教育支援・経済的支援・就労

ひとり親の問題を解決する

最終更新日:2018/01/23

関連する社会課題: 生活の未来

 ひとり親への支援が充実すると、日本国内で約85万世帯にサポートが行き届く。
 ひとり親世帯は、経済的状況が非常に厳しく、精神的なケアの必要性も重要視されている。
近年、児童扶養手当法の改正や就業・子育てなどの支援が強化され、ひとり親であっても経済的、心身的に安定した生活を目指そうと様々な施策が行われている。
だが、世間による差別や母子家庭で顕著な低賃金の就労問題など多くの問題を抱えている。
これらの問題を解決しようと、家庭と仕事の両立や代行の子育てサポートなどを行う企業が立ち上がってきている。

ひとり親の問題を解決する

未来への変化の兆し

  • 女性の子育てと仕事を両立「LIFULL FaM」

     LIFULL FaMは、女性が子ども連れで仕事をしながらスキルアップができる「ママの就労支援事業」を運営する企業です。
     この仕組みを通じ、女性が働きがいを持って活躍できる社会を創造しようとしています。出勤は状況に合わせて個人で自由に申告するシフト制を採用しています。

     国内では、育児によって離職中の女性のうち、約6割が就職を希望しています。しかし、子育てと仕事の両立、仕事についていけるかどうかの不安が就労を阻んでいます。
     ひとり親家庭では育児と就労の両立が必要になる場合が多いため、この問題の解決がさらに重要です。

     育児と就労の両立支援は、子どもがより良い環境で育つために、また、少子化の進んだ社会全体の問題としても、今後ますます重要性を増すと考えられます。 女性の子育てと仕事を両立「LIFULL FaM」
  • 片親家庭のラオスの女性とその子どもを支援

     ラオスの多くの女性達は、人里離れた貧しい村で生まれ、片親になる確率が高いために金銭的に厳しい状況にあるだけでなく、村では教育を受けるチャンスもありません。
     HALO2GOの活動は、ラオスの女性に裁縫を教え、彼女たちの作ったトラベルスカーフを販売することから始まり、現在は彼女達が作成したスカーフをインターネット・口コミで販売しています。
     その売上80%は、ラオスの子供たちの大学進学と卒業後の就職活動費用として活用し、残りの20%はより多くの女性達の支援に向けてHALO 2GOに再投資しています。この支援プロジェクトは、ラオスだけでなく、現在12カ国で展開されています。

     女性の一人親家庭の子育てにおける負担は、ラオスのように女性の社会進出が進んでいない国では特に大きく、十分な教育を受けられないために子世代へ貧困が連鎖することも少なくありません。
     HALO 2GOのように、女性の活動する機会と収入を作るだけでなく、子世代への長期的な支援に繋げる活動は、女性の社会進出を進め、女性の一人親家庭にも十分な水準の生活をもたらすでしょう。 片親家庭のラオスの女性とその子どもを支援

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「ひとり親の問題を解決する」に関連する解決すべき社会課題