重労働・熟練技術・技術による無人化

農家の高齢化・後継者問題を解決する

最終更新日:2018/01/25

関連する社会課題: 経済の未来

 農家の高齢化・後継者不足を解決すると、約200万人の農業従事者に肉体的ゆとりをもたらし、私たちの食生活を守ることが出来る。

 世界第五位の農業大国である日本の食卓を支えるのは、平均年齢68.5歳の農家であり、彼らのうちの多くは自分が中心となって農作業のすべてを切り盛りしている。
 次世代育成のため行政では助成金の活用を積極的に推奨しているものの、生産の担い手を増やすには、高額な初期投資、難易度の高い生産技術、不安定な収入等のイメージを変えていくことが求められる。

 現在は、生産技術のモデル化や、肥料を効率的に散布出来るドローン技術の開発等、農業参入の経済的・肉体的障壁が少しずつ改善されつつある。

農家の高齢化・後継者問題を解決する

未来への変化の兆し

  • 作りたい人を作るに変える「seak」

     農業は、数年の座学・研修や、大規模の農地や機材を要し、さらに栽培や販売ノウハウも必要であることから参入障壁が高い現状があります。

     seakはこの障壁をなくすため、栽培ノウハウを一般公開することを目指しています。

     LEAPと呼ばれる仕組みは、未経験者が即日で農業をスタートできるよう設計されました。
     栽培はビニールハウス内で最少の区画から始めることが出来、育った野菜は栄養価が高く、おいしくて安全な無農薬野菜です。この栽培手法を、農業未経験者でもすぐに再現可能にし提供しています。また、そうして作られた野菜に「ゆる野菜」というブランドをつけて、seakがその販路を提供しています。

     生産から販売まで一貫した仕組みが構築され、新規参入の障壁が小さくなれば、農家の高齢化・後継者問題の解決に繋がるのではと期待されています。

    (関連記事)
    農業を始める際の障壁をなくし、未経験者がその日のうちに就農する世界 ――seak株式会社
    http://astavision.com/contents/interview/4212 作りたい人を作るに変える「seak」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「農家の高齢化・後継者問題を解決する」に関連する解決すべき社会課題