分で活かせるような活動も行っており、小学館との資本・業務提携など今後も保育と遊びのプラットフォームを強化していく予定です。

    (参考記事)
    子どもの「やってみたい」を尊重し、保育士のスキルを社会に広げていく ――こども法人キッズカラー
    https://astavision.com/contents/interview/4982
    保育士の専門スキルを社会に活かす「キッズカラー」
  • 健康面も配慮した保育施設「leaf spring school」

    leaf spring schoolは教師や保育士が保護者と協働で「子供ひとりひとりにあった教育」をつくるアメリカの企業です。

    彼らが提供するサービスは、医療資格のある保育士が常駐する保育園や幼稚園の運営のほか、キャンプや遊びを通して学習するPlayworks、次世代リーダーを養成するINSPIREDなどのカリキュラムに、教師や保育士のスキルを活かした内容を盛り込んでいます。
    また関わる人の健康面に焦点を当てており、運営する全ての施設に看護師が雇用され、子どもたちだけでなく職員含め健康面の配慮を行っています。

    すでにアメリカ国内では10を超えるフランチャイズ拠点の展開を推進しており、中国の深圳や上海にも同じ施設を解説する等、世界的な展開を視野に入れています。 健康面も配慮した保育施設「leaf spring school」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「教師・保育士が活躍する社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題