違法遺棄・保護施設・里親

動物と共生する社会を実現する

最終更新日:2018/06/15

関連する社会課題: 文化の未来

動物と共生する社会が実現することで、虐待や殺処分される多くの命が救われることになります。

国内だけでも、虐待や殺処分をうける動物は年間1,000万頭以上いると言われており、国によって文化や法整備状況が異なるため、里親制度の浸透状況も異なります。
近年では動物への暴力に対し、実効的な法改正を求める声や、残虐行為に対して重い刑罰を下す声があがっています。

現在では、動物と共生する社会の実現に向けて、民間主導でペットの家族化を促す事業や、実験用動物を保護する活動、引き取り手を探すためのマッチングや正しい育て方を指南するサービスなどが広がりつつあります。

動物と共生する社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 保護犬、猫を飼いたい人とマッチング

    株式会社シロップは、保護犬・保護猫と飼い主のマッチングサービス「OMUSUBI」を展開しています。

    「OMUSUBI」では犬や猫の種による特徴やその子の性格も載せており、自分たちに合いそうな犬・猫を選んだり、オススメの子を見つけることもできます。
    また、OMUSUBIを通じて譲渡された犬猫は、提携する動物病院やペットサロン、トレーナーなどのサービスを通常よりも安く受けることができます。お試しとして1~2週間一緒に暮らすことも可能です。

    犬や猫を飼う前に、ともに暮らすために必要な知識や負担について学び、環境に合った犬・猫を選べることで、面倒を見ない、捨てるといった虐待を減らしていくと期待されています。 保護犬、猫を飼いたい人とマッチング
  • 愛犬家と、自分の愛犬をマッチング

    DogHuggyは、信頼できる愛犬家に愛犬を預け、世話をしてもらうことができるサービスです。

    DogHuggyは、愛犬を預かってもらいたいユーザーと預かるドッグホストの2者が利用します。愛犬を預ける際には、ドッグホストの候補者と事前面談が可能です。これによって事前に愛犬の情報を共有し、条件に合うか合わないかを確かめることができます。

    ドッグホストには、DogHuggyの審査を通過した人のみ登録することができます。1次審査としてオンラインペーパーテスト、2次審査としてオンラインでの面談と預かる環境の審査を行います。また、DogHuggy運営局は24時間対応可能なため、何かが起きた際の即時対応も可能です。

    第三者が基準を持って審査を行うこのサービスは、大切な愛犬を預けざるを得ない緊急時においても、劣悪な環境によるストレスや虐待から愛犬を守ることが出来るでしょう。 愛犬家と、自分の愛犬をマッチング
  • バイオ+3Dプリンタで乱獲をなくす「pembient」

    pembientは、動物を殺さずバイオテクノロジーで「角」を創り出すアメリカのベンチャー企業です。

    彼らの技術は、バイオテクノロジーを駆使して象牙やサメの歯やヒレなど体の部位などを、密漁によって取引される金額以下で製造できるものです。

    密漁された動物の部位は、工芸品や骨とう品などに加工され高価に取引されるため、密漁や密輸などの被害にあうことがとても多くありました。
    彼らの技術はそれらと同等のものを繊維状たんぱく質などバイオテクノロジーと3Dプリントで構成し、安価に流通させることで動物を保護し、密漁をなくすことを目指しています。

    アメリカ西海岸の投資家から資金調達をしつつ、2017年にはICOによる資金獲得を実施し、多くの工芸品や骨とう品を代替するためにビジネスを展開しています。
    バイオ+3Dプリンタで乱獲をなくす「pembient」
  • 動物に負荷を掛けない製品の開発「ethical superstore」

    ethical superstoreは、動物の乱獲防止やフェアトレードを重視した通販を展開する、イギリスのベンチャー企業です。

    彼らが扱う製品は、保護されるべき動物由来の素材や成分が使われていないことを厳密にチェックし、販売する商品を選定している点が特徴です。
    また同様に、扱う製品の全てにおいて虐待や重労働を課す産地が関係しているかどうか、流通面においてフェアトレードが担保出来ているかを重視しており、企業活動の傍らでこうした動物保護、虐待撲滅の団体に寄付活動なども行っています。

    食材や衣類素材、ペット、香水、薬の原料など様々なジャンルで動物の乱獲や虐待に繋がっており、彼らは4,500を超える取扱製品のEC展開を通じて、こうした原材料を使わずとも素晴らしい製品がある事を世に広く普及させようとしています。 動物に負荷を掛けない製品の開発「ethical superstore」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「動物と共生する社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題