保障制度・自立支援・住居や仕事の提供

ホームレスの支援を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 生活の未来

ホームレスそのものの人数は、人口全体の割合からは一見ごくわずかな人数と思われやすい。
日本国内においては約6,000人、アメリカでは約60万人がホームレスと言われているが、一方でホームレスに近い貧困状態の人口は多くアメリカでは4000万人以上がそれに該当するという統計がある。
破産、失業、夜逃げ、虐待から逃れるため、犯罪者の逃亡など様々な理由でホームレス化する原因が存在し、ホームレスを対象とした襲撃事件の増加や近隣住民への治安・衛生面の悪影響、反社会的勢力に利用されるなどの問題も多く生じている。
中には、野宿は免れつつもネットカフェなどを転々とする人や、ホームレス状態を脱し生活保護を受けるようになったあとも、なかなか次の段階に進めずにいる人も少なくない。
路上生活者の自立支援や、就労プログラムを提供する企業、虐待から逃れるためのシェルター施設提供など、多くの新ビジネスが支援に向けて動き始めている

ホームレスの支援を解決する

未来への変化の兆し

  • ホームレスへの収入機会提供「ビッグイシュー」

    ビッグイシューはイギリスに本社を置く「貧困の解消」をテーマとする企業です。
    ホームレスが雑誌を売ることで収入を得るビジネスは、日本国内だけでも累計800万部近くを販売し、10億円を超える収入をホームレスに提供している。

    定住場所が無いことなどから働き口を探すことが難しく、その結果就労意欲があってもその生活から抜け出すこと自体困難となる。
    ホームレスを地域社会における衛生や治安面での「問題」と捉えるのではなく、ビッグイシューのように「意欲ある働き手」と捉え、機会を与え正当な対価を支払うことが重要となる。

    the big issue Japan
    https://www.bigissue.com ホームレスへの収入機会提供「ビッグイシュー」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「ホームレスの支援を解決する」に関連する解決すべき社会課題