原材料・機会提供・後継者不足・熟練技術のAIや機械代用

伝統産業の衰退を解決する

最終更新日:2018/01/24

関連する社会課題: 文化の未来

日本国内だけで、約1,300種類あると言われる伝統工芸。
いずれも卓越した技術を持つ職人が長年受け継いできたものだが、1980年代中盤をピークに生産量は下がり、職人の高齢化や技術継承する後継者不足などから、多くの伝統工芸が衰退・消滅寸前の状態にある。

需要の低迷や後継者不足だけでなく、原材料不足や値上がり、そもそも知名度が低いことなどもその原因となっている。
国を挙げて「伝統的工芸品」の保護・活性化に取り組んでおり、海外からも注目を浴びるものも生まれているが、以前として織物を中心に生産高は最盛期の6分の1といわれ引き続き回復の見込みは無い。
職人の高等技術を継承する画像認識や生産技術、存在そのものを広めるイベント企画や文化発信など様々な取り組みが行われている。

伝統産業の衰退を解決する

未来への変化の兆し

  • 伝統技術で新商品を発信「WAKURA」

    株式会社Apreco のサービス「WAKURA」は伝統工芸の普及を目的としたブランドです。

    今までは廃棄されていた端材やデッドストックを活用し、 クリエイターと一緒に新たな商品に生まれ変わらせて、世界中へ販売します。
    また、商品の売上の一部を、端材などの提供者である伝統工芸の生産者に還元します。また端材を利用したワークショップや、伝統工芸の工房見学などを開催し伝統工芸の普及・過疎地域の発展に貢献しています。
    商品の制作は障がい者の福祉作業所に発注することで、雇用創出も目的としています。

    このような新しい伝統工芸品の販売方法によって、伝統工芸産業を復活が期待されています。 伝統技術で新商品を発信「WAKURA」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「伝統産業の衰退を解決する」に関連する解決すべき社会課題