地域間格差・就業機会・賃金・生活支援

過疎化しても快適に暮らせる社会を実現する

最終更新日:2018/06/21

関連する社会課題: 生活の未来

過疎地での快適な暮らしの実現は、すべての地域に住む人に持続可能な生活をもたらすといえるかもしれません。

大都市への人口流出や一極集中が進む一方で、地方の過疎化・高齢化も加速しています。
日本国内では、30年後に人口が半減する地域は、約6割にのぼると推測されています。

今後の地方での生活において、生活必需品が無理なく入手でき、医療や教育のサービスを都市部と同水準で受けることが可能な社会の実現が望まれます。
また、地方に拠点を構える農業や漁業などの第一次産業に関わる人たちをサポートすることで、都市部における食生活やマクロ経済全体にも恩恵をもたらすと考えられます。

そこで現在、地方にいながらも都市部と同等の就労機会や収入を得るようなテレワーク技術の開発、無人型のストアなど、人口が減少しても経済活動が成立するような新しいビジネスが生まれてきています。

過疎化しても快適に暮らせる社会を実現する

未来への変化の兆し

  • テレワークの導入をサポート

    V-CUBEは遠隔での仕事をサポートする企業です。
    Web会議で生産性を上げる、ペーパーレス化、など働き方改革を推進する各種サービスを大手企業から地方企業まで展開しています。

    田舎で働きたいと願う若者の増加、都市と地方の賃金格差、都市部における人手不足などを解消する上で、遠隔による業務フローの確立は重要と言われつつ、実際にはその導入部分でうまくいかずに非効率な状態となってしまうこともあります。
    こうした「遠隔での業務をするうえでのサポート」企業の取り組みは、今後の地方と都市の仕事機会や収入格差を埋めるため、今後重要になってくるといえます。 テレワークの導入をサポート
  • 無人店舗で商品を届ける「ビンゴボックス」

    ビンゴボックスは中国で無人店舗ビジネスを開発・運営するベンチャー企業です。
    彼らが開発した無人店舗は、商品陳列に人手が必要な以外全ての店舗運営を無人で24時間営業できる点が特徴です。

    スマートフォンで「微信(ウィーチャット)」アプリを使い本人確認を行った後、購入商品をレジの読み取り機に乗せ、表示された2次元バーコードを微信支付(ウィーチャットペイメント)や支付宝(アリペイ)経由で支払う仕組みになっています。

    中国国内では急速に人件費が高騰していますが、ビンゴボックスの仕組みは通常の店舗運営に比べてコストを15%以下に抑えることができます。
    都市部だけでなく人件費と働き手の問題から店舗運営の厳しい地方・過疎地域における効果も期待されています。

    2016年の1号店出店後、2018年6月には仏系スーパー「オーシャン」や台湾系スーパー「大潤発」も出店しており、中国国内のみならず、着実に事業を拡大しています。 無人店舗で商品を届ける「ビンゴボックス」
  • 高齢者を運ぶ自動運転タクシー「Voyage」

    Voyageは、米国カリフォルニア州に本拠を置く自動運転タクシーのベンチャー企業です。

    アップルやグーグル出身のエンジニアが中心となって開発した彼らの自動運転技術は、どのメーカーも市販に至っていない「レベル4(高度自動運転)」に該当し、特定の場所であれば緊急時の対応も含めたすべての動作を自動化するという高いシステムを構築しています。

    カリフォルニアでの自動運転車テスト免許を取得したあと、約4,000人が暮らす高齢者コミュニティ内で試験サービスを開始しました。
    ジャガーやランドローバーなど既存の大手自動車メーカーからの資金調達も追い風になり、限定された箇所での試験運用とそれによるユーザーからのフィードバックを更なる技術面の向上に活用しています。

    高齢者には足腰が弱い人も多く自動車が欠かせない一方で、高齢者ドライバーの事故増加も問題視されています。
    彼らの技術は高齢者が過疎地に暮らしつつ、移動手段がないことへの改善につながるほか、高齢者運転を避けることで交通事故への削減にも貢献しようとしています。 高齢者を運ぶ自動運転タクシー「Voyage」
  • 顔認証技術でお買い物「天虹商場」

    有限会社天虹商場は、無人コンビニを運営する、中国のベンチャー企業です。

    同社は、RFID技術を用いた24時間無人コンビニの「Well GO」を2017年から運営しています。
    専用アプリを使うことで誰でも自由に買い物を楽しむことができ、中国で数多く誕生している無人コンビニビジネスの中でも特に成長している企業の1つです。

    1980年代から多くのショッピングモール、コンビニエンスチェーンを展開してきたノウハウを元に、すでに中国の深圳地区(南山区)に3店舗を展開しています。

    過疎化した地域では、現地に住む人たちの需要に対して、十分な供給を行える商業施設を従来の形式で運営することが難しくなり、より効率的なシステムが求められています。
    また、人口の集中する都市部では、働き手自体はいるものの、人件費の高騰などで同じように効率的な商業施設の仕組みが必要となっています。

    天虹では、RFIDだけでなく画像認識技術や、顔認証技術などの導入も進め、防犯対策にも配慮された無人コンビニを今後も展開していく予定です。
    顔認証技術でお買い物「天虹商場」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「過疎化しても快適に暮らせる社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題