家事負担・パワードスーツ・在宅診療

高齢者の生活負担

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 生活の未来

高齢者の生活負担は、本人だけでなく家族・同居人にも多くの悩み、ストレスを与える。
日本国内では、65歳以上の高齢者のうち半数以上が子どもや親族と同居しておらず、一人暮らしや高齢夫婦同士での生活を営んでいる。
この中の約半数は、要介護者を抱えつつ介護者自身も65歳以上である「老々介護」状態と言われており、自分自身と家族の病気や介護に関する問題に直面している。
また、介護状態に無い高齢者においても生活の中で生じる家事、買い物などの作業が負担となるため、介護にかかる財政圧迫などの点も含め、生活負担をどのように軽減するか?は今後の高齢化社会で重要な課題と言える。
現在、家事負担ロボットの開発や医療サービスを自宅で受けるため技術、介護時の負担を軽くするパワードスーツなど、高齢者の負担を軽減するための技術が実用化に向けて動いている。

高齢者の生活負担

未来への変化の兆し

  • 自宅で人間ドック・精密検査「ハルメク・ベンチャーズ」

     ハルメク・ベンチャーズ株式会社は、高齢者が自宅で健康のリスクチェックが出来るサービスを展開するベンチャー企業です。
     「おうちでドック」というサービスは、シニア層が使うことを想定され、自宅で少量の血液と尿を採取、腫瘍マーカー検査と14項目の生化学検査を行なうことができます。検査は郵送で行えるため。価格や医療機関までの移動を理由に人間ドックをなかなか受けることが出来ない人も、リスクチェックが可能となります。

     人間ドックは精密な検査が可能ですが、1日で診療が終わらないケースや、近隣施設で受けられないといった地理的・時間的な制約も伴い、医療機関の混雑にも繋がります。
     今後、高齢化が進む中で「病院で提供するサービスを在宅で受けられる」ことは、今後の社会にとって重要だと言えます。 自宅で人間ドック・精密検査「ハルメク・ベンチャーズ」
  • 自由とおしゃれを提供「ランドロイド」

     セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社の「ランドロイド」は、洗濯物を入れるだけでロボットアームが綺麗にたたんでくれます。

     「ランドロイド」は、自動で洗濯・乾燥し、衣類の特徴を覚えた人工知能がベストな畳み方を行ったあと、用途ごとにわけたり、家族ごとの棚に分別。オンラインクローゼットアプリで衣類を確認・整理できます。
     衣類整理の負担から解放するだけでなく、ベストなたたみ方はデータベースからの機械学習によって進化・成長します。また、衣類コンシェルジュでコーディネートの提案を受けたり、衣類のレンタルを申し込んだりできます。

     高齢者がおしゃれに関心を持つと、自分自身や他者からの評価が高まり生きる意欲が向上するという研究結果もあり、心身にいい影響を与えると考えられます。

     同社のランドロイドのような製品は、高齢者を家事の負担から解放するだけでなく、新しいおしゃれに触れるきっかけを作り、生活の充実や健康の向上に繋がると期待されています。 自由とおしゃれを提供「ランドロイド」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「高齢者の生活負担」に関連する解決すべき社会課題