収入の多様化・働き方改革・ウェルビーイング

個人の権利侵害を解決する

最終更新日:2018/01/24

関連する社会課題: 文化の未来

近年、「ウェルビーイング」という言葉が脚光を浴びている。
1946年にWHOが提示した声明を元とするこの言葉は"自分の能力を活かせている、実り多く働けている、自分の所属コミュニティに貢献できている"といった状態を指し、幸福・福祉などの話題で語られることが多い。

一因として、労働人口の減少や技術発展により効率化が進んだ結果「働き方」自体が話題となり、雇用企業側も人材確保のため"いかに気持ちよく働けるか、長期に渡って人間らしく働けるか"が重要視された背景もある。
技術の発達が、逆に”人が人らしく生きる”ことへの注目が集まり、同時に目にした情報の正しさ、世の中に溢れる情報に心身を侵食されない、多様化した働き方・収益の得かたを活かしたようなサービスも生まれつつある。
個人が主体的に生きたいという背景を反映した、メディアの情報の正確さを担保する技術、住む場所や時間に縛られない個人収益を得るサービス、などが年々増加しつつある。

個人の権利侵害を解決する

未来への変化の兆し

  • 自分の活動や影響力を、仮想通貨で流通させる

    「VALU」は、自分の活動内容やコンテンツ、影響力を時価総額算出し、仮想通貨で流通させられるサービスです。
    SNSにおける影響力などから時価総額を算出し、サービス内で自分自身の通貨を売り出すことが可能です。
    一度発行・流通させた通貨の価値は株式のように変動し、売買することが可能となります。

    働き方改革や、ウェルビーイングが話題となる中で、個人の「収入」のあり方も多様化しています。
    企業が働き方改革を推し進める一方、引き続き一部のクリエイターやフリーランスなど「組織に雇用される形式」ではよい環境を得難いと感じる人も多く存在しています。

    万人において「実りの多い人生」を送る上で、こうした評価経済的考え方に基づいたサービスの浸透は、自分の活動や影響力自体を収入に変える手法として注目を集めています。 自分の活動や影響力を、仮想通貨で流通させる

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「個人の権利侵害を解決する」に関連する解決すべき社会課題