地産地消・コスト削減・個人流通

貿易コストのない社会を実現する

最終更新日:2018/06/20

関連する社会課題: 経済の未来

貿易コストのない社会が実現すれば、輸出入の急速な変化によって起こる貿易摩擦がなくなります。
これによって、物価が乱高下することなく、雇用情勢にも影響を与えずに済むことで経済が改善すると期待されます。

貿易摩擦が起こる背景として、輸出規制や関税に関する障壁が挙げられます。
そのため、輸出企業は販売先の現地に生産拠点を構えるなど、低価格生産を目指しています。

しかし、食糧に関しては、品目によって過剰生産や輸入依存状態となっています。これは生産地の限られた土地やエネルギーを摩耗させ、国内資産の枯渇を早める要因となります。
以上のことから、一部の国では必要なだけ生産する、地産地消型への移行も進行しています。

現在、新しい生産方法による地産地消の推進、貿易コストを削減するブロックチェーン技術、業者に頼らない個人間の直接輸出入など、次世代の生産・流通技術確立に向けた動きが活発になっています。

貿易コストのない社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 直輸入による高品質食材の低コスト化

    株式会社オーダーチーズは、世界の良質な食材を直輸入できるサービスを提供する企業です。

    レストラン向けに直輸入・直接配送することで無駄なコストをカットし、質の高い本場の食材を低価格で提供しています。
    フランス国家が認めたトップクラスのチーズ熟成士によるチーズや、フランス・ボルドーの熟成ワインなど、現地でも高い評価を受けている製品が対象となります。

    こうしたワインやチーズなど、世界の中でも高品質なものが特定地域での生産に偏る食材の場合、輸入コストの多さ、時間の経過による質の低下など多くの問題点を抱えています。
    輸送手段が多様化し、インターネット経由でのECサービスが普及した中で、効率的に無駄なく生産者から消費者へ届けるサービスは、輸出入の効率化を進めると期待されている。 直輸入による高品質食材の低コスト化
  • クラウド+ブロックチェーンで貿易を効率化「Zenport」

    Zenportは、ブロックチェーン技術を用い貿易業務の効率を上げるサービスを提供する、日本のベンチャー企業です。

    貿易業務の自動化サービスを開発し、必要な書類作成ができるほか複雑に分岐する輸入・輸出情報を整理し取引を滑らかに効率を上げるサービスを提供しています。
    多くの書類の整理や連絡、貨物の追跡を自動で行ったり、システムに蓄積されたデータを元に最適な輸出ルートなどを提案し、意思決定に役立てられるようになります。

    2017年夏の資金調達とベータ版の発表後、既に2018年2月には「Zenport」の製品版をリリースし日本国内を中心に導入企業が拡大しつつあります。 クラウド+ブロックチェーンで貿易を効率化「Zenport」
  • 世界の海運業を刷新する「NYSHEX」

    NYSHEX(ニューヨーク・シッピング・エクスチェンジ)は、海上輸送業界にデジタル契約を導入することで、価格変動の予測や公正な取引、コストの軽減に挑戦するアメリカのベンチャー企業です。

    彼らのサービスの大きな特徴は輸入する側、輸出する側の双方のニーズをかなえることで、海運業界をスマート化するサービスにあります。
    輸出業者向けには必要なタイミングでのコンテナ機器不足の防止、輸送中の価格変動とその情報の遅れから生じる減価の変動リスクなどを、数分程度の手続きで完了させることで防止します。
    また輸入業者向けには、契約通りの出荷が行われたかどうか、在庫確保が完了したかのリスクや、必要なスペースの確保などの変動要因を、自分のオファー通りに数分で契約することができます。

    彼らのサービスは各事業者とオンライン上で契約を締結することで、契約プロセスを透明化し、実際の荷送物の状況把握や契約前の業者比較など掛かるコストを劇的に安くすることが可能です。

    既に世界的な海運業者5社と提携し、瞬時に見積もりや契約のプロセスを実行できるほか、総額15億円以上の資金調達によって、世界中の貿易における業務コストや契約の透明化に向けて動いています。 世界の海運業を刷新する「NYSHEX」
  • 既存の債務システムと連結する貿易ブロックチェーン「HJIRO」

    HIJROはブロックチェーンを活用した貿易効率化を目指すアメリカのベンチャー企業です。

    彼らの提供するサービスは、ブロックチェーンの分散型帳票技術による口座開設・金融プラットフォームとなっており、債権や流通、荷物の追跡や決済などにおける自動化とセキュリティ対策を提供しています。
    国を跨ぎ、通貨の違う国同士におけるやりとりは金銭面での問題やズレが発生しやすく、統一で扱えるプラットフォームの存在は非常に重要です。

    彼らは既にSAP ARIBAなど貿易における重要プレイヤーとの提携も進めており、既存の財務やサプライチェーンとの連結が可能なAPIシステムの提供など、事業拡大を進めつつあります。

    既存の債務システムと連結する貿易ブロックチェーン「HJIRO」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「貿易コストのない社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題