待機児童・病児保育・育休・助成制度

子育てにおける負担を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 生活の未来

日本国内だけで、働くことを希望しながら定職につけずにいる親の数は潜在的に約40万人いると言われている。
これは2万人を超える待機児童、そして発熱などの体調不良時に保育園が子供を預かることができない病児保育問題、そして産休や育休に対する雇用企業側の待遇・制度の問題など複合的な要因で子育て自体の負担だけでなくその期間における収入の問題にも繋がっている。
政府や自治体も多くの取り組みを展開しているが、地域ごとの格差・状況の違いもあり今後は子育て負担を大幅に解消するような仕組み・取り組みが必要とされている。
現在、急な託児ニーズに応えるサービスや、保育に関する互助コミュニティ、自宅にいながら就労可能なクラウドサービスなど、多くのビジネスが生まれつつある
こうした取り組みが本格化することで、子育てに対する負担や不安を解消し、少子化問題や教育面においてもよい効果がでることが期待されている。

子育てにおける負担を解決する

未来への変化の兆し

  • 親と子と、保育者を結ぶ「hugmo」

     hugmoは、子育てに関連した各種ITサービスを提供するベンチャー企業です。
     保育園・幼稚園と各家庭間をSNSで結ぶ連絡帳サービスや、送迎バスの位置情報を提供し毎日の送迎をサポートするサービスなどを展開しています。日々発生するちょっとした業務を効率化することで、子育てを親子間のみならず保育者まで含めてサポートしています。

     待機児童問題が話題となるなか、ときに、通園中の幼・保育園への不満や不安も大きな話題となっています。
     大切な子どもを預ける幼・保育園への信頼を高めるサービスは、子育てに対する不安を解消する上で重要と言えるでしょう。 親と子と、保育者を結ぶ「hugmo」
  • 病児保育にも力を入れる人材サービス

     Warisは、知識・経験を活かして働きたいハイスキルな女性と企業のマッチングを行う人材サービスの会社です。
     マーケティング、広報、経理、営業企画など、リモートワークや短時間勤務と相性の良い職種を多く持ち、時間や場所にとらわれにくいフレキシブルな働き方を実現し、育児と仕事の両立の可能性を高めています。また、プロジェクト型の仕事の紹介によって短期的な就労を叶えたり、企業でのインターンシップやスクールでの学びなおしを促進し再就職の支援を行っています。

     このほかにも、Warisは病児保育にも力を入れています。
     病児保育専門スタッフに保育園へのお迎えやかかりつけ医への受診代行を依頼することが可能で、子どもの急な発熱時にも安心して仕事を遂行できる環境を作っています。

     育児と就労の両立の難しさを解決するこうしたサービスは、母親の心理的負担を減らすことで、育児そのものの負担の軽減に繋がるでしょう。 病児保育にも力を入れる人材サービス

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「子育てにおける負担を解決する」に関連する解決すべき社会課題