地域間格差・就業機会・賃金・生活支援

地方の過疎化を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 生活の未来

大都市への人口流出・一極集中が進む一方で、田舎で暮らすことを希望する若者が年々増加傾向にある。
しかし、日本国内では地方の高齢化が進行し2050年の時点で現在人が暮らす地域のうち、約2割の地域が無人状態となり、約6割の地域では人口が半減すると言われている。
こうした変化は、既に医療・教育水準の低下や最低限の生活必需品が手に入らない「買い物難民」という状態が地方で現実のものとなっている。
住む人が減り、地域経済が活性化しづらくなることで、こうしたインフラや就労機会のケアが更に行われにくい状況を引き起こす。
人口減による相次ぐ廃業は地方産業の衰退を招き、農作や漁業など第一次産業の人手不足などから都市部における食生活や国全体の経済にも影響を与える。
地方にいながら都市部と同等の就労機会、収入を得るようなテレワーク技術の開発、無人型のストアなど、人口が少なくとも経済活動が成立するような新しいビジネスが現在生まれつつある。

地方の過疎化を解決する

未来への変化の兆し

  • テレワークの導入をサポート

    V-CUBEは遠隔での仕事をサポートする企業です。
    Web会議で生産性を上げる、ペーパーレス化、など働き方改革を推進する各種サービスを大手企業から地方企業まで展開しています。

    田舎で働きたいと願う若者の増加、都市と地方の賃金格差、都市部における人手不足などを解消する上で、遠隔による業務フローの確立は重要と言われつつ、実際にはその導入部分でうまくいかずに非効率な状態となってしまうこともあります。
    こうした「遠隔での業務をするうえでのサポート」企業の取り組みは、今後の地方と都市の仕事機会や収入格差を埋めるため、今後重要になってくるといえる。 テレワークの導入をサポート

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「地方の過疎化を解決する」に関連する解決すべき社会課題