未病・予防・診断技術

高額医療費を解決する

最終更新日:2018/01/24

関連する社会課題: 体の未来

 高額医療費は、世界的に進む高齢化による治療・診断の必要性増加や、特効薬の開発コスト、保険制度などによって患者の負担だけでなく国の財政を圧迫し、患者以外の国民における税負担への影響など、世界的な課題となっている。
 アメリカでは、保険制度が任意のため高所得者と低所得者で受けられる医療の違いから、今後平均寿命が10歳以上の差が開くと予測されている。

 そして最先端の医療を希望する場合、国で未認可の薬や治療法についてはその多くが患者の個人負担となり、抗がん剤の一部は1か月100万円を超える負担になると言われている。
 その一方で、日本国内では使い切れずに廃棄された抗がん剤が年間約700億円という試算も発表されており、医療における低コスト化や効率化は高額医療費を解決するために欠かせない。

 現在、移植手術を必要としない心臓治療や、医師と患者を適切にマッチングし、無駄な医療を減らすなど、未病も含め治療や医療における効率化・低コスト化に向かう新技術・新事業が生まれつつある。

高額医療費を解決する

未来への変化の兆し

  • 名医と出会えるサービス「クリンタル」

     クリンタルは、自分に合った名医と出会うことを目的としたサービスの提供を行うベンチャー企業。
     医師自身が患者のために特定分野の専門医師を探すことがありますが、その際の手法をアルゴリズム化し、患者に情報提供しています。
     より実績の多い病院で治療を受け最短日数での退院を実現したり、健康相談のチャットで初期症状のシグナルを見つけ早期受診を促すことで医療費の削減を推進しています。

     現在、日本の医療費は40兆円を超えていますが、この原因の一つに診療の非効率性が挙げられます。
     具体例としては患者の半数近くがひとつの症状で2か所以上の医療機関を受診している点や、医療機関をクチコミによる主観的な紹介によって探している点などがネックになっていると言えます。

     クリンタルのサービスの利用によって医療が最適化され、医療の質を保ったまま負担が少なくなることで、結果的に医療費も下がると期待されています。

    (関連記事)
    自分に合った名医と出会えれば、医療費も抑えられ、医療業界全体の質向上にもつながる。 - 株式会社クリンタル
    http://astavision.com/contents/interview/3994 名医と出会えるサービス「クリンタル」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「高額医療費を解決する」に関連する解決すべき社会課題